【台風18号】9日に接近、局地的に激しい雨

1829.jpg

 気象庁が9月8日9時50分に発表した台風情報によると、台風18号は父島の西約400キロを1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいる。9日には西日本と東日本に接近し、関東甲信地方では10日にかけて大気の非常に不安定な状態が続く見込み。

 台風18号(アータウ)は、中心付近の最大風速が18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の北東側220キロ以内と南西側170キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風から流れ込む湿った空気の影響で、本州付近に停滞する前線の活動が活発化している。台風18号は引き続き日本の南海上を北上し、9月9日には西日本と東日本に接近する見込み。台風や前線に向かって流れ込む湿った空気の影響で、関東甲信地方では、10日にかけて大気の非常に不安定な状態が続くと予想される。

 関東甲信地方では断続的に激しい雨が降り、9日にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るところがある見込み。9日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで、関東地方南部150ミリ、関東地方北部80ミリ、甲信地方南部150ミリ、長野県の北部と中部120ミリ、伊豆諸島180ミリ。

 その後、9日6時から10日6時までの24時間に予想される雨量は多いところで200~300ミリ。10日にかけて雨量はさらに増えるという。気象庁は、土砂災害、河川の増水、はん濫、低い土地の浸水に警戒するよう呼びかけている。

画像一覧

  • 台風情報
  • 台風経路図

提供元

関連記事

関連記事

シルバーウィークの海外旅行!外貨両替は、クレジットカードのキャッシングがオトク?!

夏休みが終わったと思ったら、すぐにシルバーウィークがやってきます。連休を利用して遅めの夏休み、海外旅行に行くという方も多いのでは。

そうなると、日本円を外貨に換える必要が出てきます。クレジットカードでも支払えますが、どうしても少額の買い物やチップ、公共交通機関などで現金が必要な場面はあります。

ただでさえ円安のこのごろ、少しでもオトクにしたいですよね。今回は、クレジットカードを使った海外キャッシングについてお伝えします。

1.キャッシング利率は概ね年利15%~18%、帰国したら繰り上げ返済を
国際ブランドのクレジットカードであれば、海外のATMから直接キャッシングを行うことができます。Visaのロゴ入りカードの人は「PLUS」というマークのついたATM、MASTERカードやJCBブランドのカードなら、「Cirrus(シーラス)」というマークのついたATMが利用できます。
現地ATMの利用料はたいてい200円程度。これに、キャッシングの場合は利息がかかります。キャッシング利率は概ね年利15%~18%。通常のカードであれば、18%のものが多いようです。キャッシングとは短期借入と同じことになりますので、キャッシングをした日から支払い日までの利息を支払います。
この時、翌月払いにするのではなく、帰国したら繰り上げ返済をしてしまうことが大事です。1カ月待っていると、その分だけ利息がついてしまいます。帰国したら、サービスセンターに連絡して、すぐに返済してしまいましょう。早ければ早いほど、オトクになります。

2.海外ATMキャッシングなら為替事務手数料が不要
海外ATMキャッシングの場合、為替レートは国際ブランドが定めるTTMレートそのものが適用されます。国際キャッシュカードのように為替事務手数料が不要なので、オトクに利用できます。
海外ATMの利用画面は英語か現地語での表示になりますが、慣れてしまえば日本と仕組みは一緒なので、難しくありません。ぜひシルバーウィークの旅行でチャレンジしてみてください。

日帰りも可能?ついに3月26日開業!北海道新幹線、東京-函館間が4時間に!

気になるニュース・気になる内幕—今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2015年9月8日付

●東芝、事業整理加速へ、年内に方針、利益減額2248億円(読売・1面)

●走る車遠隔操作の恐怖、ハッカーが乗っ取り米で実験、無防備さ露呈リコールも(読売・9面)

●ホンダジェット、日本人顧客1号は-日本通信会長(産経・11面)

●乗り換え楽な渋谷に、埼京線を山手線に接続(産経・20面)

●英損保を買収5000億円超、三井住友海上、欧米に収益源(日経・1面)

●小林陽太郎氏死去、元同友会代表幹事、国際派経営者、82歳(日経・1面)

●日産の中国販売、5.5%減、8月、スズキ・三菱も低迷、トヨタ20%増(日経・11面)

