敬老の日に考える「介護」、意識調査を元にした介護ビジネスのニーズは?

2142.jpg

 「保険クリニック」を運営するアイクリックコーポレーションは18日、40~60歳を対象とした「親や自分の介護」に関するアンケート調査の結果を発表した。

 親との同居については、「同居したい」20.1%、「同居したくない」48.9%、「既に同居している」31%という結果に。一方、親の介護についての心配は、「心配」42.8%、「心配はない」8.6%、「まだわからない」39.8%、「既に介護をしている、したことがある」8.8%という回答が寄せられた。

 親の介護についての心配事は、「介護にかかる費用」77.8%、「介護にかかる時間」67.6%、「家族への負担」(60%)が上位になっている。また、親が介護状態になった場合の対処は、「介護施設に入所させる」35.6%、「自分で在宅介護する」31%という回答が多かった。

 そこで「自分ができる親への介護の種類」を尋ねると、「買い物」「掃除」「洗濯」「食事の準備」「送り迎え」「食事の介助」「衣類の着脱介助」が多かった。しかし、「何もできない」という回答も24.5%、つまり4人に1人となっており、「介護サービス」に頼らざるをえない現状がうかがえる。

 なお、自分の介護についての心配は、「心配」42.4%、「心配はない」7.6%、「まだわからない」50%。自分が介護状態になった時、誰に介護してほしいかを尋ねると、「介護職員」36%、「誰にもして欲しくない」34%、「配偶者」28%となった。

 親を介護する際の介護にかかる費用、時間、家族への負担といった心配を解消できるようなサービス。さらには、自分ができない親への介護に対するサービスなど、今回の調査結果から介護ビジネスのヒントを見出したい。

画像一覧

  • 画像はイメージ
  • 親の介護についての心配事
  • 親が介護状態になったときの対処法
  • 自分が親にできる介護の種類

提供元

関連記事

関連記事

敬老の日にかける慶弔費の相場はいくら?マナーとその由来を知っておこう!

たとえ生活のあらゆるものを節約をしていても、手を抜くべきではないのはお付き合いの費用とよく言います。9月は21日(月)に敬老の日がありますよね。日ごろからやさしくしてもらっているおばあちゃん、おじいちゃんになにか贈り物をしたいと考えている方もいるのでは。

今回は、そうした方に向けて敬老の日の由来やプレゼントにかける慶弔費などを調べてみました。

1.9月と長寿のつながりには長い歴史がある
はるか昔中国では、もっともめでたい数である「9」が並ぶ9月9日を「重陽の節句」として盛大にお祝いしていました。おめでたい菊の花をうかべたお酒を飲み、グミの実を袋に入れて野山に登って長寿を願ったといいます。この習慣がやがて日本にも伝わり、平安時代の貴族などもこの日に菊酒を飲んで長寿を願っていたといわれています。このように、9月と長寿のつながりには長い歴史があるのです。

敬老の日は、以前は9月15日だったと記憶している方も多いかもしれません。2003年以降、祝日法の改正、いわゆる「ハッピーマンデー」の実施で、「9月の第3月曜日」と定められたのです。

9月15日が敬老の日とされた理由には、「聖徳太子が悲田院(今の孤児院や老人ホーム)を設立した日」などの由来があると言われています。
現代の敬老の日の発祥は、1947(昭和22)年兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)がこの日を「としよりの日」と定めたことが始まりのようです。

2.敬老の日のプレゼントの相場は?
敬老の日のプレゼントの相場は、だいたい3000~5000円くらい、平均すると4000円程度というものが多いようです。

お花やお菓子といった定番のほか、家族がそろって祖父母を訪ねて食事に行くという家庭もあるようです。今年の敬老の日はシルバーウィークの五連休のちょうど中日です。今年はぜひ、プレゼントを携えて、普段は遠く離れているおばあちゃん、おじいちゃんを訪ねていってはいかがでしょうか。喜ばれることまちがいなしです。

敬老の日に何しよう?喜ばれるプレゼントランキング!

