女性のためのライドイベント、ビギナー編とステップアップ編開催

2235.jpg

スペシャライズド・ジャパンは、2015年10月初旬に、女性のためのライドイベントを開催する。

今回開催されるライドイベントは、「興味はあるけれど、ハードルが高そう。まず、どうしたらいいの?」「もっとステップアップしたい」という女性の声に答えるイベントだ。イベントは、ライダーのレベルに合わせて、ビギナー編とステップアップ編の2種類開催する。

ビギナー編「はじめてのスポーツバイク、女性のためのやさしいライド」では、スポーツバイクの基本的なレクチャー(またぎ方、こぎ方、ギアの使い方など)を行い、公園周辺を走る。距離は、約15~20kmを予定。ライド後には、ランチを食べながらの青空女子会を実施する。対象は、スポーツバイクに興味のある女性、または購入後半年以内の女性。

ステップアップ編「女性のためのやさしいライド」では、「スポーツバイクをもっと楽しみたい!」という女性をサポートする。スポーツバイクステップアップのためのレクチャーを行い、公園周辺を走る。距離は、約20~30kmを予定。ライド後は、ランチを食べながら青空女子会を実施する。対象は、スポーツバイクに乗った経験のある女性。

どちらも、同社の女性向けロードバイクを用意。愛車での参加もできる。料金は、レンタルバイクあり 4,500円、レンタルバイクなし 4,000円。保険・消費税・ランチ込・土産付き。申込みは、ホームページより行う。また、男性向けスポーツバイクの試乗会も同時に開催。男性と一緒にイベントへ行くことができる。

■日程・開催場所
・10月3日(土)ステップアップ編:宇都宮森林公園(栃木県宇都宮市)
・10月4日(日)ビギナー編:宇都宮森林公園(栃木県宇都宮市)
・10月10日(土)ビギナー編:荒川彩湖公園(埼玉県さいたま市)
・10月11日(日)ビギナー編:荒川彩湖公園(埼玉県さいたま市)

<関連記事>

画像一覧

  • 女性のためのライドイベント、ビギナー編とステップアップ編開催
  • 女性のためのライドイベント、ビギナー編とステップアップ編開催
  • 女性のためのライドイベント、ビギナー編とステップアップ編開催

提供元

関連記事

特集

関連記事

涼しくなってきた今、早朝の自転車通勤を始めてみよう

サマータイムの導入やゆう活で、出勤時間と帰宅時間が早くなったという方もいるかもしれません。

日が長く涼しくなってきた今、朝早く起きれば時間が有効に使えます。また、出勤時間が変わったことで、ちょうどいい時間帯のバスや電車がなくなった! という方もいるかもしれません。

比較的涼しい早朝の時間帯を利用して、これを機に自転車通勤を始めてみるのはいかがでしょうか。今回は自転車通勤のコツについてお伝えします。

1.自転車通勤の距離ってどれくらい可能なの?
自転車通勤に向いている移動距離は、だいたい3キロメートル~10キロメートルというのが一般的のようです。スポーツタイプのバイクで所要時間にしてだいたい10分~40分くらいです。

自転車通勤をする経路を考えるときは、信号や坂の多さや交通量も考えないといけません。信号待ちが多い大通りを多く抜ける場合、予定時間よりも多めに見積もって出発したほうがいいでしょう。10kmくらいの距離なら、渋滞につかまりやすいクルマよりも、早く到着できるようです。

2.自転車通勤は水分補給が必須
夏の自転車通勤は、水分補給を欠かさないようにしましょう。のどが渇いていなくても、汗をかくことで身体から水分が奪われ、熱中症になる可能性があります。

10キロメートル以上を移動するなら、飲み物を持ち運びましょう。自転車にとりつけられるボトルホルダーなら、手荷物が少なくできて快適です。ボトルホルダーには、専用のボトルでなくとも、市販の500mlペットボトルがそのまま入ります。

3.汗対策
自転車通勤の最大の敵は、流れ落ちる汗です。その分ダイエット効果も大きくなりますが、シャワー設備などがない職場の場合、1日中不快な思いをして仕事をするのでは意味がないですよね。

Yシャツや綿シャツの下には、吸湿性に優れた下着をつけましょう。また、職場に着替え用のシャツを用意しておき、到着してから、汗が引いたら一度着替えるようにすれば、汗臭さもなくなりますし、職場の空調の風があたり風邪を引いた……なんてことにもなりません。

自転車事故で多額の損害賠償を求められたら、どうする?

