家計を直撃!首都圏高速料金一斉値上げ、2016年を4月

1932.jpg

気になるニュース・気になる内幕—今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年9月11日付

●鬼怒川決壊12人不明、茨城・常総住宅多数流される(読売・1面)

●首都圏の高速料金統一、1キロ36円首都高値上げも(読売・9面)

●中国新車販売3%減、8月景気減速感強まる(読売・9面)

●中国、日産合弁会社に罰金(朝日・6面)

●TPP日米協議再開、自動車「原産地規制」詰め(毎日・7面)

●自動車輸入組合理事長BMW日本社長(産経・10面)

●エコカー燃費改善するターボ、IHI、米中韓で増産(日経・1面)

●「ななつ星」新ルートへJR九州、来春から他社線乗り入れ(日経・3面)

●インド新車販売5%増8月スズキなど新モデル効果(日経・9面)

●自動運転車で提携交渉、グーグルの研究部門日本メーカーと(日経・12面)

ひとくちコメント

消費税が10%に引き上げる際に、マイナンバーカードを使えば酒類を除く飲食料品については「2%分」が還付される案が検討されているそうだ。「還付」といえば聞こえがいいが、現行の「8%」を据え置くだけである。

消費増税とよく似た話が高速道路料金の見直しである。 国土交通省が、都心の渋滞を緩和するため、首都圏の高速道路の距離当たりの料金を同水準に統一するという。その基本方針についてはすでに年初に公表されていたが、きょうの読売が「来年4月から導入する」と具体案を改めて取り上げている。

それによると、「割安な首都高速道路については料金の上限を引き上げる一方、割高な首都圏中央連絡自動車道(圏央道)などの料金を引き下げる」としている。

例えば、東名の厚木インターチェンジから東北道の久喜インターチェンジに行く場合、圏央道経由なら3770円かかるが、首都高経由なら3180円ですむという。それだから首都高は「割安」で圏央道は「割高」という理屈からだ。だが、「1キロ当たり36円」と、そもそも日本の高速道路が「バカ高い」という料金体系を無視した議論でもある。

ちなみに、「割安な首都高については現在930円の料金上限を1300円程度に引き上げる方向で調整しているほか、第三京浜や京葉道路についても値上げする」(読売)そうだ。首都高などが値上げすれば都心部に車を呼び込むこともなく、渋滞が緩和されるという狙いがある。以前にも指摘したが、迂回するために東名高速の出入り口の環状8号線など無料の一般道のさらなる混雑ぶりは避けられないだろう。

画像一覧

  • 首都高速道路(参考画像)

提供元

関連記事

関連記事

3D Touch搭載の「iPhone 6s/6s Plus」、12日予約開始&25日発売!

 米Appleは、日本時間10日午前2時よりサンフランシスコにて開催したスペシャルイベントにて、「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を発表した。新色のローズゴールドが追加された以外、本体の見た目は前モデルとほぼ変わらないが、中身は大きく刷新されている。

 新しい操作体系として「3D Touch」を採用。これまでの平面的な操作に加えて、力を加えるという操作「Force Touch(フォースタッチ)」が追加されている。フォースタッチにより、機能のショートカットが行えるようになった。

 また、本体内部にはTAPTIC ENGINEを搭載し、フォースタッチを行うことで本体がわずかに振動する。この動作によって適度なクリック感を得られるため、タップとフォースタッチを明確に使い分けることが可能だ。

 第3世代のA9を搭載。CPUは70%、グラフィックスは90%高速化している。モーションプロセッサにはM9を搭載。指紋認証には第2世代のTouch IDを搭載。認識速度が2倍速くなった。LTEは300Mbpsまでの高速通信が可能に、バンドは23種に対応。Wi-Fiは866Mbpsに高速化された。

 背面のiSightカメラは12メガピクセルとなったほか、撮像素子の改良で、色の識別がより正確に行えるようになっている。結果的にノイズが減り、ダイナミックレンジが広くなるなど、撮像画質を大きく向上している。

 動画は4K解像度の撮影が可能になった。Facetimeカメラは5メガピクセル。液晶画面を使ったRetinaFlashができ、正確な色調で自撮りが行える。また、カメラでの撮影時、その直前の映像をあわせて保存する「ライブフォト」機能を追加。再生時に3D Touchを行うことで、写真を撮影した時点の数秒間の映像と音を再生する。

 アクセサリーには新色のケースや、ドックがラインアップに追加。本体カラーにはシルバー、ゴールド、スペースグレイといった従来のカラーと、新たにローズゴールドが追加される。

 価格はiPhone 6sの16GBが199米ドル、64GBが299米ドル、128GBが399米ドル(いずれも米国キャリアでの2年契約時)。iPhone 6s Plusの16GBが299米ドル、64GBが399米ドル、128GBが499米ドルとなる。

 予約開始は12日より、発売は25日。日本を含む11の地域で発売開始となる。iOS9は16日に配信開始される。AndroidからiPhoneへの新しい移行ツールも用意するとのこと。

[追記:4時45分]
 なお、アップル・ジャパンのウェブ上では、日本での展開をアナウンスしており、予約注文は12日16時1分開始。iPhone 6sは86,800円(税別)~、iPhone 6s Plusは98,800円(税別)~。

Apple Watchの新OS「watchOS 2」、16日配信……エルメスの革製バンドも登場

 米Appleは、日本時間10日午前2時よりサンフランシスコにて開催したスペシャルイベントにて、Apple Watchの新たなOS「watchOS 2」のダウンロード開始をアナウンスした。配信は16日から開始される。

 watchOS 2では、新たな文字盤を追加。世界各地の名所の24時間分の画像を時刻の変化とともに表示する「タイムラプス」、任意の画像を表示できる「写真」「フォトアルバム」が加わる。

