レアアイテムにフリーシャンパン。FNOに出かけよう!

1878.jpg

このレシピを実行して

5000円~1万貯まる!
<材料>

・自分流のとびっきりなオシャレ

・2015-16AWアイテムのコーディネイト

<How to>

1事前にFNOのサイトをチェック

217:00からお気に入りのブランドショップでノベルティをゲットする

3ショップを回りながら、シャンパンなどのドリンク&フードサービスでお腹を満たす

4VOUGEブースでチャリティ参加して缶バッチをゲットする

※雑貨代+シャンパン4.5杯分

こんにちは。マネーゴーランド編集部のGONです。
すっかり涼しくなり、最新の秋アイテムをまとって、オシャレを楽しめる季節がやってきました。

ファッショニスタにとって夏は苦手な季節。何をかくそうコムデギャルソン・フリークの私も、夏は好きだけど苦手。なぜってせっかく買った夏物ジャケットも暑さに負けて、結局着ないうちにシーズンが終わってしまったという悲惨な顛末もしばしば。そう、秋冬のほうが俄然ファッションは楽しめます!
さて。そんなオシャレさんやモード系の人にはすでにおなじみですが、今週末に開催されるオシャレピープル注目のイベントを紹介します。

FNOは世界的なファッション・イベント
「VOGUE FASHION'S NIGHT OUT(以下FNO)」はUS版VOGUEの編集長のアナ・ウインターの呼びかけで2009年からスタートしたグローバルなファッション・イベント。『VOGUE』を発行する国々が、「ファッション業界の活性化」を目的として行う世界最大級のショッピング・イベントです。毎年9月の上旬に全世界同時に開催され、各ショップがさまざまな趣向を凝らした企画を実施し、オリジナル・グッズを販売します。
2011年は、東日本大震災後の日本の復興とチャリティを目的に、「ファッションで日本を元気にする!」を合言葉に、日本だけ11月5日土曜日に開催。アナ・ウインター(*)をはじめ、世界各国のVOGUE編集長が東京に集結したのをはじめ、トム・フォードらの著名なデザイナーやトップモデルたちも多数来日。ハイファッションをまとったモデルたちが表参道をランウェイの如く闊歩し、青山のブランド・ショップに出没するさまは、大きな感動と興奮の熱気に包まれたものでした。

9月12日東京、10月17日・18日大阪で開催
7回目の今年も東京は、9月12日(土)に原宿、青山、表参道エリアを中心に開催。大阪は、阪急うめだ本店・阪急メンズ大阪にて、10月17日(土)・18日(日)に開催されます。
東京では、総勢604ものショップが参加。16:00からの表参道ヒルズのオープニング・セレモニーには、VOGUE日本の編集長渡辺三津子氏をはじめ、ゲストらによるスペシャルトークとパフォーマンスがワクワク気分を盛り上げます。

シャンパン片手に、夜までショッピングが楽しめる
17:00~22:00はショッピング・タイム。この日限りのオリジナル・アイテムの販売をはじめ、先着順のノベルティ配布もお楽しみのひとつ。このショップ・オリジナルノベルティをもらうために、ブランドをハシゴするというツワモノも。また、社会貢献も目的のひとつなので、チャリティに参加するとチャリティ・アイテムをゲットできます。今年は14種類のキュートな缶バッジが登場。VOGUEブースではココでしかもらえない、オリジナルデザインの缶バッチがあるので、見逃せません。
さらに、各ショップでは、シャンパンなどドリンク&フードサービス、DJによるミュージック・プレイ、占いなどのパフォーマンス、ゲストによるファッショントークなど、ショッピングだけでない、参加するだけでも楽しいパーティ気分の企画が目白押しです。私もコルソコモ・コムデギャルソンでトム・フォードを見かけました!プラダではシャンパン・サービスのボー・ギャルソン(美しい給仕)に目を奪われたりしました。

