秋の引越しに!揃えておきたい100均雑貨

このレシピを実行して

1000貯まる!
<材料>

・軍手、マジックペンなど引っ越し作業で必要なもの

<Point>

1引っ越し作業っていつからやる?

2100円ショップで買える引っ越しグッズ

3引っ越ししたらすぐに取り出しておきたいもの

※ 節約できた(貯まった)金額:1ヶ月:約1000円~

2389.jpg

秋の異動シーズンで、急に引っ越しが決まった! という方も多いかもしれません。急な引っ越しはなにかとせわしなく、またいろいろと出費がかさむもの。

そんなときにできるだけ節約するには、100円ショップが頼もしい味方になってくれます。今回は、引っ越し時に揃えておきたい100円ショップで買える雑貨について紹介します。

1. 引っ越し作業っていつからやる?
引っ越し先の新居や日時、引っ越し業者が決まったらすぐに始めるのが吉。荷物が少ないから……と思っていても、いざ荷造りしだすと意外なほどの量で途方にくれてしまうかもしれません。突然の引っ越しということでなければ、ごみを出す曜日の兼ね合いもあるので、最低でも2週間くらいは見ておきたいものです。

2.100円ショップで買える引っ越しグッズ
引っ越しグッズはほとんど100円ショップでそろいます。たとえば、油性のマジックペン。段ボールの外側に内容物の名前や目印、運び入れたい部屋などの指示をあらかじめ書いておけば、新居についたあとの開封作業がはかどります。
また、布団や衣類をコンパクトにまとめるための圧縮袋もあれば、段ボールにしまうときにカサが減るので便利です。

逆に、引っ越し作業で最重要となるガムテープは、100円ショップでもそろいますが、ホームセンターやネット通販で買った方が巻きが多いので結果的にオトクです。
ガムテープや軍手は、引っ越し作業を手伝う人数分用意しておけば、貸し借りしなくて済むので作業が速くなります。

3. 引っ越ししたらすぐに取り出しておきたいもの
引っ越し荷物を梱包するときは、新居についてすぐに使うものを取り出しやすいところにまとめておきましょう。
当日使う洗面用具や、引っ越し作業で使うもの、掃除用具に加えて、トイレットペーパーも取り出しやすいところに準備しておきましょう。急にトイレに行きたくなった時に紙がない! といったような悲惨な事態を防ぐために、実はこれはとても大事だったりします。

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

引越し費用を安くするための基本的なテクニック

引越しの費用は、「日程」と「業者」の選び方で大きく変わってきます。

まずは「日程」。1年中そんなに変わらないと思っている方もいますが、時期や曜日、時間帯だけでもずいぶん変わります。
また、「業者」といってもその数は多く、テレビでCMを流しているような全国規模の業者から、地元密着型の少人数で成り立つ業者までさまざま。引越しの時に迷ってしまうことも多いでしょう。
引越し費用を抑えるには、この2つに注目した基本的なポイントがあります。少しの手間と時間をかければ簡単にできることなので、ぜひ試してみてください。ここでは、ひとり暮らしの引越しを例に、3段階に分けて説明します。

■引越し費用が高くなる3〜4月を避けること

引越しのタイミングは人それぞれですが、もし融通が効く場合は、料金相場が低い時期を選ぶのがおすすめ。前述のように、年間の引越し費用は同じではなく、時期によって異なるのです。それは、引越しの多さと関係しています。新生活をはじめる人が多い3〜4月は、予約が取れないほど引越し業者が忙しく、料金も跳ね上がります。いっぽう、5月以降、冬くらいまでは料金を抑えられる時期。距離や荷物の量にもよりますが、3月の引越しを6月にズラすことで、引越し費用を5万円から3万円に下げることができました。

■料金の見積もりを複数の業者で行い、料金を比較する

次に、業者を選びます。ここで有効なのが、引越し前に必ず行なわれる「料金の見積もり」を複数の業者で行なうこと。全国展開する大手や、地域密着型で規定エリア内なら安くなる個人事業者(赤帽など)まで業者の形態が違うこともあって、思った以上に差が出るのです。見積もりは、電話やメールで運搬する荷物の量を伝えるケースと、家に訪問して荷物の量を見てもらうケースと、一般的には2通りあります。タイプの異なる業者3〜5業者から取り寄せると、傾向がわかりやすいでしょう。このとき、あとでトラブルを招くことがないよう、荷物の量を正しく伝えることが大切です。

■曜日・時間帯を業者の都合に合わせる

もう1点、契約前に決めておかなければならないのが、曜日と時間帯です。見積もりのときに、あわせて交渉しておくとよいでしょう。曜日は、土曜日や日曜日より平日のほうが安め。時間帯は、お客が多い午前中より午後のほうが狙い目です。また、こちらの都合ではなく、「業者が空いている日時に合わせる」ことを提案できると、業者が値下げしやすくなります。
さらに、遠方から戻る空のトラックを利用した「帰り便」や、他の荷物と一緒に運んでもらう「同梱便」も、条件があえば安く利用できます。
これらの方法を利用して、3万円だった料金は2万5千円に。場合によっては、もっと安くなるケースもあるようです。節約できた費用は、新居のインテリアなどに回してもいいですね。

2015.5.13更新

家主が納得する、家賃交渉テクニック Part.1

部屋を借りるとき、賃料を交渉したことはありますか?