子どもからお年寄りまで、幅広い年齢の人が手軽に乗ることができる自転車ですが、万一事故を起こすと、大きなケガに繋ながったり、他人を傷つける凶器にもなります。自転車事故を起こして、5,000万円~1億円近い損賠賠償を求められた判例もあるほどです。

では、このような万一の事態にどのように備えるとよいのでしょうか?
ひとつは、「自転車保険」に加入する方法です。自転車保険には、主に以下のような補償がセットされます。

1. 入院の補償:1日あたり4,000~6,000円
2. 通院の補償:1日あたり1,000~2,000円(補償がないタイプもあり)
3. 死亡・後遺障害補償:300~500万円
4. 個人賠償責任補償:最大5,000万円~1億円  など
  1~3は自転車に乗っている時だけでなく、歩行中に自転車や車にぶつかった時も補償されます。

「個人賠償責任補償」は日常的な生活の中で、偶然他人に損害を与えた場合に支払うべき賠償金を補償してくれるもの。「日常生活賠償補償」と呼ばれることもあります。他人にケガを負わせた時だけでなく、他人のモノを壊した場合も補償されます。自分のケガや死亡の補償は、他の医療保険や生命保険でもカバーできますが、自転車保険の最大の特徴は、個人賠償責任補償がある点。そのために加入すると言っても過言ではありません。さらに、個人賠償責任保険では、加入する本人の自転車事故以外に、「子どもがデパートでうっかり高級な花瓶を割ってしまった」など、家族が引き起こす日常生活のさまざまな事故も補償してくれる優れものです。人間だけでなく、ペットも対象で、「愛犬が他人に噛みついてケガを負わせた」といった場合も支払われます。その上、保険料は毎月500円程度とリーズナブルですから、入っておくと安心です。自転車保険はインターネットからも簡単に申し込めます。

個人賠償責任補償は、自動車保険や火災保険、またはクレジットカードなどに付帯する保険にオプションで付けられるケースがあります。もしかすると既に付いているかもしれませんので、加入中の保険の内容を確認してみてください。「保険証券」や「契約内容確認書」と呼ばれる書類で調べることができますが、わからなければ保険会社に問い合わせてみましょう。付いていない場合も途中から付けられるケースもあります。月100円程度の保険料を追加するだけで、家族全員が補償されます。入院や死亡の補償がないぶん、自転車保険に加入するより保険料は安くなります。個人賠償責任保険は2つ以上加入していても、ダブルでもらえるわけではありませんので、一家に1つあれば充分です。

2015.5.27更新

ちょっとの手間でバイクまわりの節約が可能に!

■バイク購入時の節約のコツは「よく調べる」こと

モノの価格には2種類があります。業界が設定した固定の金額(書籍やCDなど)で販売しなければならないものと、店舗で販売価格を決められるものです。バイクには、一応メーカー推奨金額がありますが、店舗ごとに販売価格が異なります。

新品を購入するのでしたら、近くの販売店に加え、インターネットで最安値を探してみましょう。しかし、インターネットで検索し、購入する場合、本体価格が安いのに、「名義登録」や「納車手数料」などが高額だという場合があります。そういった場合は、しり込みせずにインターネットの店舗であろうとメールや電話をして積極的にコミュニケーションをとりましょう。不明点をすべて取り除き、しっかりと節約を意識して店舗を決めることが大事です。

上のことは、インターネットの個人販売においても同様のことが言えます。バイク本体購入にかかるあらゆる金額を把握してから購入しないと、個人の場合は店舗での購入よりもトラブルが多くなりますので気をつけましょう。

