社債投資で押さえておきたいポイント

1925.jpg

このレシピを実行して

75,000貯まる!
<材料>

・すぐには使わないお金 10万円~

<Point>

1メリットは、預金に比べて高い利回り。

2途中でやめられないと考えておくべき。

3リスクが集中しすぎないように注意。

※100万円で期間5年の社債に投資。100万円×1.5%×5年=7.5万円(税引き前受取利子

将来のことを考えると資産運用について考えた方がいいとは思うけれど、リスクの大きい株式投資や投資信託への投資には抵抗がある。でも、このまま預金に預けていても一向に増えないし、、、。
こんな漠然とした思いを持っている人は多いですよね。

初心者やリスクの大きい投資に抵抗のある方には、運用手段の1つとして債券投資お勧めしています。

今回は、その債券の中でも社債への投資について紹介します。

社債とは、企業が設備投資などの事業資金を調達するために発行する債券のことです。
多くは機関投資家向けに発行されていましたが、最近は個人投資家でも購入できるように最低購入単位を10万円程度に小口化した「個人向け社債」が発行されています。

社債投資の主なメリットは、以下の3つです。
・預金に比べて利回りが高い。
・企業が破綻したり、期日に元本を返済できない事態にならない限り、損をしない。
・満期と利率が事前に決まっている。

一方で、社債投資における注意点も3つあります。
・大きい利益は狙えない。
・売却しにくい(途中でやめられない)。
・信用リスクが集中する。

個人向け社債は原則的に、元本割れせずに解約することも、他の投資家に売却することもできません。どうしても売りたければ購入した証券会社などに不利な条件で買い取ってもらうことになります。また、その会社に万が一のことがあると大きな損失が発生してしまうため、リスク分散が出来ていません。

資産運用の世界にある格言の一つに「卵はひとつのかごに盛るな」というものがあります。特定の商品だけに投資をするのではなく、複数の商品に投資を行い、リスクを分散させようということですが、社債に投資をする際にも念頭に置き、自分の資産の中であまり大きな割合にならないように気をつける必要があります。

また、個人向け社債を発行している企業は少なく、情報も十分にはありません。
満期までの年数と信用力に応じて利率が決まるため、同程度の期間の債券や同程度の信用力の債券が存在しないと比較検討も出来ません。この点にも注意が必要です。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

高橋忠寛 (たかはし ただひろ) ファイナンシャル・プランナー (CFP®)

株式会社リンクマネーコンサルティング代表取締役  http://link-money.co.jp/ ファイナンシャル・プランナー(CFP®)・日本証券アナリスト協会検定会員(CMA) 上智大学経済学部経済学科卒業。東京三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)、シティバンク銀行での10年超の銀行勤務を経て、2014年9月に独立。金融商品の販売には関わらない完全に独立した立場で資産運用や保険、相続について総合的なアドバイスを提供している。 著書『銀行員が顧客には勧めないけど家族に勧める資産運用術』(日本実業出版社)

高橋忠寛

関連記事

特集

関連記事

債券投資のポイント、格付とは?

ズバリ格付とは、その債券の安全度・信用度をはかる指標です。

“信用力に懸念はあるが利率の高い債券” vs “信用力は高いが利率の低い債券”
あなたなら、どちらの債券に投資しますか?

今回は債券投資の判断材料となる格付について確認していきたいと思います。
債券の格付は、元金と利金の支払いの確実性を「格付会社」が評価し、その度合いをランク付けしています。
代表的な格付け会社は
・格付投資情報センター(R&I)
・日本格付研究所(JCR)
・ムーディーズ(Moody's)
・スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)
・フィッチ(Fitch Ratings)
になります。

付与される格付けの最上位格は『AAA』で、最下位格は『C』となり、全部で9段階の表記になります。また、AA格からCCC格については、1つ上位の格付に近いものにプラス、下位の格付に近いものにマイナスの表示をすることがあります。

一般にBBB以上の格付を「投資適格格付」、BB以下を「投機的格付」といいます。
ただし、投資適格格付の債券には債務不履行(デフォルト)リスクがないことを保証するものではありません。また、投機的格付の債券に投資してはいけないということでもありません。
投資するかどうかは投資家が「リスクに見合うリターンがあるかどうか」をどう判断するかによるといえるでしょう。

格付の注意点は、あくまで第三者である格付会社による意見であり、絶対的な投資尺度ではないということです。
また、同じ債券でも格付会社によって格付に差があったり、発行体の財政状態の変化などで短期間に何段階も見直されるケースもあります。

具体的に債券の格付けも見てみましょう。
[国債](2015.7現在)
              (S&P) (フィッチ)
□米国国債          AA+    AAA
□ドイツ国債         AAA    AAA
□オーストラリア国債     AAA    AAA
□ニュージーランド国債    AA     AA
□日本国債          AA-     A
□ブラジル国債        BBB-    BBB
□トルコ国債         BB+    BBB-

[個人向け社債]
◾️ソフトバンク社債 BB+ 
期間5年 利率1.36% (2015年6月発行時)
◾️SBIホールディングス BBB 
期間1年 利率1.43% (2015年4月発行時)
◾️楽天 A-
期間3年  利率0.38% (2014年7月発行時)

(※利率は、格付と期間によって変わってきます。)

いかがでしたでしょうか。
国債の格付は財政や経済の状態等で決まり、社債は将来どれだけの利益を生み出すことが可能 かを測るキャッシュフロー予測や財務分析が重要な点になります。

前回のコラムで書いたように、債券投資はデフォルトさえしなければ安定的な利回りが期待できる資産運用の対象です。
そして、その際には格付によって信用力を確認することが不可欠です。
格付会社によって評価が違うことや後から変更される可能性もあることには注意が必要ですが、この点を意識しながら、債券投資の判断をしてみてはいかがでしょうか。

債券投資の最重要ポイント、デフォルトとは?