「賃料を交渉するなんて、できるの?」と思われるかもしれません。全てのケースで成功するとは限りませんが、賃料交渉はやってみる価値はあります。それどころか、物件によっては賃料交渉を前提に高めに価格設定している場合もあるため、逆に交渉しなければ損をしてしまうこともあるのです。

一般的に、部屋の賃料には家賃と管理費があります。家賃はその名の通り、部屋を借りるための費用です。管理費はマンション等の共有部分の清掃やメンテナンス(電球の交換やエレベータの整備等)の費用です。

もし、家賃と管理費で合計8万円の賃料を、交渉後7万9,000円にすることができれば、年間1万2,000円の節約になります。では、賃料交渉をより成功しやすくするためには、どのようなポイントがあるのでしょうか?

最も引っ越しの多い時期は1~3月です。もし、あなたの引っ越しの時期が繁忙期を過ぎた4月以降の場合は、部屋を保有する家主は賃料交渉に応じてくれる可能性が高くなります。さらに、夏を迎えるこれからの時期は、その確率はさらに高まります。繁忙期を過ぎたこの時期に部屋が空いているということは、その後すぐには入居者が現れない可能性があるからです。

家主にとって最もコワイのは、長期間空室が続いてしまうこと。もし、家賃8万円の部屋で1ヵ月間の空室が続けば、家主にとっては8万円の損失、2ヵ月空室が続けば16万円の損失となります。一方、賃料を1,000円に下げて、すぐに入居者が見つかれば、1,000×24ヵ月=2万4,000円(2年更新の場合)の損失、2,000円下げた場合でも4万8,000円損失です。家主としては、数千円家賃を下げて空室が埋まるのならば、そのほうが良いと思うかもしれません。

某不動産会社を通じて家主にヒヤリングしたところ、空室が2ヵ月続いたら賃料の引き下げを検討する場合が多いとのこと。ということは、入居先の空室期間が2ヵ月以上の場合は、家主は賃下げに応じる可能性が高くなるということになります。

ただし、交渉ごとは相手の立場を考えて行う必要があります。あなたが交渉するのは不動産会社ですが、不動産会社は家主にあなたの要求を伝え、承諾を得なければなりません。つまり、不動産会社が家主に伝えやすく、そして、家主も受け入れやすい条件を提示する必要があります。「自分が家主だったら、どのくらいの賃下げなら受け入れられるか」というように、相手の立場に立った条件を提示するのが、賃下げ交渉を成功させるポイントです。

2015.5.13更新

都内で家賃助成がある区をピックアップ!

東京にずっと住んでいる、もしくはこれから住みたい!という方は必見です。東京に住む際にネックとなりやすいのが、高い家賃です。

そこで、今回はあまり知られていない「家賃助成」についてご紹介したいと思います。実は、23区で家賃助成の制度がある区はいくつかありますが、対象としている世帯がそれぞれ違い、高齢者や障害者、一人親世帯を対象としていることも多いのです。今回は、その中でも若者を対象とした助成がある区を紹介したいと思います。

まず、私がもっと早くに知りたかった!とついつい思ってしまった区は、新宿区です。他の多くの区が子育て世代、ファミリー世帯を対象としていることが多い中で、こちらにはなんと学生および勤労単身者向け助成があります。月額は1万円で、最長3年間となります。18歳から28歳までの単身者が、申請を出来るのは珍しいですよね。
毎年秋に募集が行われるようですが、26年度の実績を見てみると、30世帯の募集に対し268世帯が応募したということで、倍率は8.93倍でした。倍率は高いですが、対象年齢の単身者の方は、新宿区での家賃助成を検討されてはいかがでしょうか?

次にお勧めしたい区は、板橋区です。こちらは、結婚予定の方や、結婚後3年以内の新婚世帯の方が対象になります。制度内容としては、区立住宅と支援制度(家賃助成)を申し込み、審査に合格すれば、家賃が最長3年間、月額3万円減額されるというものです。つまり3年間で108万円もお安くなるので、新婚家庭にとっては非常にメリットがあると思います。
ところで、同じく新婚世帯(2年以内)で助成対象となるのが、千代田区です。しかし、こちらは千代田区に5年以上住んでいる親のそばに引っ越してきた世帯が対象ということで、だいぶ応募する側に制限があります。

最後に子育て世帯、ファミリー世帯向けの家賃助成制度がある区をご紹介いたします。金額が高い区は、子どもが多ければ千代田区です。区内転居という条件がありますが、0~18歳までのお子さんが6人いた場合、なんと1年間は月額8万円という金額です。しかし、こちらは最長8年間で、徐々に金額が減ってしまいます。
ところで、子育て世帯向け家賃助成を行っている区は、千代田区のほかに目黒区、豊島区、北区、板橋区、新宿区(27年7月時点)のようです。

少しご紹介しただけでも、区ごとにそれぞれ独自の制度があることがお分かりいただけるかと思います。ぜひ、都内へのお引越しを考えている方は、「家賃助成」を検討してみてください。

これは便利!気になる物件をスマホで撮影、周辺物件の参考価格がわかる!