■整備を自分で行うことで年間約1万円の節約になる

バイクの整備や修理には非常に多くの金額がかかるケースがあります。バッテリーやブレーキパッドなど、割高な部品部分は安価で購入するために徹底的に調べましょう。

ちなみに、通常、自動車であれば4000円以内で済みますが、バイクの場合は7000~12000円程度かかります。交換時期は車とほぼ同様。ブレーキパッドも2000~5000円程度ですが、自動車と比べると、交換時期が10000キロと交換周期が短いため、割高な部品です。

その他の消耗品に関しても、バイクの場合、自動車に比べると交換時期が早く訪れます。そのつど、整備を自分でしっかりと行うことで、適宜節約をすることができるのです。

一般的な点検量を年2万円程度とすると、自身で行うことで半額程度には節約できますで、ぜひ実践してみましょう。

インターネットで手続き完了カンタン自動車保険発売!10月20日より東京海上日動

東京海上日動火災保険は、インターネット経由で申込み手続きが完結する自転車利用者向け保険「eサイクル保険」を10月20日から発売すると発表した。

eサイクル保険は、自転車事故をはじめ、自転車運転中以外の交通事故などによるケガも補償する。家族も含め、日常生活上での賠償事故も補償するほか、賠償事故の示談交渉を原則、同社の担当者が契約者に代わって実施する。

補償内容の異なる3つの契約プランを用意。契約者の家族構成によって家族型・夫婦型・本人型の3タイプから選択できる。申込み手続きは、パソコン・タブレット・スマートフォンを通じ、「eサイクル保険」を取り扱う東京海上日動の代理店ホームページ経由か募集チラシのQRコードを経由し、インターネット上で完結する。

保険料の払込方法は、クレジットカード払いか、コンビニ払いから選択する。

一時払保険料は2290~1万1620円。

バイク乗りならでは!「カード選び」、「道路選び」でガソリン代を節約

バイク乗りにとって非常に気になるガソリン代。

そもそもガソリン代が安いスタンドで給油するのがもっともいい方法ですが、実際はどこも似たり寄ったり。それでも、自分でできる節約の方法がいくつかあります。

■各種カードを利用する
ガソリンスタンドで使えるお得なカードがあるのは多くの方がご存知でしょうが、それぞれに特色があります。例えば、「出光カードまいどプラス」です。このカードを利用すれば、出光のサービスステーションで代金を支払った場合、ガソリンが1リットル毎2円引きになります。余談ですが、ETC機能もつけられるので、バイクで高速道路を走るときなど、ロングツーリングにも最適です。また、このカードは年会費無料ですので、バイク乗りは持っておいたほうがいいでしょう。

また、「JCBドライバーズプラス」ですが、このカードを利用するだけで、全国どこのガソリンスタンドでも最大30%キャッシュバックという特典があります。

・利用金額 0~3万未満 0%
・利用金額 3~5万未満 2.5%
・利用金額 5~7.5万未満 5%
・利用金額 7.5~10万未満 7.5%
・利用金額 10~15万未満 10%
・利用金額 15~20万未満 15%
・利用金額 20~25万未満 20%
・利用金額 25~30万未満 25%
・利用金額 30万以上 30%

その他、シナジーカード・シェル スターレックスカード・コスモ・ザ・カード・JOMOカードプラスなどいろいろなカードがありますので、ご自身のバイクライフに合わせたカードをお持ちください。

■「道路の確認」をしっかりと行う
基本的なことですが、頻繁にバイクを乗る方にとても重要なのは、目的地に向かうためにしっかりと道を把握することが大事です。道が混雑していないか、道はしっかりと整備されているかなど。一時停止が多かったり、加速、原則が多くなることで、ガソリンはどんどん消費されていきます。できるだけストレートな道を選ぶことで、ガソリンの消費を抑えることができます。

※例えばこんな風に考えましょう!
1.10回の急加速をやめるだけで、約110ccのガソリンの節約になる。
2.エンジンブレーキを使用、時速40キロで1分間、下り坂を走行すれば、 エンジンブレーキを使わない走行に比べて、約15ccのガソリンの節約になる。
3.10分間のアイドリングをやめるだけで、約140ccのガソリンの節約になる。

ランキング