職場のコミュニケーション、飲み会よりもおやつが有効?

8212.jpg

 オリジナル菓子の展開などを含めた総合ブランディング事業を手がけるESSPRIDEが、職場でのおやつについての調査結果を発表した。

 調査は職場でおやつを食べられる環境にある20代から50代男女、計600名を対象にしたもの。9月7日から9日にかけてネット上でアンケートを行った。内訳は中間管理職男女各150名と一般社員男女各150名。

 調査では職場でおやつを食べるタイミングや頻度などとともに、職場内のコミュニケーションに焦点を当てており、「仕事帰りに部下・上司と飲みに行きたいか」といった項目も設定している。調査によると「部下と飲みに行きたい」と答えた上司は49%と半数近くに上ったが、一方で「上司と飲みに行きたい」と答えた部下は25%にとどまっており、多くの部下はいわゆる“飲みニュケーション”を望んでいないことが明らかになった。「行きたくない」と答えた部下の理由としては、「プライベートと切り分けたい」「説教になりそう」といったものが挙げられている。

 これに対して、調査でフォーカスしているのがおやつを使ったコミュニケーション。上司・部下のコミュニケーションとしてお菓子をあげたりもらったりすることに対して「良いと思う」と答えた人は、上司で82.7%、部下で72.3%となっており、上司・部下ともにコミュニケーション手段として好感を持っているという結果になっている。「良いと思わない」と答えた層からは「下心に見える」「アレルギーや好き嫌いがあるから」といった意見もあるものの、「良い」とした層は「甘い物はなごむ」「ちょっとした会話ができる」など、気軽なコミュニケーションのきっかけとして評価している。このほか、具体的なエピソードとして、「お菓子を食べながらの談笑が会議の議題のヒントになった」「チームが仲良くなるきっかけになった」といった回答が紹介されている。

 事前調査によると、職場でお菓子を食べることができると答えたのは72.6%。多くの職場で気分転換や疲れを取るためにおやつを食べているという結果になっている。コミュニケーション不足を感じている管理職は、いきなり飲みに誘うよりもお菓子を話すきっかけに使ってみるのもいいかもしれない。

画像一覧

  • 画像はイメージ

提供元

関連記事

関連記事

【就活】学生、女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」

 東京都が中小企業の人材確保を支援する「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」をスタート。それに伴い、情報発信の拠点として、ウェブサイト「東京カイシャハッケン伝!」を開設した。

 同サイトでは製造業やソフトウェア業、建設業などの分野で高い技術を持ち、人材育成や労働環境整備で国などに表彰された企業を紹介。学生や若年層にアピールするため、スマートフォン対応のサイトとした。また、ターゲットのひとつとして女性も重視しており、女性経営者や女性左官らに話を聞く特集コンテンツなど、女性目線を意識した記事も展開している。

 サイト開設と同時に情報冊子「東京カイシャハッケン伝!GUIDE」も発行。学生などに向けて、就職のポイントや企業の紹介記事などをまとめている。冊子は年4回発行を予定しており、うち1回は女性をターゲットにした内容となる。

 東京都ではこのほか、中小企業と若者の交流を目的とした仕事体験ツアー「トーキョー・シゴト・ワゴン」を開催。「身近なヒット商品を生んだ企業特集」をテーマにした9月30日のツアー2回を皮切りに、年14回の実施を予定している。

次の仕事が見つかるまでの「失業給付」は起業準備中でも給付可能?!

キャリアアップやより良い待遇を求めて転職する場合、すぐに転職先が見つかるとは限りません。

その間、失業給付を生活費に充てようと考えている方も多いのではないでしょうか?失業給付は、雇用保険の被保険者が定年、倒産、契約期間の満了等によって離職した場合、失業中の生活を心配することなく新しい仕事を探し再就職するために支給されるものです。週に20時間以上雇用されて働いていると雇用保険に加入できますので、アルバイトやパートの方でも加入しているケースがあります。

失業給付を受けるには、離職の日以前2年間に雇用保険に加入していた期間が、通算して12か月(会社の倒産や自己の特定の理由で離職した人は離職の日以前1年間に被保険者期間が通算して6か月)以上ないといけません。また、働くという意思があると同時にいつでも働ける状態でなければなりません。その確認のため、定期的にハローワークで失業の認定を受けることになります。