 中古住宅の個人間取引事業を行うhouselogシステムが、スマートフォンのカメラで物件を撮影することで、近隣の賃貸物件の家賃や売買物件情報を表示する「Snapsearch」をリリースする。9月14日からAndroid版、30日からiOS版の「Houselogシステム」に組み込まれる。

 Snapsearchは撮影時の位置データを利用して、周辺物件の賃貸・不動産情報を提供する仕組み。表示される情報は、「ファミリー向け」「シングル向け」といった情報で絞り込めるため、ユーザーの希望に合った不動産情報を手早く検索できる。なお、周辺不動産の成約参考価格は、提携不動産会社から提供された情報をもとに、平方メートル単価から予測される。

 Snapsearchで見つけた周辺不動産情報はお気に入り登録でき、スマートフォンからの問い合わせも可能。さらに、スマートフォンで鍵の開閉ができる「スマートロック」設置物件も掲載予定で、対応物件の場合は不動産業者などの同行なしで、その場で内覧できる。

 サービスエリアは都内23区の中古マンションからスタートし、徐々に提供エリアを拡大していく。houselogは今後、不動産業者を挟まず、直接ユーザーに訴求できる仕組みとして不動産の個人オーナーなどにアプローチしていくという。

家主が納得する、賃料交渉テクニック Part.2

前回に続き、賃料交渉Part2!

前回の交渉は、支払賃料全体の引き下げでした。ただし、これは家主の毎月の家賃収入の減少を意味するため、すんなりと受け入れられない可能性もあります。そこで、もうひとつの交渉術をご紹介しましょう。

一般的に、賃料には家賃と管理費があります。今回はこの家賃と管理費の割合に着目。家主が納得する賃料交渉術、それは、家賃と管理費の割合変更をお願いする、というものです。

具体的にみてみましょう。
家賃7万8,000円、管理費2,000円、計8万円の物件Aがあったとします。K子さんは、現地も見て気に入ったので入居したいと思いました。でも、この物件Aは前の入居者が引っ越したばかりで、長い間空室が続いていたものではありません。少しでも節約したいK子さんは、次のように交渉しました。「すみません。賃料は8万円のままでいいのですが、家賃を7万3,000円に、管理費を7,000円にしていただけませんか?」

今回のケースでは毎月の支払賃料は変わりません。では、どのような効果があるのでしょうか?

部屋を賃貸する場合には、実際の賃料以外にも様々な費用がかかります。その主なものが敷金、礼金、仲介手数料等の入居費用です。敷金は、家主を保護するためのお金です。退居時には原則、入居者に払い戻されますが、賃料の未払いがあったり、不注意により賃貸物件に損傷を与えたりした場合には、敷金から家主にその損害分が支払われます。礼金は、家主へのお礼金です。仲介手数料は、物件を紹介した不動産会社への手数料です。一般的に敷金や礼金はそれぞれ家賃の1~2ヵ月分、仲介手数料は家賃の1ヵ月分が相場です。

では、家主がK子さんの提案を承諾した場合の入居費用を計算してみましょう。仮に敷金、礼金、仲介手数料がそれぞれ家賃の1ヵ月分とすると、交渉前の入居費用は23万4000円(7万8,000円×3ヵ月分)です。それが、交渉後は21万9,000円(7万3,000円×3ヵ月分)となり、1万5,000円の節約となります。敷金や礼金、仲介手数料は賃料全体ではなく、家賃を基準に計算する、というのがポイント。よって、家賃と管理費の割合を変更するだけで、入居費用を大きく節約できるのです。

さらに、家賃と管理費の割合変更は、賃貸契約を更新する際に支払う更新手数料の節約にもつながります。更新手数料も、入居費用同様、家賃を基準に計算します。K子さんの例でみると、もし更新手数料が家賃の2ヵ月分だった場合には、1万円の節約となります。

家主としては、入居時に受取る礼金は減ってしまいますが、敷金はいずれ返却すべきもの。また、なんといっても毎月の賃料収入が変わらないということはうれしいものです。

今回の交渉はPart1の賃料全体の引き下げ交渉よりも、ハードルは低くなるでしょう。入居費用を少しでも節約したいという方は、一度試してみてはいかがでしょうか?

2015.6.15更新

ランキング