あなたは自分の商品が値下げ交渉されたときにきちんと対応できますか?

2569.jpg

このレシピを実行して

0円貯まる!
<材料>

・ネットでよく行われる値引き交渉

<How to>

1駐車場代節約のために路駐は厳禁

2ネットだから非常識な相手も多い

3相手の要求を100%呑む必要がない

4自分も譲歩する姿勢を見せることで相手に要求を呑ませる

今回はネットで物を売るときに必ず起こる“値下げ交渉”に対しての対応についてお話していきます。

メルカリなどで商品を3つ以上でも売れば、購入前に「この商品○○円にしてもらえませんか?」などといったように値下げ交渉をしてくるような人がいます。値下げ交渉自体はルール上でも認められており、よく見かけるのですが、自分が売り出している商品を「そこまで値下げはしたくないな」と感じる瞬間があるものです。そこで今回は相手に自分の要求を上手く呑ませる極意についてお話していきたいと思います。

・明らかに非常識な値段を提示されたとき
ネットで販売していた経験上、少なからずこのような人がいます。例えばadidasパーカーなど人気商品であり、中古でも十分価値があるため5000円で出品していたとします。そして、その商品についてコメントが来たのですが、その内容は「2500円まで値下げしてください!即決します!」というような内容でした。このような非常識なコメントには無視することがベターです。

「返事を返したほうがいいだろう」と良心を持ってしまい、そこまでの値下げ不可という内容のことを伝えても非常識者は聞く耳を持ちません。今度は「3000円ならいいですか?」などと聞いてくるのがオチでしょう。このような非常識者には初めから相手にせずスルーしましょう。

・値下げ幅を小さくしたいとき
例えば3000円の商品を2300円で買うと言われたときには「2500円までなら値下げを考えるけど」というような時があります。このようなときにはハッキリ相手に「2500円までなら値下げを考えますがいかがですか?」と自分の希望を通しましょう。このように自分の下限ラインを決めておくと、今の交渉相手以外にもあなたの商品が2500円なら欲しいと思う人が現れることもあるのです。

いかがだったでしょうか。取引を全て自分の思うように進めることはなかなかできませんが、自分も譲歩する姿を見せることで自分の要求を上手く相手に呑ませる技術を身につけましょう。

<関連記事>

画像一覧

  • あなたは自分の商品が値下げ交渉されたときにきちんと対応できますか?

執筆者

河崎 鷹大

神戸大学大学院生、科学技術イノベーション研究科専攻。プログラミング、会計、法律、ベンチャーキャピタル等を学んでおり、在学中にネットビジネスに出会い、受験、恋愛、ビジネスなど様々なコピーを手がける。現在は輸入ビジネス、転売、情報コンテンツビジネスなど様々なネットビジネスを幅広く手がける。

河崎 鷹大

関連記事

特集

関連記事

初心者でも簡単に始められるネット販売アプリとは?

さて、今回からはより具体的な話に入って行きます。

今日はあなたがネットでお店を持つために使用するアプリやサイトについてお話しして行きます。いくつか紹介していくので、それぞれのメリット、デメリットを把握することで、あなたが最も使いやすいアプリを発掘しましょう。

それでは紹介していきます。

1. メルカリ
初心者にはやはりオススメなのがこのメルカリです。メルカリとは写真を取り、説明文や値段を入力するだけで出品することができるというお手軽さがあります。商品が売れたときに10%手数料がかかり、売り上げのポイントを口座に振り込むときも1万円以下であれば手数料がかかりますが、なんといってもお手軽なのでネット販売が初めてという人には非常に始めやすいアプリです。

2. ヤフオク
ヤフオクの最大の魅力はなんといっても自分の商品を見てくれるお客さんが圧倒的に多いことでしょう。自分の商品を見てくれるお客さんが増えれば、やはりそれだけ商品が売れやすくなります。オークションというイメージから1円から徐々に値段を上げて行くスタイルを想像しがちですが、ヤフオクでは即決値段というものを指定することで、お店のように値段を決めて販売することもできるのです。メルカリと違い、売れた後の住所連絡や口座番号の連絡など全て自分で行わなければならないので、慣れない方にとっては戸惑いがあるかもしれません。

3. LINEモール
LINEモールは他のアプリやサイトと違い、商品が売れたときに手数料が一切かかりません。(口座に振り込むときは1万円以内であればかかります)現在であれば、メルカリは10%、ヤフオクは5.4%手数料で取られるので、売れた値段がそのまま自分の手元に残るのは大きなメリットになります。ただ欠点として、LINEモールというアプリの作りから、上手く写真を撮らないと多くの人になかなか見てもらえないという点があります。多くの人に見てもらう機会がないと、ネットでものは売れないと錯覚してしまうのであまり初めての方にはおすすめできません。

いかがだったでしょうか。

今回紹介したのは数あるアプリのうち、ほんの一部です。しかし初心者であれば、メルカリを使うことをお勧めしますし、これからもメルカリを中心として話を進めて行こうと思っています。なので、まだまだ始めたばかりという人は
まずはメルカリをインストールしてみてください!