青山でオシャレなファッショニスタたちを眺めて秋のトレンドを知り、ブランド・ショップでノベルティをゲットして、フリーシャンパンが飲める!オシャレして出かけるだけで10倍は楽しめる、モードな秋に相応しいとってもお得なイベントです。

FNO
http://www.vogue.co.jp/fno/2015/

*映画『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープが演じた編集長のモデルと言われています。

<関連記事>

画像一覧

  • コムデギャルソンのFNO2014ノベルティ、ビニールバッグ
  • コムデギャルソンのFNO2011ノベルティ、缶バッチオレンジ、ブルー、グリーンの3種類。

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

シーズンとセールのタイミングを知り、賢く服を買おう!

女性であれば、いくつになってもオシャレでいたいもの。でも、子どもの教育費や住宅ローン、車のローンなど、日々の生活に追われていると、どうしても切り詰めざるを得ないのが、被服費でしょう。

ただ、年を重ねていくごとに、身だしなみに気をつかわないと、どんどん老けて見えるようになってしまいます。

今回は、オシャレ感は維持しつつ洋服代を節約する、そんなワザを紹介します。

1) アウトレットを活用する
服を安く買えるタイミングといえばバーゲンですが、どうしても季節の終わりになってしまい、シーズン中に着れる服を手に入れるのは難しくなります。特に、通常、春・夏が始まる3月~6月と、秋・冬が始まる9月~11月は、どこの店も値引きをしません。

そこで、そうしたバーゲンのはざまで、上手に利用したいのがアウトレット。最近のアウトレットでは、従来の売れ残り商品やB級品に加えて、旬のデザインで少しだけ素材を落とした「アウトレット専用品」が販売されているブランドも多くあります。うまく活用して、掘り出し物を探しましょう。
また、最近のアウトレットモールは、レジャー施設としても優秀。週末に家族で行けば、お安くレジャーも楽しめて一石二鳥です。

2) ママ友ネットワークを活用する
着なくなった洋服は、ネットオークションやフリマに出してお小遣いかせぎをしているという方も多いかもしれません。しかし、フリマやオークションは準備や出品、発送の手間などが煩雑な上、一度そでを通してしまった洋服はなかなか買い手がつかなかったりします。

そこで活用したいのが、ママ友ネットワークの輪。着なくなった洋服を処分しつつ、お小遣いを稼ぎたい、新しいワードローブを増やしたいという仲間がいたら、洋服の交換会を開催しましょう。今まで思いもよらなかったデザインの洋服に出会えるかも?

3) 一度買ったら長く着る
洋服代を節約する上で、一番効果的なのが実はこれです。最近は、ファストファッションが流行り、安くてかわいい洋服がたくさん出ています。しかし、限りある予算で買うのなら、安いものをたくさん、ではなく、ある程度高くてもベーシックな質のよいものを選んで買うようにしましょう。その方が、飽きもせず長く着られ、結果的に節約につながります。

ネットオークションやフリーマーケットで被服費を抑える

被服費は本当に大きな出費です。いいものを持っていたとしても、トレンド
や季節によって、いつだって人は服やバッグ、靴などを買い替えていかなけれ
ばなりません。しかしいいものは高い。どうにか節約したい。そんなときに使
えるのが、以下の2点のテクニックです。

・インターネットオークションを活用する

 世の中にはネットオークションと呼ばれるサイトが溢れています。ヤフーオ
ークションが最も有名なサイトだと思いますが、それ以外にも楽天オークションやドコモなどのキャリアが運営するオークションサイト、最近ではLINEな
ども参入してきています。
オークションでいい服、自分の好きな服を購入するのは当然ですが、もう一つヒントが隠れています。それは、インターネットバンク同士で同行間の取引をすると、振込手数料が無料だということです。日本の銀行はほぼすべて口座開設を無料でできますので、色々なネットバンクの口座を持っていて、相手の振込口座にあわせて自分の口座を変えましょう。そうすることによって、多ければ数百円の振込手数料を節約することができるようになります。

