若者9割「やばい」は「とても素晴らしい」…うざい、デパ地下浸透

2358.jpg

 「やばい」を「とても素晴らしい」という意味で使う10代が9割に達することが9月17日、文化庁が発表した平成26年度「国語に関する世論調査」の結果からわかった。新しい複合語や省略語では、「デパ地下」や「クールビズ」などの認知度が高かった。

 調査は1~2月、全国16歳以上の男女を対象に個別面接方式で実施。1,942人から回答を得た。

 「やばい」は、本来は「不都合」「危険」などの意味で用いられるが、26.9%は「良い」「おいしい」「かっこいい」など「とても素晴らしい」という意味で言うと回答した。平成16年度の調査結果と比較すると、8.7ポイント増加した。

 年齢別では、年代が低いほど、「やばい」を「とても素晴らしい」という意味で言う人が多く、16~19歳では91.5%にのぼった。20代は79.1%、30代は53.9%だった。

 また、よいか悪いかの判断がつかないときに「微妙」という人は66.2%。もっとも高い20代では97.0%に達した。16~19歳(93.2%)や30代(91.8%)でも9割を超えた。

 面倒くさいことや不快感・嫌悪感を表すときに「うざい」と言う人は20.0%。年代が低いほど言う人の割合が高くなる傾向にあり、16~19歳では78.0%であった。

 一方、新しい複合語や省略語については、「婚活」「イクメン」「女子力」「デパ地下」「大人買い」「クールビズ」の6つの言い方を調査。「聞いたことがある」は、「婚活」が93.8%ともっとも高く、「デパ地下」92.3%、「クールビズ」90.8%と続いた。「使うことがある」は、「デパ地下」の49.7%が最多、ついで「クールビズ」44.1%だった。

 このほか、慣用句などの意味・使い方では、「枯れ木も山のにぎわい」について、本来の意味である「つまらないものでも無いよりはまし」(37.6%)より、本来とは違う意味とされる「人が集まればにぎやかになる」(47.2%)を選択する人の方が多かった。本来とは違う意味を選択した人は、平成16年度の調査結果より11.7ポイント増加した。

画像一覧

  • 使うことのある言い方か
  • 「やばい」の使用頻度
  • 「微妙」の使用頻度
  • 「うざい」の使用頻度
  • 聞いたことのある言い方か、使うことのある言い方か
  • 「婚活」の認知度と使用頻度
  • 「デパ地下」の認知度と使用頻度
  • 「クールビズ」の認知度と使用頻度
  • どちらの意味だと思うか
  • 「枯れ木も山のにぎわい」の意味

提供元

関連記事

関連記事

損してませんか?携帯変更の注意点

携帯を新しくしようと考えている方の中には、機種変更するのとMNPで携帯会社を乗り換えてしまう、どちらがオトクなのか迷っている方もいるでしょう。

キャッシュバックやオプションが複雑で迷ってしまいますよね。今回は、夏モデルのスマホに買い替えたいときの注意点についてお伝えします。

1. 一括0円と実質0円は違う
家電量販店やドコモショップなどで見かけるポップ広告などに、「一括0円」や「実質0円」と書いてあるのを見かけたことはありませんか。
実は、この2つ、大きな違いがあります。
一括0円というのは、「今このスマホ端末をMNPで買えば、代金の支払いは0円」という意味で、さらにパケホーダイなどに加入すると、毎月補助料金が別途2年間(24回)もらえます。

一方で、「実質0円」というのは、キャリアからのサポートで実質的には端末代金がかからないというだけで、実際は端末代金の支払いが存在します。「実質0円+3万円キャッシュバック」などとうたっていても、端末はだいたい5~6万円くらいしますから、一括0円のほうがお得だとわかります。

できるだけ「一括0円」と表示されているときに乗りかえるようにしましょう。

2. スマホを買い替えたいときは週末にいこう
スマホの買い替えキャンペーンは、週末に打たれることが多いので、買い替えを検討しているときは週末にお店に足を運ぶようにしましょう。
さらに月末になると、販売ノルマの達成のために、月初めには「一括0円」という条件だったのが、「一括0円+キャッシュバック1万円」などと、さらに条件がよくなっていることがあります。

3. オプションの解約を忘れずに
よくツイッターなどで「今なら一括0円」「最大●万円キャッシュバック」などとうたっている場合がありますが、たいていの場合は留守番電話や動画サービスなどのオプションにすべて加入した場合の料金になっています。
特典をうけるためにオプションにその場で加入したほうがトクですが、後で解約するのを忘れないようにしましょう。利用しないまま契約を続けていると月額料金を余計に払うことになります。

非公開: 「愛 or お金、どっちを選ぶ?」マネギャルのケツ論

マネギャルのケツ論、第5回のテーマは「愛 or お金、どっちを選ぶ?」。
昔から色々な所で議論されるこのテーマ、マネギャルたちはどうこのテーマを料理するのか?