雇用保険で受給できる1日当たりの金額(基本手当日額)は離職の日直前の6か月間に支払われた賃金の合計を180で割って算出した金額(賃金日額)のおよそ50~80%程度です。賃金の多い少ないによってあまり差が出ないよう、賃金の高い人には上限額が設けられています。また、給付日数は、退職理由と雇用保険に加入していた期間、年齢などにより、90日~360日の間と幅があります。解雇、倒産など会社理由で退職した人(特定受給資格者)や、やむを得ない自己の特定の理由により退職した人(特定理由離職者)は給付日数が長くなっています。

この失業給付は、別の会社に「就職」する意志がある場合に支給されるものなので、「独立」の意志がある場合は支給対象ではありませんでした。しかし、2014年7月22日、厚生労働省が「求職活動中に創業の準備・検討をする場合」も雇用保険の失業手当の給付対象にするという旨の通達を出しました。つまり、すでに起業している場合や起業しか考えていない場合は対象外ですが、起業を選択肢に入れながら就職活動をしている場合は、給付を受けられるということです。

日本は欧米に比べて起業する人の割合が少ないため、国として生活への不安を減らし、少しでも起業を後押しする政策がとられているのです。この場合、個人事業主として開業届をだしたり、会社を設立したりすると起業準備を終えたとみなして給付を打ち切られます。

起業した場合、事業が安定するまでは貯金を切り崩して生活費に充てることになりますから、失業給付が受けられるのはありがたいですね。ただし、最初の失業給付をもらうまでには7日間の待機期間と通常90日の給付制限期間がありますので、その間の生活費や就職活動にかかるお金はきちんと準備しておきましょう。

非公開: 仕事を通して何をやりたいのか具体的にアピールできること。それがキャリアアップの鍵。

 就活生の人に「何がしたいの?」ときいてみると「営業がしたいんです」とか「企画の仕事をしてみたい」という話をしてくれる人がいます。業界だけでなくこうした業種について考えてみることも確かにとても大切です。

 ただそれを話す上でも、気をつけなければいけないことがあります。

 ◆なぜその職種がいいのか?

 これは当然出てくる質問です。なぜその職種がいいんでしょう。あなたが営業じゃなければならない理由はなんでしょうか?将来起業したいと思っていて、自分がまず商品を売れないと困るから?話すのが上手で、そこなら成果が出せる自信があるから?あなたがその業種を志望する理由をより深堀してみましょう。このとき間違っても「話すのが苦手なので事務がいいです」と、後ろ向きなことは言わないでおきましょう(思っててもね)。

 また、特にメーカーなどで「商品開発をしたい」と話す人が居ますが、新卒ですぐにそういった部署に行く人はあまり多くありません。実際に現場を回って、どんなものが売れるのか、お客さんがどんなものを求めているのかを理解した上で初めて商品を考えることができる、と考えている企業が大半です。

 そのときに、「商品開発じゃなかったらどうしますか?」なんて聞かれることも容易に想像ができます。それについても自分の考えをしっかり考えておく必要があります。

 ◆ 「なぜウチの会社で」営業・企画がしたいのか?

 まず一つ目は業種はそれがいいのはわかったけど、

「うちじゃなきゃダメな理由はなんなの?」

これが最初に面接官が浮かぶ疑問です。営業が必要のない会社の方が少ない中で、「営業がしたい」という理由だけでなぜこの企業を選んだのか?というのは当然出てくる質問です。

 理由として「ここの営業なら自分のスキルを磨けるから」というような答え方をする人もいますが、より具体的に話すことをお勧めします。大半の就活生が似たような答えを準備しているからです。

 理由を聞いたときに「なるほど、それならウチになるね」と思わせる理由が必要です。もし商品やサービスが好きなら、それを表す具体的なエピソードや、その情熱が伝わるくらいの情報量がないと、説得力はありません。

 ◆「営業」や「企画」を通して何がしたいのか?