・フリーマーケットを探す

 フリーマーケットというと、いらなくなったお皿やおもちゃなどを売っている、いわゆる「バザー」のようなものを想像する人も多いかもしれませんが、
そんなことはありません。おしゃれな服や靴、バッグなどが売っているフリー
マーケットはほぼ毎週末、どこかで行われているものです。
たとえば関東近辺であれば、こんな風なサイト「フリーマーケットへ行こう!(http://www2j.biglobe.ne.jp/~tatuta/)」などで調べて、自分の家の近くのフ
リーマーケットの開催時期を調べて見ましょう。
ちなみに、隠れたポイントがもう一点。フリーマーケットは基本的に15時前後で終わります。出展者は自分たちが持ってきた服などを持って帰りたくないため、14時ごろから安売りを始めます。さらに節約がしたい方は、この時間帯にぜひ参加して、お目当てのものをゲットしてみてください。

2015.5.27更新

友人や知人の結婚式で“お呼ばれ貧乏”にならないために衣服費を節約する!

友人や知人の結婚式。祝福したい気持ちはあるけれど、ご祝儀やドレス代にお金がかかるな…と、懐事情が心配になったことはありませんか。

とはいえ、お祝いの気持ちをきちんと伝えるためにも、ご祝儀を減らすことは避けたいものです。また、友人や知人の手前、できればオシャレにも気を使いたいですよね。そんな方のために、結婚式にお呼ばれしたときの衣服代を抑えるための方法を紹介します。

■シンプルで上質に見えるドレス&パンプスを1式だけ揃える

本来であれば、長く着られる上質なドレスを購入したいところですが、トータルコーディネートで6〜7万円はかかってしまいます。レンタルなら一式2〜3万円程度ですが、1回限りと思うと割高です。

そこで利用したいのが、ZARAやH&Mといったファストファッション系のショップ。光沢のある素材など、シンプルかつ上質に見えるドレス&パンプスを一式と、アクセサリーなどの小物を幾つか揃えましょう。ドレスの印象は、小物の組み合わせ方によってガラリと変わるもの。結婚式が重なった場合は、一度目はパールのネックレスで上品に、二度目はベルトやコサージュで華やかに、とアレンジしてみてはいかがでしょうか。初期投資は2万円程度、2回目以降は1万円以内で十分にオシャレが楽しめるはずです。

■ヘアサロンはクーポンなどを利用してオトクに

結婚式で友人や知人に会ったとき、「いつもと違う」と最初に感じるのはヘアスタイルではないでしょうか。ヘアスタイルがきちんとしている人は、より一層オシャレに見えます。特に、着席スタイルの式では上半身に目がいきますので、ヘアセットで印象がずいぶん変わります。

ドレスをプチプラにした代わりに、ここは惜しまずヘアサロンに出かけてみてはいかがでしょうか。パーティー前のスペシャル感も味わえるでしょう。通常は5000円程度のセット料金も、クーポンなどをうまく使えば3000円程度に抑えられます。

■友達や家族から借りたドレスを小物でアレンジ

友達や姉妹から洋服をレンタルするのもひとつの方法。借りた服を、お気に入りのボレロやベルトで自分らしくアレンジするのもいいですね。お互いのドレスを交換して、意見を寄せ合いながらコーディネートしあうのも楽しそうです。

また、母親にも、昔着ていたドレスがないか聞いてみましょう。タンスの奥に眠っているかもしれません。ビンテージとして着こなしてもいいですし、袖の長さや着丈を詰めて旬のデザインに仕立て直すのもいいと思います。今は、イオンのような大手ショッピングセンターでも、リーズナブルなリフォームを行っています。なお、借りた服はクリーニングをして返すなど、きちんとお礼の気持ちを伝えることをお忘れなく。

洗濯表示ラベルは要チェック!クリーニング代を節約するワザ

衣替えの季節、洋服をまとめてクリーニングに出そうとしたら、「えっこんなに高いの?」とびっくりした経験、ありませんか。今回は、そんな意外と高いクリーニング代の節約ワザをお知らせします。

