エンジニア注目!米国任天堂、スマホアプリ、モバイルゲーム開発求人募集!

1826.jpg

任天堂の米国子会社でシアトルにあるNintendo Software Technology Corporation(NST)がモバイルゲーム開発者の求人を出して話題になっています。

求人によれば、「任天堂における楽しく魅力的なモバイル・アプリケーションやゲームの開発において主要な役割を果たす」ことが求められ、「iOSもしくはAndroidに関する実用的な知識を持つ」ことが要件の一つとされています。その他の要件についてもHTML、JavaScript、CSSに対する深い知識が求められるなどウェブ技術を用いた開発が想定されているようです。

あると良い経験の欄でも、「Unityなどのクロスプラットフォームのモバイルゲームエンジンの経験」「OpenGL、WebGL、Canvas 2D APIなどの深い経験」「Node.jsに対する知識」「モバイルゲーム開発やデザイン」などモバイルゲーム開発に求められる経験が記載されています。

NSTがクレジットされている作品は近年では『マリオvsドンキーコング』シリーズなど限られますが、どういった動きがあるのか注目されます。

<関連記事>

画像一覧

提供元

関連記事

特集

関連記事

【北海道発】UIターン、人材マッチングサイト始動、無料でマッチング!

 北海道で「UIターン・プロフェッショナル人材誘致推進事業」の公式サイトがオープンした。サイトを通じて道外の人材と道内企業をマッチングしていく。

 このサイトは北海道へのUIターンを検討しているユーザーが対象。無料の会員登録をすることで道内企業の求人情報の閲覧・応募、キャリアコンサルタントによる転職相談、UIターン事例の閲覧などが可能になる。今後は就職関連だけでなく、北海道で暮らすためのノウハウなどをまとめたコンテンツも拡充していく予定だ。

 同サイトでは現在、求人を行っている企業も募集中。本事業を通じた人材紹介は無料で利用できるので、人材採用を考えている道内企業は利用を検討してもいいだろう。

【就活】学生、女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」

 東京都が中小企業の人材確保を支援する「中小企業しごと魅力発信プロジェクト」をスタート。それに伴い、情報発信の拠点として、ウェブサイト「東京カイシャハッケン伝!」を開設した。

 同サイトでは製造業やソフトウェア業、建設業などの分野で高い技術を持ち、人材育成や労働環境整備で国などに表彰された企業を紹介。学生や若年層にアピールするため、スマートフォン対応のサイトとした。また、ターゲットのひとつとして女性も重視しており、女性経営者や女性左官らに話を聞く特集コンテンツなど、女性目線を意識した記事も展開している。

 サイト開設と同時に情報冊子「東京カイシャハッケン伝!GUIDE」も発行。学生などに向けて、就職のポイントや企業の紹介記事などをまとめている。冊子は年4回発行を予定しており、うち1回は女性をターゲットにした内容となる。

 東京都ではこのほか、中小企業と若者の交流を目的とした仕事体験ツアー「トーキョー・シゴト・ワゴン」を開催。「身近なヒット商品を生んだ企業特集」をテーマにした9月30日のツアー2回を皮切りに、年14回の実施を予定している。

愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に一人100万円を上限に給料など助成

 愛媛県が県外からの人材流入をはかるため、「UIJターン就職促進助成事業」を実施。県内の中堅・中小企業が県外から人材を獲得したときに給料などの経費の一部を県が助成する。

 対象となるのは愛知県内の資本金10億円未満の事業者。受け入れる人材の配属先が愛媛県内の事業所であることなどが条件となっている。

 助成対象となる経費は、新規獲得人材の給料や通勤手当、住居手当、引っ越しのための手当、社会保険料の事業者負担分で、最長3か月まで経費の半額まで助成金が支給される。1人あたりの限度額は100万円で、1事業主につき3人まで申請可能。

 申請期間は12月28日まで。

★毎週月曜発行★先週公開のオススメ記事をピックアップ!HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

東京都、中小企業の人材確保を支援……委託事業者アデコが無料でコンサル

 東京都が中小企業の緊急人材確保支援事業を開始。人材サービス事業を行うアデコに委託し、無料でコンサルティングや人材マッチング支援を行う。

 同事業は、従業員数300名以下の東京都内の企業を対象にしたもの。人材を必要としながら確保できない企業をサポートするのが狙いで、2016年3月末までに合計100社をサポートする。事前ヒアリングを経て3か月程度のコンサルティングを実施し、その後ハローワークの人材マッチングと連携しながらサポートを行っていく。

 募集は2期に分かれており、現在第1期の対象企業50社を募集中。8月には第2期の募集を行う予定だ。

非公開: 就職留年をしても不利にならないようにするために抑えるべきポイント

同じ就活留年でも、良い評価を受けられる場合とそうではない場合とがあります。

企業の立場で考えればわかると思いますが、「去年何社も受けたんですが、うまくいかなかったのであきらめて今年もう一度やってます」と言われれば、「何社もこの就活生を取らなかったんなら、何か問題があるに違いない」と言う視点からあなたのことを見てしまうのは当然でしょう。もちろん就職留年して志望企業に入る人もたくさんいますから、それでダメになるかというとそうではありませんが、ポジティブなスタートにならないことは確かでしょう。

ではどのように、決断し、どのように就職留年の理由を伝えれば良いのでしょうか。とにかく、相手の立場に立つということが大前提です。相手はどんな理由であればあなたが就職留年したことについて納得してくれるかを考えましょう。大切なのは、お金を支払ってあなたを雇いたいと思わせるだけのコミュニケーションになっているかということです。これが正解ということはありませんから、自分なりの言葉で表現してみましょう。

ただ、それをする前に自分が就職留年をする理由をきちんと整理して考えなくてはなりません。今できることをすべてしたのか?ほんとうに就職留年することが自分にとって最善なのか。それは何故なのか。これらのことを深いレベルで真剣に考えなくてはなりません。

◆就職留年したあと、どのように行動するか

例えば、

就活を始めたが働くことのモチベーションをどうしても見つけることができず、このままでは主体的に働けないと思い、自分なりの折れないモチベーションを見つけた上で働く環境を探し直したいと思いました。

こうした考えをもっている人が、実際に行動した結果、誰もが納得できるような働くモチベーションを見つけて、それを話してくれたらどうでしょうか?この就活生の話す内容が、確かに君のモチベーションはそこにありそうだね!と思わせてくれる内容であれば、評価してもらえるでしょう。

つまり大事なのは、就職留年をした明確な理由に加えて、就職留年したあとどのように行動するかということです。なんにせようまく結果が出なかったわけですから、そこからの期間を使って圧倒的な変化を生み出すことができる行動をとらなくてはいけません。ただ面接内容を変えたり、話すエピソードを変えるだけでは就職留年をした意味がありません。今すぐ逃げ出さないで就活すべきです。

就職留年をしても不利にならないようにするには、就職留年をすると決めた理由を考え抜くこと、そしてあなた自身が圧倒的に変化することが大切です。

最初に伝えたように、ただ就職留年したというだけでは決してプラスの要素にはなりませんので、その分たくさん考え抜く必要があります。

ランキング