 そして何より大切なのはその会社の「営業」や「企画」を通してあなたが何がしたいのか、ということです。単に「私は営業がしたいと思っていて、この企業で頑張ろうと思っています。」というのと、「御社のサービスを将来的に海外展開したいと思っていて、力をつけて自らの手で東南アジアで販売したいと思っています。理由は・・・」というのでは全く印象が変わってきます。

 大切なのはその職種を通してあなたが何を実現したいと思っているかです。企業は単に皆さんが好きなことをやるための場所、というわけではありません。あなたが、企業に何をしてくれるのか?ということを問うているわけですから、あなたのやりたいことを通して、企業にどんな貢献をしたいと思っているのかがゴールにないと、あなたを採用する理由がありません。

 「職種」にこだわりがある人もきっといると思います。そのときも、どんなことを意識して話すのがいいのか改めてぜひ考えてみてくださいね。

おしまい

キャリア作りに活用できる補助金・助成金とは?

皆さんはWebサイトを新規で制作したり、リニューアルする時、どのようにしていますか?

「明日までにWebサイトに記事を追加したい!」
「少しだけ変更するので、社内で対応したい!」
「制作コストを抑えたい!」
「思ったより高くなってしまった・・・」

Webサイトの制作・運営で、このように感じたことがある人も多いのではないでしょうか?実際に外部に依頼しても、細かいやり取りで時間がかかってしまったり、想定していたよりコストがかかってしまうこともあるものです。

例えば、皆さんがWebサイトの新規制作やリニューアルを考えているとしましょう。その場合、出来れば社内の人材で対応するか、あるいは外部のサポートを受けながら進めたいか、事前に考えておきたいポイントです。今だと、補助金・助成金も多くあるので、社内の人材を育成し、Webスキルを習得することも可能です。

今回は内部の人材を育成する時に活用できる助成金として≪キャリア形成促進助成金≫を紹介します。この助成金は、労働者のキャリア形成を促進するためのものですが、その中で「政策課題対応型訓練」という区分があります。これは国が重点的に伸ばしたい分野に関して、同じ助成金でも特に手厚く支援するというものです。

<政策課題対応型訓練>
1.成長分野等人材育成コース
2.グローバル人材育成コース
3.中長期的キャリア形成コース
4.熟練技能育成・承継コース
5.若年人材育成コース
6.育休中・復職後能力アップコース
7.認定実習併用職業訓練コース
8.自発的職業能力開発コース

会社の規模によりますが、これらに該当するものであれば『1/2~1/3が補助』されます。助成内容の詳細については、厚生労働省のページをご確認ください。

Webスキル以外にも、グローバル人材を育成するための英語、営業研修なども受講することができます。人材育成に力を入れている会社は、是非チェックしてみて下さいね。

損してませんか?携帯変更の注意点

携帯を新しくしようと考えている方の中には、機種変更するのとMNPで携帯会社を乗り換えてしまう、どちらがオトクなのか迷っている方もいるでしょう。

キャッシュバックやオプションが複雑で迷ってしまいますよね。今回は、夏モデルのスマホに買い替えたいときの注意点についてお伝えします。

1. 一括0円と実質0円は違う
家電量販店やドコモショップなどで見かけるポップ広告などに、「一括0円」や「実質0円」と書いてあるのを見かけたことはありませんか。
実は、この2つ、大きな違いがあります。
一括0円というのは、「今このスマホ端末をMNPで買えば、代金の支払いは0円」という意味で、さらにパケホーダイなどに加入すると、毎月補助料金が別途2年間(24回)もらえます。

一方で、「実質0円」というのは、キャリアからのサポートで実質的には端末代金がかからないというだけで、実際は端末代金の支払いが存在します。「実質0円+3万円キャッシュバック」などとうたっていても、端末はだいたい5~6万円くらいしますから、一括0円のほうがお得だとわかります。

できるだけ「一括0円」と表示されているときに乗りかえるようにしましょう。

2. スマホを買い替えたいときは週末にいこう
スマホの買い替えキャンペーンは、週末に打たれることが多いので、買い替えを検討しているときは週末にお店に足を運ぶようにしましょう。
さらに月末になると、販売ノルマの達成のために、月初めには「一括0円」という条件だったのが、「一括0円+キャッシュバック1万円」などと、さらに条件がよくなっていることがあります。

3. オプションの解約を忘れずに
よくツイッターなどで「今なら一括0円」「最大●万円キャッシュバック」などとうたっている場合がありますが、たいていの場合は留守番電話や動画サービスなどのオプションにすべて加入した場合の料金になっています。
特典をうけるためにオプションにその場で加入したほうがトクですが、後で解約するのを忘れないようにしましょう。利用しないまま契約を続けていると月額料金を余計に払うことになります。

ランキング