●北海道新幹線、3月26日開業(日経・12面)

ひとくちコメント

「いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)…」といういわゆる5W1Hは記事を書く原則で、必要な要素である。だが、そのうちの最初の「いつ」だけでもわかるとニュースになることもある。

鉄道マニアにとっては待ち遠しい北海道新幹線の開業日だが、半年先の「2016年3月26日」とすることが固まったという。すでに朝日などが報じていたが、きょうの日経も取り上げており、運行母体のJR北海道(北海道旅客鉄道)が来週の9月16日に発表するそうだ。

記事によると、新青森-新函館北斗間を走る列車は1日に13往復となり、このうち10往復は東京-新函館北斗間を結ぶという。

一般的に開業はJRグループの春のダイヤ改定に合わせる3月中旬が多い。だが、積雪などの悪天候によるダイヤの乱れを防ぐために3月下旬に遅らせるという。ちなみに、この春運行開始の北陸新幹線(長野-金沢)の開業日は3月14日の土曜日だった。

北海道新幹線が開通すると、東京と新函館北斗間の所要時間は約4時間に短縮される。今春の北陸新幹線フィバーに次いで、来春は北海道新幹線の話題が目白押しで、鉄道ファンや旅行好きの人には楽しみが増えそうだ。

景気回復兆し?8月の倒産件数、25年ぶり700件割れ。月別比較でも今年最少

 東京商工リサーチは2015年8月における、全国企業倒産状況の調査結果を発表。これによると倒産企業は632件と今年最少の件数で、8月としては25年ぶりの700件割れを記録した。

 前年同月比は95件少ない13%減で、5カ月連続で前年同月を下回っている。負債総額では、前年同月よりも378億6800万円少ない27.8%減を記録。こちらも4カ月連続で前年同月を下回った。

 月次の負債総額が1000億円を下回ったのは、1990年9月の911億8200万円以来、24年11カ月ぶり。負債が1億円未満だったのは450件で構成比は71.2%となり、小規模企業の倒産が大半を占めた結果となった。

 産業別にみると、負債総額が前年同月比を上回ったのは、10産業区分のうち「農・林・漁・鉱業」の1産業のみ。ほかは軒並み前年同月比減だった。件数では、「農・林・漁・鉱業」に加えて「製造業」「情報通信業」も前年同月を上回り、「金融・保険業」は前年同月と同一となっている。

東京は格安SIMのコスパが高い?モバイル6社のSIM通信速度調査、ITC総研

 SIMロック解除の義務化が始まり、盛り上がりを見せているMVNOなどによる格安SIM。通信容量などの条件は厳しいが、その分利用料を安く抑えられるということでビジネスでの利用を考えている人もいるだろう。

 導入に当たってまず検討材料となるのは容量制限だが、もうひとつ気になるのは実際の通信速度。容量制限と違って、実際に使ってみなければどの程度かわかりづらい要素でもある。

 この格安SIMの通信速度について、ICT総研が実測調査を行った。NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアと、ワイモバイル、OCNモバイルONE、楽天モバイルの合計6社について、120地点での通信速度を調査している。調査期間は8月21日から8月30日で、東京、大阪、名古屋の3都市の待ち合わせスポット120地点で測定。端末について、大手3キャリアはiPhone6、ワイモバイルはNexus 6、OCNモバイルONE及び楽天モバイルはZenFONE2 Laserをそれぞれ使用している。

 今回、調査を行った120地点の平均で、もっとも下り速度が速かったのはソフトバンクモバイルだった。平均速度で36.04Mbpsを記録。都市別に見ても3都市すべてで平均トップとなっており、待ち合わせスポットでの速度に関しては安定して高速といえそうだ。次点はauの32.6Mbpsで、大手3キャリアではドコモが最下位(平均28.26Mbps)となったている。

 格安SIM3社の中では、ワイモバイルが平均31.67Mbpsを記録。ドコモを上回る速度でトップに立った。ドコモの回線を利用しているOCNモバイルONE、楽天モバイルの2社はそれぞれ17.2Mbps、10.79Mbpsと、ワイモバイルに大きく差を付けられる形となっている。