初心者が苦戦しがちな発送方法をまとめてみました

商品の発送が初心者にとって最もハードルが高いかもしれません。というのも慣れるまではどのような発送方法があるかわからないですし、商品に合っていない発送方法を取ってしまうと自分の利益が小さくなってしまうことになりかねません。

今回はそのような方のために商品の発送方法について、どのような方法があるか簡単に紹介していきたいと思います。発送は基本的には重量と大きさでほとんど値段が決まります。

しかし、オプションで保証をつけたり、相手に送料を負担させる着払いという方法などによってさらに送料も変わります。このように発送方法は非常に多いので、今回はその中から非常によく使う4つの発送方法について解説していきます。

クリックポスト
配送するものによりますが、服や薄い本などを送るのに便利な配送方法です。サイズは35×25×3センチ以内とあるので、おおよそA4サイズの封筒に入れれるものならば、大体は発送可能ということになります。料金も安く、まず初めに考えるべき発送方法です。

定形外発送
続いて定形外発送です。こちらはクリックポストに入らないようなものを送る場合に定番となっている送り方です。重さと大きさによって値段は変わりますが、全国どこでも値段が一律なのは嬉しいポイントです。こちらも送るものによってはかなり安く発送することができます。

はこBOON
最近らくらくメルカリ便というサービスが出てきましたが、初心者の方にはこちらがいいと思います。比較的重い大きな荷物を安価に発送することができます。上記の2つの方法よりは少しややこしい手続きが必要になりますが、配達中のトラブルにも保証がついている点は大きなメリットになります。

レターパック
コンビニや郵便局で買える専用の封筒に物を入れて発送する方法です。ポストに入るものであれば、ポストに投函できますし、封筒さえ手に入れてしまえばものすごく簡単です。大きさの割に値段が少し高いことが難点と言えるかもしれません。

いかがだったでしょうか。それぞれ異なる発送方法があり、混乱するかもしれませんが自分の売りたい商品によって発送を変えないと利益が少なくなってしまいます。次回の記事でそれぞれの発送方法をもっと詳しく解説するので、そちらを読み、最適な発送方法を選びましょう。

ネットで売るまでの流れが一発でわかります

「ネットで稼いでみたいです!」「でもどうすれば?」

今から順を追って説明していきます。

迷ったときにはこのページを読んでいただければ商品を売るまでの流れを一目で確認できるので、

「次になにをすればいいの?」

と思われたら、このページを見直してみてください。

どのようなアプリやサイトを使ったとしてもこの流れは基本的にほとんど同じなので、きちんと把握さえできれば、ほとんどネットで稼ぐことができたも同然です。

さて、商品が売るまでには、大きく分けて6つの段階があります。

1.商品を出品する
2.買い手が商品を購入する
3.メッセージでやり取りをする
4.買い手がお金を振り込む
5.商品を発送する
6.お互いの評価をする

この流れをきちんと守ることさえできれば、あなたは必ず商品を売ることができます。

それぞれについて概要を説明していきます。

1.商品を出品する
ここではアプリやサイトなどに商品を出品することのことです。
値段や発送方法、商品説明などを詳しく書くようにしましょう。

「売る商品なんて自分にはない!」

そのようなことはほとんどあり得ません。詳しくは次の記事で解説しますが、必ず売る商品が見つかります。

2.買い手が商品を購入する
これは書いてある通りですね。あなたの商品を購入してもらうために様々な工夫を凝らして、お客さんに買ってもらいましょう!