■クリーニングが必要な服は買わない

まず、クリーニング代の節約に有効なのはこれです。洋服を買う時、「かわいい!」と思っても一呼吸。服を購入する前に、服の裏側に付いている洗濯表示を確認しましょう。ドライクリーニングの表示が付いているものは、原則的に自宅で洗濯できず、ドライクリーニングが必要になります。自宅での手洗いができるものであれば、クリーニング代が節約できます。

また、シルクやカシミヤなど高級素材を用いたもの、ワンポイントに毛皮やビーズの飾りなどがついたものは、クリーニング代に別途料金が加算されることがあるので注意です。

■コツをつかんで自宅洗いしよう

ドライクリーニングの表示がついていても、実は自宅で洗えるものもあります。失敗しても惜しくない程度の服であれば、自宅洗いをしてみましょう。
使用するのはホームクリーニング用の洗剤。洋服はネットに入れて、手洗いモードでやさしく洗いましょう。ビーズの飾りなどがついた服は、アルミ箔で保護するか、ネットを2重、3重にしておきましょう。

干し方も、工夫が必要です。セーターなどの型崩れしやすい洋服なら、直射日光の当たらない場所で平干ししましょう。また、ダウンジャケットなど厚手の服は、表面が乾いても中がしめっている可能性があるので、じっくりと。乾燥機があれば、仕上がりもふっくらとしてベストです。

■あまり汚れていないものはクリーニングに出さない

家族全員分のコートをシーズンごとにクリーニングに出していると、それだけで費用がかさんでしまいます。そこで、それほど汚れていないものは自宅でケアし、汚れがひどいものだけクリーニングに出しましょう。

全てのコートに行うのは、表面のほこり落としです。つるしたあと、軽く表面をたたいてほこりを落とし、ブラシをかけます。
その後、袖口や襟などが汚れていれば、ベンジンや汚れ落とし洗剤でケアし、手洗いします。

ネットバンクを活用してATM手数料を節約、デビットカードも大活用

意外とバカにならないATM手数料。一般的に他機関のATMで金融サービスを利用する場合、都度100〜200円程度かかります。深夜帯であれば200円以上になるケースもありますよね。年間で換算すれば、意外とバカにならない金額になります。

賢い節約家は、ATM手数料を基本「0円」で使います。そのためには、まずネットバンクを使うことです。ソニー銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行など様々なネットバンクがありますが、これらはいずれもコンビニATMの無料利用が可能です(回数に限りがある場合もありますのでご注意ください)。

コンビニを使わなくても、ネット通販などを利用する場合も同様に無料で使えるケースが多いのでぜひ節約に活かしましょう。

■デビットカードを使い、「自分の許容範囲」を知ろう
また、デビットカードをご存知でしょうか?簡単に言えばクレジットカードのようなものですが、クレジットカード決済は個人の「信用」を担保として、その時の支払いを翌月以降の決済として行う金融サービスです。一方デビットカードは、いわば銀行口座で直接カード決済ができるというものです。つまり、銀行口座に10万円しか入っていなかった場合、10万円を超えるデビットカードの使用はできません。

これはつまり、自分の生活費を明確に自分で設定して、それをやりくりするテクニックを使うことができるということです。クレジットカードではついつい使いすぎてしまって恐い、という方にとっては朗報だと思います。有名なのはvisaデビットカードですが、先日JCBデビットカードもでき、年会費無料で使う事ができるようになったので、これまでかかっていた年会費(1000〜3000円程度)の節約にもなるでしょう。

また、今でしたら各種銀行でデビットカード入会のキャンペーンを多くやっています。あるところでは入会するだけで1000円相当のキャッシュバックを受けられるキャンペーンを開催したりしています。年会費無料を選べば、まず作っても損はありませんので、ぜひとも節約に活用しましょう。

ランキング