2015年9月21日は敬老の日です。敬老の日は以前は9月15日でしたが、いわゆる「ハッピーマンデー」の実施で、9月の第3月曜日とされています。

今年の敬老の日はちょうどハッピーマンデーの中日。日ごろは遠く離れているおじいちゃん・おばあちゃんの家をプレゼントを携えて訪ねてみてはどうでしょうか。

今回は、敬老の日に贈りたい人気のプレゼントについて紹介します。

1.おじいちゃん・おばあちゃんに贈って喜ばれたプレゼントランキング
ネット通販比較サイトの「価格ドットコム」の調査によると、敬老の日に贈って喜ばれたプレゼントのランキングは以下の通りです。

【おじいちゃんに喜ばれた敬老の日のプレゼント】
1位:お酒
2位:花
3位:和菓子
4位:洋菓子
5位:デジタルグッズ

1位はお酒。お酒は「百薬の長」といいますし、元々9月には菊の花を浮かべたお酒を飲んで長寿を願う風習もありました。飲み過ぎには注意ですが、敬老の日とお酒は切っても切れない縁があるのかしれません。また、5位にデジタルグッズがランクインしているのも時代を感じさせます。デジタルおじいちゃんが増加しているのでしょうか。

【おばあちゃんに喜ばれた敬老の日のプレゼント】
1位:花
2位:洋菓子
3位:和菓子
4位:バッグ
5位:財布

花やスイーツ、おしゃれ小物など、女性が喜ぶ王道のプレゼントがランクイン。お花を贈られるのは、やはり女性にとっていくつになっても嬉しいものですよね。洋菓子のほうが和菓子よりも上位にきているのは時代の流れでしょうか。

2.相場は3000~5000円、のしをつけるなら「蝶結び」で!
敬老の日のプレゼントの相場はだいたい3000~5000円程度が中心価格帯のようです。
また、のしを必ずつける必要はありませんが、つけるとより格式が高くなります。のしを付ける場合は必ず「蝶結び」ののしをつけてください。蝶結びののしには、「これからもお祝いを何度も繰り返せますように」という意味があります。

30代から始めよう!節税しながら老後資金ゲット!~個人年金保険~

「リタイア後、悠々自適に過ごしたい人~?」
当然全員が「YES!」ですよね。では、この質問はどうでしょう。
「悠々自適に過ごす“自信”がある人~?」
手をあげる人が、ずいぶん減るのでは・・

長寿の国ニッポン。長生きは嬉しいものの、お金に不安を感じるのも本音。特にこれからの時代、国からもらう年金は更に厳しくなりそうです。そこで今回は、リタイア後のためにコツコツ積立をしながら、節税メリットが受けられる「個人年金保険」を紹介します。

まず、個人年金保険とはどのようなものでしょうか。
これは、自分で積み立てたお金を、将来、年金形式で受け取る貯蓄型の保険です(希望すれば一時金で受け取ることも可能)。

「貯蓄が苦手」「せっかく貯めても直ぐに引き出してしまう」という人も大丈夫!毎月、口座引き落としで強制的に積み立てるので気付かぬうちにお金が貯まり、途中解約すると損になるため、解約のハードルが高くなり、長期で貯めるには持ってこいです。

受取期間を自由に設定できるのも魅力。現在30代の人が、60歳で定年退職を迎える場合、国からの年金開始は65歳となるので、恐怖の無収入期間が5年もあります。リタイア後に再雇用で勤めても、現役時代より収入が減る人が大半。そこで、若いうちから個人年金保険で積立し、60歳から受け取れるようにしておけば5年間の収入減を補うことができるのです。

さらに、すでに他に生命保険に加入していて節税の枠をつかっていたとしても一定の要件を満たした契約なら、別枠で節税メリット(個人年金保険料控除)が受けられることも大きな魅力。

例えば、30歳で年収400万円(※)の会社員が、A社の個人年金保険で毎月11,710円(年間140,520円)を積み立てた場合、年末調整時に受けられる所得税の還付金と翌年の住民税の軽減分を合わせると4,800円の節税になります。現在は超低金利で個人年金保険そのものの利回りは高くはありませんが、節税分を「利息」と捉えるなら、約3.4%で運用しているのと同じ効果。積立ての魅力がアップしますね。(※妻、小学生2人を扶養している場合。)

ただし、節税メリットがある個人年金は以下の要件を満たしていることが必要です。
<個人年金保険料控除の税制適格要件>
・年金の受取人は、契約者または配偶者
・年金受取人が、被保険者と同じ
・保険料の払込期間が10年以上
・5年とか10年といった一定期間だけ年金を受け取れる確定年金の場合、60歳以降に受取を開始し受取期間が10年以上

もうひとつ注意が必要なのは、将来の金利上昇です。一般的な個人年金保険は、契約した時点の金利(予定利率)が期間中ずっと適用されるため、現在のような超低金利時に加入すると不利になる傾向があります。金利上昇に対応したい人は、定期的に金利(予定利率)を見直してくれる「積立利率変動型」の個人年金保険や、為替リスクはありますが「ドル」や「豪ドル」など、日本より金利が高い国の通貨で積み立てる「外貨建て個人年金保険」を選ぶのもいいでしょう。

「リタイア後、悠々自適に過ごす“自信”がある人~?」
上手に節税しながら未来に備えましょう!