「10万円、貸してくれない?」
友人AとBに頼まれました。
真面目な性格で、高給取りのサラリーマン。年収は1000万円くらいもらっていそうな友人A。
少し適当なところがあり、 定職を持たず日雇いのアルバイトを繰り返している友人B。

あなたはどちらになら、お金を貸しますか?

信用力のあるAになら、お金を貸してもいいと思うかもしれません。
一方で、信用力のないBに、あなたの大事な10万円を貸しますか?多くの人は貸すことに躊躇するでしょう。では、倍にして返すと言われたらどうでしょうか?

実は、この「お金を貸す行為」が債券投資なのです。

債券とは借金の証書(借用証書)のことです。お金を貸す人が投資家になります。
債券を発行する際には、あらかじめ以下の3つのことが決められています。

〇額面金額 ・・・・ いくらお金を借りるのか
〇期日 ・・・・ いつお金を返すのか
〇利率 ・・・・ いくら利息を払うのか

国が発行する債券を「国債」といい、会社が発行するものを「社債」といいます。

信用力の高い発行体であれば、低い利息でも投資をしてくれる(=お金を貸してくれる)人はいますが、信用力の低い発行体だと、高い利息を払わないと投資してもらえません。
つまり、信用力の高い発行体の債券ほど利率は低くなります。

そして、約束通り利息を支払えなかったり、満期に元金を返済できない、という事態を「デフォルト(債務不履行)」と言います。
発行体が約束通り利息を払ってくれて、満期にきちんと元金を返してくれるかどうかが債券投資の最大のポイントになります。デフォルトさえしなければ、予定通りのリターンが期待できますので、投資家にとっては安定的な運用が出来る投資対象といえます。

したがって、債券投資で一番避けたいのがデフォルトです。
そのために投資先が信用できるかどうかを判断する1つの根拠が「格付」です。格付は元本が戻ってくる確実性、つまりその債券の信用力の度合いをA、B、Cといったアルファベットなどの記号で示しています。一般的に格付の最上級はAAAで、最も低い格付がCになります。

いかがでしたでしょうか。
約束通りお金を返してくれそうな先にお金を貸すのが債券投資です。
そして、デフォルトさえなければ、定期的に利息も受け取れて、預けたお金も約束の期日に返ってくる安定的な運用方法です。
格付けも参考にして、債券投資を検討してみてはいかがでしょうか。

〜いまさら聞けないアベノミクス〜【第13回】高橋先生の教えて経済ニュース

アベノミクスは3本の矢からなる安倍政権の経済政策です。

約20年間、日本は円高やデフレによって経済が成長しない期間が長く続いていました。
この円高やデフレからの脱却がアベノミクスの目的です。

3本の矢とは。
1つめは大胆な金融緩和です。
これは、世の中に出回るお金の量を増やして景気をよくしていこうというものです。
2つめは機動的な財政出動です。
これは、老朽化した道路や橋の修復等、公共事業により経済を活発にしていこうというものです。
3つめは民間投資を喚起する成長戦略です。
日本では企業の活動において様々な制約やルールがありますが、これを緩和し、自由に経済活動を行ってもらおう
というものです。

アベノミクスによって経済状況は大きく改善しましたが、すべての国民が恩恵を受けられている訳ではありません。
また、海外の景気動向にも影響を受けてしまいます。
そういった意味では日本全体で景気が良くなるにはまだ時間がかかるかもしれません。

動画はこちら

〜マイナンバー制度とは?〜【第10回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜マイナンバー制度とは?〜

来年からマイナンバー制度が始まります。
これは国民1人1人に12桁の番号が付与される制度です。
いわば背番号で管理されているような状況です。

なぜマイナンバー制度を導入することになったのかというと
行政事務の効率化や、国民の生活の利便性向上のためと言われています。

デメリットとしては、情報の一元管理によって、情報漏洩した際のリスクの増大があげられます。
国民の生活が便利になることや、国全体で無駄なコストの削減を行えることを考えると
期待が出来る制度なのではないでしょうか。

来年からマイナンバー制度が始まることに先駆けて、
2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。

動画はこちら

〜どうなる日本の財政?!〜【第9回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜どうなる?!日本の財政〜

日本には1,100兆円以上もの借金があります。
さらにこの借金は毎年増え続けています。
日本の財政は、30万円の収入の家庭が毎月50万円も使っているような状況なのです。
このぐらい早いペースで借金は増え続けています。

日本で財政についてあまり問題とならないのは、2つ理由があります。

1つは、海外にも多くの資産を保有しているので
継続的に海外からの収入がある事。
もう1つは、日本人が銀行にたくさんのお金を預けていて、
銀行はそのお金を使って国債に投資をしているからです。
つまり、国民が銀行預金を通して政府にお金を貸している状況にあります。

しかし、その貯蓄率も下がってきているため
日本も財政再建に取り組んでいかないと、いずれ必ず問題となります。

動画はこちら

ランキング