 また、本体側面のデジタルクラウンを回すことで将来の予定を次々と表示させたり、文字盤に表示される情報の種類が増えたりといった機能の向上も行われる予定。

 アップデートの最大の目玉は、ネイティブアプリケーションのサポート。現在は、iOSアプリの付帯機能となっているが、watchOS 2からは単体動作できるようになる。

 ゲームやツールなどのアプリの拡充が期待できる。ネイティブアプリケーションのサポートにともなって、本体単独でのネットワーク接続が可能になるという見方もある。

 watchOS 2の発表にあわせて、ローズゴールド、ゴールドのラインアップを追加。スポーツバンドの新色も追加されるほか、エルメスによる3種類の革製バンドを発売する。店頭販売は10月より。

もしもの時の災害時の電話応答サービス!通話料無料で利用する方法

地震、事故などの災害のとき、被災地を中心に大量の電話が殺到すると、電話がつながりにくくなってしまいます。2011年の東日本大震災のときに、覚えのある方も多いのではないでしょうか。

今回は、いざというときに慌てないために、災害用伝言サービスについて紹介します。

1. 災害時は、不要不急の電話利用は控えよう
災害発生直後は、緊急用の通話が優先されます。不要不急の通話は控えるようにしましょう。消防、警察への通報、安否確認などが最優先です。また、災害時は通話が込み合うので、通じたとしても手短に用件だけを伝えましょう。通話できる量は限られています。

通話がつながらなくても、SNSやメールはつながることがあります。ツイッターやフェイスブック、LINEなど、ほかの通信手段も試してみましょう。

2.災害用伝言ダイヤル(171)を利用しよう
通常の通話がつながらないときでも比較的つながりやすいのが、NTTが提供している「災害用伝言ダイヤル(171)」です。

まずは、録音の方法。171に電話をかけ、録音される方は1(いち)を選択します。被災地の方は自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルします。被災地以外の方は、連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルします。その後、ガイダンスが流れたら、伝言を録音します。

次に再生の方法は、171に電話をかけ、2を選択します。その後、同じように被災地の方は自宅の電話番号、または連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルします。被災地以外の方は、連絡を取りたい被災地の方の電話番号を、市外局番からダイヤルします。
すると、新しいメッセージから再生されます。
ただし、伝言の録音・再生時には、発信者からの伝言の録音または再生する電話番号までの通話料(通常通話と同様の料金)が必要です。被災地の公衆電話が無料化された場合は、この通話料も無料になります。

大災害に備えた電気グッズ!値段が割安な商品から揃えておこう

9月1日は防災の日。2011年の東日本大震災を契機に、防災への意識は年々高まっています。備えあれば、憂いなしです。この機会に、家庭の防災グッズを見直してみるのはいかがでしょうか。

でも、市販のセットを買うと1~2万円はかかってしまう……と心配の方、そんなに高価なものをそろえる必要はありません。最近では、100均でも十分に役立つグッズが揃えられるんです。今回は、100均で安価にそろえられる防災グッズのうち、電気回りの製品についてお伝えします。

1.LEDライト
防災グッズの定番といえばライト。停電で電気がつかなくなったときでも、明かりがあればほっとするものです。
昔から、防災グッズの定番にろうそくがありましたが、地震のときは突然の揺れで火のついたろうそくが倒れると危ないですよね。最近は、LEDライトやLEDランタンが100均でも手軽に購入できるので、こちらを準備しておきましょう。100均と馬鹿にするなかれ。想像以上に明るくて、いろいろな場面で活躍できそうです。
また、LEDライトのなかでは、手動で発電できるライトもあるとよいでしょう。電池が切れたときに手元を照らすために有効なので、1つそろえておくと安心できますね。

2.電池式バッテリー
ライフラインが絶たれたとき、電話が通じるだけでずいぶん不安が解消されます。また、安否確認も、電話よりもメールやSNSのほうが早いといわれているようです。
100均では、電池式の充電器が手に入るので、これもひとつ防災グッズに入れておきましょう。電池は別売りなので、電池を購入するのも忘れずに。

3.電池
懐中電灯や時計、ラジオ、先ほど挙げた充電器など、ライフラインが絶たれた中ではなにかと電池は必要になります。単1から単4まで、サイズ違いの電池を複数そろえておくと安心です。
また、古くなった電池は液もれの危険などもあるので、いざというときに慌てないように、日ごろからチェックをして、買い替えておきましょう。

〜いまさら聞けないアベノミクス〜【第13回】高橋先生の教えて経済ニュース

アベノミクスは3本の矢からなる安倍政権の経済政策です。

約20年間、日本は円高やデフレによって経済が成長しない期間が長く続いていました。
この円高やデフレからの脱却がアベノミクスの目的です。

3本の矢とは。
1つめは大胆な金融緩和です。
これは、世の中に出回るお金の量を増やして景気をよくしていこうというものです。
2つめは機動的な財政出動です。
これは、老朽化した道路や橋の修復等、公共事業により経済を活発にしていこうというものです。
3つめは民間投資を喚起する成長戦略です。
日本では企業の活動において様々な制約やルールがありますが、これを緩和し、自由に経済活動を行ってもらおう
というものです。

アベノミクスによって経済状況は大きく改善しましたが、すべての国民が恩恵を受けられている訳ではありません。
また、海外の景気動向にも影響を受けてしまいます。
そういった意味では日本全体で景気が良くなるにはまだ時間がかかるかもしれません。

動画はこちら

ランキング