盗難防止! 公共施設向けの“個室”自転車置き場が登場

2553.jpg

 デザインアークは1日、賃貸住宅や公共施設等向けの鍵付きパーソナルスペース「CycleBOX(サイクルボックス)」を発売した。いわゆる個室付きの自転車置き場で、盗難やいたずらを防止することを可能としている。

 同製品は鍵付きの個室となるパーソナルスペース部分と、自由に止めることができるフリースペース部分で構成された屋根付きの駐輪場。

 最大の特徴となるパーソナルスペースの扉には、テンキー式の鍵が設置されており、内部には自転車だけでなく、空気入れやヘルメットといった関連グッズなどを置けるスペースも用意されている。また、パーソナルスペース内の横幅は80cmの有効寸法となっており、無理なく自転車の出し入れが可能となっている。

 設置する場所に応じたサイズバリエーションがあり、最小だと2つのパーソナルスペースと最大4台まで止めることがフリーペースを備えた6台収納タイプから、6つのパーソナルスペースに4台分のフリースペースを備えた10台収納などから選ぶことができる。

 販売価格はパーソナルスペースを4台分備えた8台収納タイプで259.2万円(施工費別途)。同社は年間36台の販売を見込む。

画像一覧

  • 扉&鍵付きの駐輪スペースなら高価なスポーツサイクルや電動自転車の置き場所としても安心(画像はプレスリリースより)
  • ちょっとした物置としての機能も果たすボックス内は、人感センサー付きの自動照明を備える(画像はプレスリリースより)
  • 扉のロックはテンキータイプとなっており、内側からの施錠・解錠も可能となっている(画像はプレスリリースより)
  • 発売されるバリエーションは全部で5種類。賃貸住宅や公共施設向けに展開していく(画像はプレスリリースより)

提供元

関連記事

関連記事

涼しくなってきた今、早朝の自転車通勤を始めてみよう

サマータイムの導入やゆう活で、出勤時間と帰宅時間が早くなったという方もいるかもしれません。

日が長く涼しくなってきた今、朝早く起きれば時間が有効に使えます。また、出勤時間が変わったことで、ちょうどいい時間帯のバスや電車がなくなった! という方もいるかもしれません。

比較的涼しい早朝の時間帯を利用して、これを機に自転車通勤を始めてみるのはいかがでしょうか。今回は自転車通勤のコツについてお伝えします。

1.自転車通勤の距離ってどれくらい可能なの?
自転車通勤に向いている移動距離は、だいたい3キロメートル~10キロメートルというのが一般的のようです。スポーツタイプのバイクで所要時間にしてだいたい10分~40分くらいです。

自転車通勤をする経路を考えるときは、信号や坂の多さや交通量も考えないといけません。信号待ちが多い大通りを多く抜ける場合、予定時間よりも多めに見積もって出発したほうがいいでしょう。10kmくらいの距離なら、渋滞につかまりやすいクルマよりも、早く到着できるようです。

2.自転車通勤は水分補給が必須
夏の自転車通勤は、水分補給を欠かさないようにしましょう。のどが渇いていなくても、汗をかくことで身体から水分が奪われ、熱中症になる可能性があります。

10キロメートル以上を移動するなら、飲み物を持ち運びましょう。自転車にとりつけられるボトルホルダーなら、手荷物が少なくできて快適です。ボトルホルダーには、専用のボトルでなくとも、市販の500mlペットボトルがそのまま入ります。

3.汗対策
自転車通勤の最大の敵は、流れ落ちる汗です。その分ダイエット効果も大きくなりますが、シャワー設備などがない職場の場合、1日中不快な思いをして仕事をするのでは意味がないですよね。

Yシャツや綿シャツの下には、吸湿性に優れた下着をつけましょう。また、職場に着替え用のシャツを用意しておき、到着してから、汗が引いたら一度着替えるようにすれば、汗臭さもなくなりますし、職場の空調の風があたり風邪を引いた……なんてことにもなりません。

【格安】24時間500円からの自動車保険、セブンイレブンで販売

セブン-イレブン・ジャパンと三井住友海上火災保険は、24時間単位で契約できる自動車保険「1DAY(ワンデイ)保険」をセブン-イレブン全店で9月24日から販売すると発表した。

新しい保険商品は「車は持っていないが、ときどき親や友人から車を借りて運転する」という人を対象に、「24時間単位で500円から」加入できる自動車保険。1回の契約で最大7日間保険期間を設定できる。

また、2回以上契約した場合には、2回目以降の保険料を割引く「2回目から割引」や、借りた自動車を交替で運転するようなケースで、複数の運転者を1回の契約でまとめて補償する場合、2人目からの運転者に対する保険料を割引く「2人目から割引」も設定する。

両社は、2005年にセブン-イレブンのマルチコピー機による保険販売を開始し、現在、バイク自賠責保険・自転車向け保険の2商品を提供している。今回、自動車を保有しない若年者層を中心にニーズの高い「1DAY保険」を販売することにした。

自転車事故で多額の損害賠償を求められたら、どうする?