3.メッセージでやり取りをする
このメッセージに関しては使うアプリやサイトにもよりますが、主に発送先や入金方法などについて連絡を行います。難しいと思われるかもしれませんが、基本的なメッセージテンプレートがあるので安心してください。

4.買い手がお金を振り込む
基本的にどのようなアプリやサイトであっても前払いです。入金されたらアプリやサイト等から連絡が来るので確認次第、商品の発送手続きに移りましょう。

5.商品を発送する
出品時にあらかじめ決めておいた発送方法で発送手続きを行いましょう。様々な発送方法があるので、商品によって発送方法を変えることも必要だと頭にいれておくといいです。

6.お互いの評価をする
ここでは相手の評価をします。取引が円滑に終われば基本的に最も良い評価をするといいでしょう。この評価が高ければ今後の取引が上手く行きやすくなるので、忘れずに相手の評価をしましょう。

流れとしては以上になります。次の記事からはもっと具体的に解説していくので必ず見逃さないようにしてください。

ごみから1万円を生み出すスキル

「ネットで稼ぐ」

このように聞くと、あなたはどのように感じるでしょうか?

「難しい」「詐欺みたい」「怖い」

様々な意見があると思います。というのも、実際のところネットでは相手の顔が見えないために詐欺のような行為が起こっていることは可能性としては間違いなくありますし、そのような悪徳商法で稼いでいる人がいることも事実です。

しかし、これからお話する方法はそのような胡散臭い話ではなく、あなたも利用しているネットのあるサービスを使うことによって稼ぐ方法をお話していきます。これを上手く使うことができるとあなたの生活はより快適なものになるでしょう。

欲しかったあの可愛い服や彼女とのちょっとした贅沢を手に入れることも可能です。飲みや旅行に誘われても財布の中を見ては、用事があると嘘をついて断っていた友達からの誘いにも気軽に行けるようになります。学歴や年齢に関係することなく、必要なものはスマホのみ。誰でも1ヶ月で1万円は稼げるようなそんな夢のような方法があるのです。

その方法とは「ネットであなたのいらない物を売る」という方法です。

あなたもお店でものを買ったりすると思いますが、ネットではあなたがお店をすればいいのです。

「やり方がわからない」「特に売れるものを持っていない」

そのように思われるかもしれません。誰もが最初はそのように思って当然なのですが、全く心配はいりません。必ずあなたには売る価値のあるものがありますしネット上で自由にものを売ることができるようになります。

しっかりとした販売方法とコツを知るだけであなたの商品は飛ぶように売れて行き、毎月あなたの口座に1万円が振り込まれます。

これから「ネットでものを売る方法」をこちらのブログで紹介していきます。きちんとこのブログを読み進めていくことができたのであれば、1ヶ月後にはネットで自由に商品を売っていることでしょう。

慣れてくれば月に1万円、2万円と稼ぎだすのも難しくないので、ネットで稼ぐ第一歩を踏み出してみましょう!

知らなければトラブルに!?商品が売れた後のメッセージであなたが意識するべきこと

さて、今回は商品が売れたときに一般的に行われるメッセージのやり取りについて解説していきたいと思います。

あまり取引に慣れていない人は、顔も知らない人とメッセージのやり取りをするのは怖いし、できればしたくないという人が多いかもしれません。正直メッセージのやり取りはメルカリを使っていれば、1度もすることなく最後までの動作をすることができますし、見方によっては不必要なものと捉えることもできるでしょう。

しかしメッセージの内容によっては相手からの印象を良くも悪くもしてしまう非常に重要なツールです。今回はまず、メッセージを送るにあたって意識するべき2つのポイントについて解説していきます。

1つ目は、「相手は近所の顔見知り」
2つ目は、「トラブルが起こりそうなら取引をやめればいい」
ということです。

まず、「相手は近所の顔見知り」というのは、とりあえず相手が誰かわからなくて不安だから、何も連絡しないでおこうという人がいます。しかし、これでは商品を買った人は

「もしかしたら出品者は見ていないのではないか」
「出品を消し忘れたものを買ってしまったのではないか」

と思い、不安にさせてしまいます。せっかくあなたの商品を買ってくれた大事なお客さんなので、相手にこのように思われるのはまずいです。もしあなたの商品を購入してくれたのであれば、「ご購入ありがとうございます。短い間ですがよろしくお願いします。」と簡単な文章を送るのが良いでしょう。

そして2つ目の「トラブルが起こりそうなら取引をやめれば良い」ということですが、これを見て驚いた方もいるかもしれません。
しかし、相手もあなたが一般人であることを知っていますし、多少の不手際があるかもしれないことを意識しながら取引を行っています。それでもたまに失礼な人がいたり、無理な要求をする人がいますが、そういう人とはバッサリ取引を辞めても大丈夫です。顔が見えないからこそ無礼な人もいるのでそのような人は最初から相手にしない方が賢明です。

丁寧な対応を心がけながらもトラブルに巻き込まれるかもしれないということを念頭に置いておくといいかもしれません。

ランキング