愛、お金、できればどちらも欲しいものですよね。
そんな欲張りな気持ちを代弁してくれるかのような熱い議論、お楽しみ下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『愛 or お金、どっちを選ぶ?』

左からフウカ、シエナ、キョン

キョン「なんか、今回のテーマが、愛とお金どっちを取るみたいな感じ」
シエナ「え〜〜」
キョン「らしいんだけど、どうするぅ?」
フウカ「愛か金か、、、金? 両方欲しいけれども。」
キョン「ね。欲張って言えばね。そうだよね。」
フウカ「いや、でも私はお金派。やっぱり」
シエナ「ハヤッ(笑)」
キョン「早い、早い」
フウカ「だって、愛ってもしかしたら一時的なモノかもしれないじゃん?」
キョン「あ〜、まぁそうね。」
フウカ「お金は裏切らないって言うし」
キョン「あ〜、確かに確かに」
キョン「でも私は愛だなぁ、やっぱり。一杯お金があっても、ほら、例えば
    家帰って来ないとか、例えば自分に使ってくれないとか、なんかこう
    浮気ばっかりして、みたいな感じとかで、ほらこう、魔物だからさお金はさ。
    だから、愛がある人の方が、なんかこう心身の安定に繋がる」
シエナ「こう、よく考えると、どのぐらいのお金、どのぐらいの愛?」
フウカ「逆にお金が全く無くて、チョー貧乏でその日暮らしみたいね生活を
    人生80年愛だけでやっていける?」
キョン「それはそれで辛いけど〜、え、でもなんか、嫌いな人と一緒いいるのがいいのか
    その、愛がある人と一緒にいるのがいいのかだと、最終的にはそうやって、
    愛がある人と一緒にいた方が良かった。みたいな」
フウカ「じゃあ、愛派?」
シエナ「ん〜〜」
キョン「私は愛派かなぁ、なんか。でも(シエナ)さっきどっち共欲しいみたいなこと
    言ってたじゃん。」
シエナ「なんか、やっぱり私はワガママだから両方じゃないといけない」
キョン「両方(笑)。まぁね、それに越したことはないよね。」
シエナ「あの、なんかどっちか選ぶか、なんとも言ってもどっちか選べなくて、
    いつも両方じゃ無いと選べない」
キョン「でも、なんかお金がマジで本気で無いだと、例えば一杯のかけ蕎麦レベルだとか、
    二人で富士そば行っても一杯のかけ蕎麦しか頼めないレベルみたいな、だと辛いよね。
    富士そばすら高いみたいな、なんかさ小諸そば行こうとかさぁ。小諸そば一番安いんだけどさ、
    小諸そば行こうよとか言われたら、ちょっと100年の恋も冷めるかなぁみたいなの、
    限度はあるよね。」
フウカ「(きょん)それでも愛?(シエナ)それでも愛?」
キョン「でもやっぱ色々選択出来るからやっぱ金かなぁ。やっぱ愛だとちょっとの選択しかないじゃん。」
シエナ「金だったらなんでも出来るじゃん?」
フウカ「お金で愛も買えるかもしれないよ?(笑)」
キョン「抱きしめられるだけじゃ金生まれないからね」
フウカ「金があって温もりも生まれるってことで」
キョン「じゃあウチらの結論は「世の中金!」色々選択し持てるからね。」
フウカ「今だけの話じゃないから、お金は」
キョン「そうだね。」
フウカ「5年後、10年後頑張ってみんな断片して行って頑張りましょう」
キョン「諭吉握りしめて嚙みしめる!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

シルバーウィークに出発!割安で楽しめる秋のバスツアー

今年のシルバーウィークは5連休! ということで、お出かけを計画されている方も多いのでは。

でも、個人で旅行をしようと思うと、交通費(電車賃、クルマならガソリン代、高速料金、駐車場代など)、食事代、行楽地の入場料、お茶代、お土産代……など多くの出費が必要です。また、クルマでいくと、せっかくのお休みなのに、運転手がお酒を飲めなくなってしまうということも。

そこで、割安に旅する手段として検討したいのが、バスツアーです。お得感満載のバスの旅を紹介します。

1. バスツアーが若者やカップルにウケている!
バスツアーというと、中高年の参加者が多いイメージはありませんか。しかし最近、若者やカップルでの参加も増えているというのです。
その理由はまず、「若者のクルマ離れ」。クルマを持っていない若者が増えたので、移動手段込みのお出かけとして、バスツアーが選ばれているのです。バスであれば、座っているだけで目的地までつれて行ってくれますし、車内ではおしゃべりしたり、お菓子を食べたり、眠ったりとリラックスすることができます。また、人気の秘密はバスツアーの特徴でもある「安・近・短」にあるようです。旅行に行くとなるといろいろ準備がめんどうだし、お金もかかる……でも、多くのバスツアーなら日帰りでちょっとした旅行気分が楽しめるので、そういった点でも最近の消費傾向とマッチしているようです。

