【SPEED TEST】iPhone 6s通信速度レポート…東京メトロ丸ノ内線各駅で実測!

2501.jpg

 発売直後の「iPhone 6s」を用いた通信速度調査レポート。今回は東京メトロ丸ノ内線各駅(池袋~中野坂上)で調査を実施した。測定には「RBB SPEED TEST」アプリを使用、各スポットでそれぞれ3回測定し、その平均値を算出した。なお計測したのは平日の午後18時から20時の間である。

 早速、キャリアごとに傾向を見ていこう。

 NTTドコモは、全20駅の平均で下り18.89Mbps/上り8.81Mbps。最も速かった四ツ谷では下り92.81Mbps/上り30.25Mbpsと上下ともに今回の計測では最も速い数値を叩きだした。逆に下りが最も遅かったのは新宿三丁目で下り4.68Mbps/上り2.42Mbpsだった。このほか東京でも下り5.66Mbps/上り5.22Mbpsとやや低速ではあったが、全体的には通信できないほどの極端に遅い速度は出なかった。全体の平均は下り18.89Mbps/上り8.81Mbpsだった。

 KDDI(au)は、国会議事堂前で下り58.56Mbps/上り10.07Mbps、新大塚の下り57.94Mbps/上り7.42Mbps、御茶ノ水での57.74Mbps/上り7.88Mbpsなど、良い数字を出した駅もあれば、東京の下り2.42Mbps/上り0.86Mbps、新宿御苑前の下り3.51Mbps/上り2.21Mbpsなどあまり速くない駅も多く、速度にムラがある印象だった。全体の平均は下り25.47Mbps/上り6.12Mbpsであった。

 ソフトバンクは比較的、安定して高速で通信できていた。下りが最速だったのは茗荷谷で、下り57.74Mbps/上り24.85Mbps。最も遅かった西新宿でも下り17.33Mbps/上り7.69Mbpsとまずまず良い数字が出ていた。全体の平均も3キャリアで最も速く、下り31.75Mbps/上り14.80Mbpsであった。

 今回の調査ではソフトバンクが速い結果となったが、夕方のラッシュ時の調査であったためユーザー数の少ないソフトバンクにとって有利だったとも考えられる。3キャリア全体でいうと、混雑時にも関わらず下り50Mbps以上の地点が多く、個人的には驚きであったが、まだまだ下り10Mbps以下の地点や、上り1Mbps以下の地点もあり、どこでも常時快適とまでは言えないだろう。引き続き、都内の私鉄やJR各線で調査していきたい。

<関連記事>

画像一覧

  • 丸ノ内線大手町駅
  • 測定結果

提供元

関連記事

特集

関連記事

6からどう変わった?iPhone 6s通信速度レポート

 発売直後の「iPhone 6s」を用いた通信速度調査レポート。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクそれぞれのiPhone 6sを用意して各種スポットで速度調査を実施、その結果をお届けしていく。東海道新幹線に続いて、新大阪・博多間の山陽新幹線各駅でも調査を実施した。測定には「RBB SPEED TEST」アプリを使用。各スポットでそれぞれ3回測定し、その平均値を記録している。

 山陽道新幹線の下り線、各駅に停車するこだま号に乗り込み、博多駅までの全19駅で測定をおこなった。今回は各キャリアごとにその結果をみていきたいと思う。

 まずドコモは全19駅の平均速度が下り14.66Mbps/上り7.39Mbps。序盤は下り10Mbpsを切るポイントも多かったが、新岩国駅以降は持ち直し、終点の博多駅においては下り51.29Mbpsで3キャリア中最速を記録している。なお博多駅の結果は、今回の調査におけるドコモ全体としての最速でもある。一方、下りのワーストは広島駅で記録した5.90Mbps。

 次にKDDIは19駅の平均速度が下り35.35Mbps/上り7.00Mbpsとなり、下りの平均速度は3キャリア中最速。すべての駅で下り10Mbps以上を記録しており安定していた。KDDIとしての最速値は東広島駅で記録した下り69.28Mbps、ワーストは新大阪駅の下り10.51Mbpsだった。40~60Mbpsを記録する駅も多く、19駅中14駅で下り速度最速となっている。

 ソフトバンクは19駅の平均速度が下り19.31Mbps/上り10.74Mbps。ワーストとなった新倉敷駅(下り7.44Mbps)を除く18駅で下り10Mbpsを超えた。最速値は新岩国駅で記録した下り35.98Mbps。新大阪駅、岡山駅など4駅で下り最速となった。

 平均30Mbpsを超えたKDDIを始めとして、いずれのキャリアも全体平均では下り10Mbpsを超えており、駅においてはまずまず快適な通信ができる。ただし、新岩国を超えるとトンネルを通過する時間が増え、その間は3キャリアとも非常につながりにくくなった。駅間も含めて全行程で快適な通信ができるようになるまではもう少し時間がかかりそうだ。