子どもからお年寄りまで、幅広い年齢の人が手軽に乗ることができる自転車ですが、万一事故を起こすと、大きなケガに繋ながったり、他人を傷つける凶器にもなります。自転車事故を起こして、5,000万円~1億円近い損賠賠償を求められた判例もあるほどです。

では、このような万一の事態にどのように備えるとよいのでしょうか?
ひとつは、「自転車保険」に加入する方法です。自転車保険には、主に以下のような補償がセットされます。

1. 入院の補償:1日あたり4,000~6,000円
2. 通院の補償:1日あたり1,000~2,000円(補償がないタイプもあり)
3. 死亡・後遺障害補償:300~500万円
4. 個人賠償責任補償:最大5,000万円~1億円  など
  1~3は自転車に乗っている時だけでなく、歩行中に自転車や車にぶつかった時も補償されます。

「個人賠償責任補償」は日常的な生活の中で、偶然他人に損害を与えた場合に支払うべき賠償金を補償してくれるもの。「日常生活賠償補償」と呼ばれることもあります。他人にケガを負わせた時だけでなく、他人のモノを壊した場合も補償されます。自分のケガや死亡の補償は、他の医療保険や生命保険でもカバーできますが、自転車保険の最大の特徴は、個人賠償責任補償がある点。そのために加入すると言っても過言ではありません。さらに、個人賠償責任保険では、加入する本人の自転車事故以外に、「子どもがデパートでうっかり高級な花瓶を割ってしまった」など、家族が引き起こす日常生活のさまざまな事故も補償してくれる優れものです。人間だけでなく、ペットも対象で、「愛犬が他人に噛みついてケガを負わせた」といった場合も支払われます。その上、保険料は毎月500円程度とリーズナブルですから、入っておくと安心です。自転車保険はインターネットからも簡単に申し込めます。

個人賠償責任補償は、自動車保険や火災保険、またはクレジットカードなどに付帯する保険にオプションで付けられるケースがあります。もしかすると既に付いているかもしれませんので、加入中の保険の内容を確認してみてください。「保険証券」や「契約内容確認書」と呼ばれる書類で調べることができますが、わからなければ保険会社に問い合わせてみましょう。付いていない場合も途中から付けられるケースもあります。月100円程度の保険料を追加するだけで、家族全員が補償されます。入院や死亡の補償がないぶん、自転車保険に加入するより保険料は安くなります。個人賠償責任保険は2つ以上加入していても、ダブルでもらえるわけではありませんので、一家に1つあれば充分です。

2015.5.27更新

親と車を共有している人におすすめの自動車保険

親と同居していたり、近くに住んでいると、“車も共有”という人も多いでしょう。その場合、自動車保険の保険料も“親任せ”という人もいるかもしれませんが、実はあなたが乗るようになって、保険料はかなり上がったはずです。その保険料を安くする方法をご紹介します。

そもそも自動車保険は、事故を起こしやすい人ほど保険料が高いのが原則。“事故を起こしやすい”には、年齢や地域、走行距離、車種、用途などの違いが影響します。事故率を年代別に見ると、若い人ほど運転技術が未熟なため、また無理をしがちなため高く、中年になると下がり、また高齢者になると再び高くなる傾向があります。

親の車を子どもが運転する場合、保険は“本人限定”や“夫婦限定”ではなく、一般的に“家族限定”にしますが、家族の中でも一番若い人の年齢で保険料が決まります。20代前半ならかなりアップ。家族とは、同居している親族はもちろんのこと、別居している未婚の子どもが運転する場合も含まれます。
たとえば、ある自動車保険では、50歳の親の契約で、21~25歳の子どもの運転もカバーする場合、“夫婦限定”に比べて保険料が約7万円/年も高くなります(対人対物無制限、人身傷害3,000万円、車両一般200万円の補償、6S等級の場合※)。