2.最近人気のバスツアーは、どういったもの?
最近人気のバスツアーは、「アウトレット」「イルミネーション」「食べ放題」というキーワードが入ったもの。食べ放題も、スイーツ食べ放題から、果物狩り、すし食べ放題、カニ食べ放題……というように、予算や目的地にあわせてさまざまあります。秋であれば、シーズン真っ盛りの梨狩りやブドウ狩りが人気のようですよ。
バスツアーであれば、参加料金だけ払えば、オプショナル料金を除いて観光地や食事場所での支払いがいらないので、お財布を気にせず目いっぱい楽しむことが出来ます。

500万円も差が出る!?住宅ローンは見直せる!

夢のマイホームを手に入れてからも続く毎月の返済。決して安いとはいえない住宅ローンに四苦八苦している方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために自宅をいちど売り払って新しく住宅を購入する“買い換え”や、住宅ローンを別会社に変更する“借り換え”が注目を集めています。現在の家計を見直してやりくりし直そうと思うなら、このような決断も必要。買い換えやローンの借り換えでも、しっかり“得”をしたい方へのアドバイスをまとめてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
絶好のタイミングを見逃すな! 住宅ローンの借り換えで数百万円の節約も!!
『このレシピを実行して3,660,000円貯まる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

住宅を購入した後でも定期的にしておきたいメンテナンス。これは住居の修繕箇所を見つけることだけでなく、住宅ローンについても同様です。定期的に住宅ローンをメンテナンスし、必要なら迷わずに“修繕”することが大切。住宅ローンの借り換えで得するなら、多少の手間とコスト(手数料)がかかるとしても決断するべきです。

☆レシピ実行3,660,000円
★5,000,000円円まで残り1,44,000円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
見た目の金利に騙されるな!住宅ローンのクセを知ろう
『このレシピを実行して670,000円貯まる』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

住宅ローンの見直しをするときに気にしておきたいのがローンの返済プラン。デフレ期のときにローンを組んだからといって、インフレ期にも同じことが通用するとは限りません。ケタ違いの借金をする住宅ローンだからこそ、今の時代の景気を肌で感じて「固定」か「変動」かを見極めたいところです。

☆レシピ実行3,660,000円
★5,000,000円まで残り770,000円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そのローンプランは危険?! 月々の返済額に騙されるな!
『このレシピを実行して1,820,000円貯まる』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

景気に連動することですが、自分の収入をあまり過信しすぎないのも重要なこと。住宅ローンを再検討するときに、返済期間の見直しやボーナス併用が有効なのかどうかも再検討する必要がありそうです。

☆レシピ実行1,820,000円
★5,000,000円まで残り-1,050,000円

住宅ローンを組んでいれば、「マイホームを買ったら即終了!!」という訳にはいきません。これからも続く住宅ローンを軽減させるには、つねに最新の情報に触れてお得かどうかを判断するのが必要です。そのためには、現在の自分の身の丈に合った返済プランを考慮しつつ、自宅の買い替えやローンの借り換えを見直すことが重要。それを心がけておくことで、今まで以上に幸せな住宅マネープランが待っています。

大丈夫?「マイナンバー制度」対応、中小企業の準備完了は1.3%

 10月からスタートする「マイナンバー制度」への対応として、準備が完了している中小企業は1.3%に留まるという調査結果が明らかとなった。

 国民に番号を割り振り、年金や納税等の情報を一元管理する「マイナンバー制度」。ソリマチ株式会社では今回、全国の中小企業・個人事業者1540名を対象として、8月下旬から9月上旬にかけて、同制度への対応状況に関するリサーチを実施した。

 「『マイナンバー制度』への対応を進めていますか?」との問いに対し、「完了している」と回答した事業者はわずか1.3%。「取り組んでいる」「始めたばかり」との回答も合計19%に留まり、中小企業・個人事業者の同制度への取り組みが円滑に進んでいない事が分かる。

 また「『マイナンバー制度』についてご存知ですか?」との問いには、62%が「大体知っているが詳細はわからない」と回答。「十分知っている」との回答は8%のみとなり、制度自体の周知も未だ行き届いていないのが現状のようだ。

 同制度への対応に費やす概算予算について、具体的な金額で最も多かったのは「3万円未満」。「企業にとってメリットを感じない」「面倒と感じて対応が後回しになる」というコメントも寄せられており、中小企業・個人事業者がマイナンバー制度に対応するメリットが見いだせない現状が浮き彫りになっている。

ランキング