 MVNOは他社回線を利用するサービス形態のため、サービスエリアや理論上の最大速度は回線を提供キャリア(2社の場合はNTTドコモ)と同等となる。その中で、実測で差が付いたのは、各事業者の設備や回線の混雑状況が影響したのではないかとICTは分析している。

 都市別で見ていくと、6社平均でもっとも速度が速かったのが名古屋。6社平均は31.29Mbpsで、トップのソフトバンクは45.15Mbpsをマークした。次点は平均25.26Mbpsの大阪で、3都市でもっとも平均速度が低かったのは東京の平均21.73Mbpsだった。

 ただし、キャリアによる差が大きい名古屋、大阪に対し、東京は格安SIMキャリアを含めて速度差が小さい。その意味では、東京では格安SIMを選んでも大手キャリアと速度面では大差がなく、結果的にコストパフォーマンスが高いともいえるだろう。反対に、名古屋や大阪ではMVNO2社について、他キャリアと速度の差が激しいので、通信速度にこだわる場合は避けた方がよいと言えるだろう。

 一方、上り速度で比較すると、全都市平均トップはドコモで12.56Mbps。次いで楽天モバイルの10.92Mbps、OCNモバイルONEの10.43Mbpsとなっており、上り速度に関してはドコモの回線を使用しているキャリアが上位を占める形となっている。

 データの送信などを頻繁に行うような使い方をする場合は、ドコモ回線を使用するキャリアを選ぶのがベターだろう。ただし、4位以下のワイモバイル、ソフトバンクもそれぞれ8.5Mbps、8.49Mbpsを記録しており、最下位のauが5.5Mbpsとやや差を付けられているのを除けば、比較的に速度差は小さいといえる。ウェブサイトやコンテンツ閲覧が中心であれば、上り速度についてはある程度目をつぶるという運用も考えられる。

 通信速度の実測は同じエリアや施設内でも、測定する位置やタイミングによっても結果が変わることが多い。そのため、自分が実際に使う環境で、調査結果と同じパフォーマンスを期待できるとは言い切れないが、ひとつの調査結果として導入の参考にしてみるといいだろう。

口座開設したいけど多すぎる!初心者のあなたが選ぶべき証券会社とは?

今回は口座開設をしたいけれどもどの証券会社の口座を開設すればいいのかということについてお話ししていこうと思います。

株主優待を受けるために口座開設をしようと思った方もいらっしゃると思います。しかし、いざ口座開設をしようとすると予想以上に証券会社があることに驚き、どの口座を開設するか迷うことでしょう。

「どこの口座を開設するのがいいかわからないし調べるのも面倒だな」

そのように思われる方が多いと思うので、今回は初心者が選んで間違いない、取引の簡単さや安い手数料が売りの証券会社をご紹介していきます。

・松井証券
松井証券の魅力は何と言っても小額の株売買であれば手数料が無料であるということでしょう。(1日10万円まで無料)10万円以下で買える優待銘柄は全体約3割にもなり、これらを手数料無料で買うことができるのはあまり大きな取引をしない初心者にとっては大きなメリットになります。
ただし30万円以上の取引を1日でするようになれば他の証券会社より手数料が高いため注意が必要です。

・マネックス証券
マネックス証券の最大の利点は保有株や気になる銘柄を一覧で表示する機能があったり、銘柄選びや投資タイミングなど初心者に優しい情報を全て無料で利用できるという点です。
オリコンが発表している「2014年度オンライン証券ランキング」でもサイトのわかりやすさランキングで1位を獲得するなどこれから株取引を始めてみようかという人にとって、最も利用しやすい証券会社だと思います。

取引手数料も業界平均から見ると割安でツールも豊富なことからかなりオススメの証券会社です。

・ライブスター証券
最後に紹介するのがこのライブスター証券ですが、こちらの証券会社も強みは手数料の安さにあります。松井証券と違い、10万円以下でも手数料がかかりますが、その分1日の取引額が大きくなってもかなり安い手数料で取引をすることができます。株取引に慣れてきて、毎日の扱う金額が大きくなればライブスター証券で取引を行うのが良いでしょう。

いかがだったでしょうか。今回は証券会社の選び方ということについてお話してきましたが、まずは初心者の方はマネックス証券の口座開設をすれば間違いないと思います。株主優待を受けるためにも、まずは口座開設の手続きをしてみてください!

ランキング