終身タイプと定期タイプの医療保険、どちらを選択する?

「◎◎の医療保険、入院1日あたり5千円、1回の手術5万円」と同じ商品で、同じ内容でも、保険料が随分違うというケースがあります。

これは、“終身タイプ”と“定期タイプ”の違いです。終身タイプは生きている限り保障が続き、加入時の保険料は最後まで変わりません。一方、定期タイプは10年毎に自動更新していき、保険料は更新時にアップしていきます。同じ年齢・性別で比べると、保険料が安いのは定期タイプ。では、どちらを選択するといいのでしょうか?

30歳の男性がA社の医療保険に加入するケースで、2つのタイプの保険料を80歳まで比べてみました(グラフ1)。終身タイプはずっと変わらず横一直線。定期タイプは、階段式に上がっていき、50代で終身タイプを超えます(保険料水準が今と変わらない前提)。さらに、80歳までの50年分の保険料を比べると、終身タイプの方が約43万円も少ない見込みです。同じ商品にずっと加入し続けるなら、最初は高くても終身タイプに加入する方が、結果的に支払う保険料は少ないと言えます。

では、定期タイプが完全に負けているかといえば、そうではありません。同じケースで、ある年齢までに保険料をいくら払うことになるかという累計額で比べると、67歳くらいまでは定期タイプの方が安いことがわかります(グラフ2)。

もしもあなたが、「貯蓄がない今のうちは保険に頼りたいけど、お金が貯まったら保険はいらない」と考えるなら、定期タイプに加入して、65歳くらいまでに解約する方が合理的。また、最近は医療技術が進んだことや国の方針などから、入院期間が短くなっています。このような状況にマッチした、新しいタイプの医療保険が今後発売される可能性もあります。そのタイミングで、新しい保険に入り直そうと考えるなら、今は安い定期タイプに加入しておく方が賢明と言えるでしょう。ただし、同じ保険会社であっても、新しい保険に加入する場合は、健康状態を問われますから、健康でなければ入れない点は注意が必要です。

今の時点で、一生涯持ち続ける保険を選ぶなら終身タイプ。40代までに見直すか、または将来は不要と考えるなら、定期タイプを選択するといいでしょう。がん保険でも同じことが言えます。

退職後の無保険に注意! 退職後は健康保険の任意継続か国保加入を

サラリーマンは会社を辞めると退職の翌日から健康保険が使えなくなります。

ちょっと風邪を引いたくらいでは病院に行かなくても済みますが、ひょっとして事故にあったり、大きな病気になったりした場合は大変!

特に子供がいる場合、病院にかかるのは日常茶飯事なのに、パパやママの健康保険が使えないと一大事です。

そこで退職後すぐに手続きをしておきたいのが健康保険の手続き。収入が少なければ親など家族の扶養に入ることもできますが、今回は扶養してもらう家族がいないという前提で話を進めますね。

独立や転職活動のため退職する場合はいったん会社員という立場を離れますので、通常は国民健康保険に加入することになります。国民健康保険の保険料は市区町村によって保険料率や計算方法が異なりますし、収入や家族構成によっても違ってきますので、実際の保険料は問い合わせて確認する必要があります。いざ、自分で直接払うことになって、その保険料の高さに驚くはずです。会社員の時は、一体いくら健康保険料を払っていたのか、給与明細に書かれてはいますが、覚えていない方がほとんど。天引きされているので負担感をあまり感じませんからね。

でも、保険証さえあれば自己負担3割で医療を受けられる日本の健康保険制度、実は世界に誇れる制度なのです。アメリカで病院にかかると、ものすごい金額を請求されますからね。日本の場合は「国民皆保険」が前提ですから、保険料が高くてもしっかり払っておきましょう。

国民健康保険加入の他に、前の会社の健康保険にそのまま残る「任意継続」という方法もあります。退職して独立しようとしているのに、前の会社の制度を利用できるなんて、結構おいしい話ですよね。退職した前日までに継続して2か月以上働いていることが前提で、退職後20日以内に健康保険組合や協会けんぽでの手続きが必要になります。退職後2年間は継続できますが(再就職して新しい会社の健康保険に加入したら資格を失う)、保険料は会社負担分を自分で支払うことになるため、会社員時代の約2倍となります。それでも、国民健康保険より安く済む場合もあるのでチェックしてみましょう。

バリバリ働くためには、体が資本です。健康保険の任意継続、国民健康保険どちらがオトクかしっかりチェックし、リスクに備えておきましょう。

2015.5.13更新

ランキング