【iPhone】Apple、iPhone 6s/6s Plusの修理費用公開

 Appleは、「iPhone 6s」、「iPhone 6s Plus」の修理サービスについて案内した。画面の損傷の場合はiPhone 6sで14,800円、iPhone 6s Plusで16,800円。

 画面損傷の修理代金は以下の通り
・iPhone 6s Plus:16,800円
・iPhone 6s/iPhone 6 Plus/iPhone 5s/iPhone 5c/iPhone 5:14,800円
・iPhone 6:12,800円

 保証サービス「AppleCare+」に加入している場合は、7,800円で最大2回まで修理サービスが受けられる。

 また、バッテリの故障の場合は1年間以内やAppleCareに加入していれば無料で修理可能。それ以外の場合はiPhone全機種で9,400円となる。

楽天銀行、指紋認証によるログインをスマホアプリに導入……国内銀行で初

 楽天銀行は6月30日、指紋認証によるログイン機能を「楽天銀行アプリ」に導入した。iOS 8以上、iPhone 5S以降の機種で利用可能(Android端末には非対応)。

 iPhoneにあらかじめ指紋を登録しておくことで、「Touch ID」による認証で、「楽天銀行アプリ」へのログインが可能になる。振込など、取引の操作の際は、別途、暗証番号の入力が必要。なおログインパスワード入力によるログインも引き続き利用できる。

 指紋認証によるログイン機能は、銀行が提供するアプリとしては国内初とのこと。アプリはApp Storeから無料でダウンロード可能。

フェス仲間が簡単に見つかる!ライブ参加アプリ「LiveMatch」

 ネクスト子会社のLifull LiveMatchは4日、音楽ライブの同行者を探すことができる無料iPhoneアプリ「Lifull LiveMatch(ライブマッチ)」の提供を開始した。

 「Lifull LiveMatch」は、無料で手軽に音楽ライブの同行者を探すことができるアプリ。自身の年代や性別、iPhoneでふだん聴いている曲などのプロフィールを公開することで、趣味嗜好を確認しながら直接メッセージをやり取りし、同行者を選ぶことができる。

 アプリはiPhoneの音楽ライブラリと連動しており、ふだんiPhoneでよく聴いているアーティストのライブ情報が自動表示される。その他のライブ情報もフリーワードや条件指定で検索可能。気になるライブはお気に入りに追加しておくことで、同行者の募集やチケットの発売開始等が随時Push通知される。

 開催ライブページでは、チケットの購入のほか、譲り先を募集することができる。なおチケット譲渡は正規価格でのやりとりを原則としているため、金額の入力欄はなく、ダフ屋行為等があった場合に通報する機能も設けられている。開催ライブごとにコミュニティ「トークルーム」も設けてられており、開演までの空き時間を使ってファン同士でトークするといったことも可能だ。

 利用にはTwitterアカウントによる登録が必要。一部機能は登録なしでも利用できる。対応機種はiOS8.0以上。

損してませんか?携帯変更の注意点

携帯を新しくしようと考えている方の中には、機種変更するのとMNPで携帯会社を乗り換えてしまう、どちらがオトクなのか迷っている方もいるでしょう。

キャッシュバックやオプションが複雑で迷ってしまいますよね。今回は、夏モデルのスマホに買い替えたいときの注意点についてお伝えします。

1. 一括0円と実質0円は違う
家電量販店やドコモショップなどで見かけるポップ広告などに、「一括0円」や「実質0円」と書いてあるのを見かけたことはありませんか。
実は、この2つ、大きな違いがあります。
一括0円というのは、「今このスマホ端末をMNPで買えば、代金の支払いは0円」という意味で、さらにパケホーダイなどに加入すると、毎月補助料金が別途2年間(24回)もらえます。

一方で、「実質0円」というのは、キャリアからのサポートで実質的には端末代金がかからないというだけで、実際は端末代金の支払いが存在します。「実質0円+3万円キャッシュバック」などとうたっていても、端末はだいたい5~6万円くらいしますから、一括0円のほうがお得だとわかります。

できるだけ「一括0円」と表示されているときに乗りかえるようにしましょう。

2. スマホを買い替えたいときは週末にいこう
スマホの買い替えキャンペーンは、週末に打たれることが多いので、買い替えを検討しているときは週末にお店に足を運ぶようにしましょう。
さらに月末になると、販売ノルマの達成のために、月初めには「一括0円」という条件だったのが、「一括0円+キャッシュバック1万円」などと、さらに条件がよくなっていることがあります。

3. オプションの解約を忘れずに
よくツイッターなどで「今なら一括0円」「最大●万円キャッシュバック」などとうたっている場合がありますが、たいていの場合は留守番電話や動画サービスなどのオプションにすべて加入した場合の料金になっています。
特典をうけるためにオプションにその場で加入したほうがトクですが、後で解約するのを忘れないようにしましょう。利用しないまま契約を続けていると月額料金を余計に払うことになります。

ランキング