ところが、子どもが運転する場合でも、親の年齢を基準とする保険があります。おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)がそのタイプで、“別居の未婚の子”なら、自動的にカバーされ、保険料は一切上がりません。また、同居の子どもであっても、保険料の基準はあくまでも親(主に運転する人)の年齢。追加保険料を払えばカバーされ、それほど大幅なアップになりません。上記の条件※なら、追加の保険料は年間3.3万円程度です。

親と車を共有している人は、自動車保険の見直しを親に提案してみてはいかがでしょう。インターネットからも簡単に申し込めます。

2015.6.30更新

非公開: 「アベノミクスってなに?」マネギャルのケツ論

マネギャル第6回のテーマは「アベノミクスって何?」。

僕らが知っていた、いや知ったかぶりをしていた「アベノミクス」とはぜんぜん違うものでした。まさかそんな意味だったとは!?
マネギャルパワー全開!
本当にこの通りだったらで日本は確実に明るくなりそうです!

※ホントの高橋先生による「アベノミクス」解説動画はこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『アベノミクスってなに?』

左からフウカ、シエナ、キョン

キョン「テーマはアベノミクスってなんでしょう?だって」
シエナ「あべ?あれのあべ?」
キョン「あれのあべだよ。あれのあべ」
シエナ「あれのあべ」
キョン「あれのあべ」
シエナ「あべちゃんがパーリーしたい、パーリーMIX?」
キョン「あ〜、あべMIXでパーティMIXね。チャラ(笑)」
シエナ「なんか若者にアピールしたいってこと?」
キョン「あ〜」
フウカ「若者アピール???」
キョン「確かにね〜」
シエナ「なんかあべちゃんが好きな人はほとんど年上じゃない?」
キョン「あ、まぁまぁまぁ、じいちゃん、ばあちゃんの方が高いよね。」
シエナ「そう、だから、若者にアピールしたいキャンペーン」
キョン「あ、だから、あべちゃんのMIX」
シエナ「DJ ABE〜」
フウカ「今のは面白い。面白さまんてん」
フウカ「アベ・ノミクス?アベ・ノ・ミクス?」
キョン「ミクス?お好み焼きミックスみたいな」
シエナ「なんかオバマちゃんの真似じゃない?オバマケアみたいな、アベノミクスみたいな」
キョン「あ、パクリってこと?」
フウカ「パクリ?アイツ?」
キョン「ヤベェな!?バイヤー、バイヤー」
フウカ「お金、お金?? (話に)お金混ぜる?」
シエナ「お金しか考えないから」
フウカ「でも経済系のなんかってことはさ、やっぱお金絡んでるんじゃないの?」
キョン「ん〜、なんかオリンピックとか絡んじゃってるテイスト?なのかね?」
フウカ「何?何?何?」
キョン「なんかまぁ、とりあえずなんか目立ちたかっただけって感じじゃないかな?
    別に対してなんかやったってわけじゃないから」
フウカ「キャッチコピーみたいな?」
キョン「そうそう「サンジャポ」みたいな」
フウカ「音だけで選んだ、みたいな」
キョン「そうそうそう」
シエナ「はい。新しい使命感見つかりました〜。DJさんでーす。」
キョン「どうする?スーツ、スーツでさぁ、なんか溜池山王でDJしてたら」
シエナ「ギャップ良いんじゃない?」
キョン「でも逆にね、若者受けするよね。」
シエナ「うんうんうん」
フウカ「若者受けして投票率とか上がるんじゃない?」
キョン「ね、そうだよね。」
キョン「でも、あべさんで考えると、なんか最近そのニュースで見てたのが、
    夏のボーナスに320万くらいもらってるんだよね。あの人」
フウカ「アイツ!?」
キョン「だからDJ機材買えるよ!多分。DJ機材買える買える。
    全然良いの買える。多分。」
フウカ「一式揃えられるね。」
キョン「でもパニックになりたかったから、とりあ、なんかその横文字?」
フウカ「横文字(笑)」
キョン「でもさぁ、アベノミクスってそういうことじゃない?
    シエナが言った、なんだっけ?あべちゃんの」
シエナ「あべちゃんの・・どっちだっけ?」
キョン「パーテティMIXでしょ」
シエナ「ABEのパーリーMIX」
キョン「はい。じゃああべ、、あべじゃない、
    マネギャルの結論は「DJ アベのPartyMIX」
    アゲテけー!!日本のtopこれだぞって自慢できる(笑)」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキング