備えあればいつでも安心!ウォーターサーバーのメリット・デメリット

1761.jpg

このレシピを実行して

1000貯まる!
<材料>

・ウォーターサーバー

<How to>

1ウォーターサーバーのメリット

2ウォーターサーバーのデメリット

※ 1ヶ月:約1000円~

オフィス、病院などでは当たり前になってきたウォーターサーバー。最近は、家庭でも導入するケースが増えています。
今回は、ウォーターサーバーのメリット・デメリットを見ていきます。

1.ウォーターサーバーのメリット
ウォーターサーバーには、水の宅配会社とのレンタル契約で設置する方式と、ウォーターサーバーを買い取り、水の宅配を依頼する方式があります。設置にかかる費用としては、サーバーを稼働するための電気代のほかに、ウォーターサーバーのレンタル代金とメンテナンス代金、またはウォーターサーバーの設置費用、水の代金、配送代金、解約手数料などがあります。
メリットとしては、安全なミネラルウォーターを自宅で飲めること、宅配してくれるので重たい水を買いにいかずにすむことなど。また、温・冷両方に対応しているサーバーであれば、飲みたいときにすぐにお湯を出すことができるので、赤ちゃんのミルク作りなどにも役立ちます。
また、2011年3月の東日本大震災では、ライフラインである水道が絶たれた地域などでは、スーパーでミネラルウォーターが品切れになる事態が発生しました。ウォーターサーバーで自宅に常に水の買い置きがあれば、こうしたときも安心ですね。

2.ウォーターサーバーのデメリット
デメリットとしては、先にあげた費用がかかることに加え、サーバーを置くスペースが必要なこと、モーターの駆動する音が気になる……などがあります。
さらに、安心・安全のはずのウォーターサーバーなのに、衛生面で問題になるケースがあるようです。
ウォーターサーバーにきちんとしたメンテナンスをしていないことで、雑菌の発生や増殖につながることがあります。たとえば注水口は、アルコール除菌をして常に清潔に保っていなくてはいけません。ウォーターサーバーの注ぎ口から雑菌が侵入した場合、タンクへと続くパイプの中で増殖する恐れがあるのです。こうした管理がきちんとできる、もしくは費用を払ってメンテナンスをしてもらうといった対応が必要になります。

<関連記事>

画像一覧

  • 備えあればいつでも安心!ウォーターサーバーのメリット・デメリット

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

その飲み会必要ですか?!交際費を節約するワザ

部署の飲み会、同期の飲み会、同級生との飲み会、彼氏・彼女とのデート……など、交際費が必要となる場面はたくさんありますが、振り返ればそのぶんたくさんのお金を浪費している可能性があります。

でも、お金の節約のためだけに誘いを断っていると、いつしか周りから人がいなくなっているかもしれません。今回は、めりはりをつけた交際費の上手な節約方法を紹介します。

1) めりはりをつけて参加する
ただなんとなく……で職場の飲み会に参加するのはやめましょう。浪費に加えて、暴飲暴食の原因にもなります。
基本的に、参加したほうがいい飲み会は、歓迎会と送迎会です。お世話になった人への感謝を示し、また新しいメンバーと良好な関係を築くためにも、節約中であってもこうした節目ごとの飲み会には参加すべきです。歓送迎会シーズンには、少し多めに交際費の予算をとってもいいかもしれません。
そのほかの飲み会については、重要度と優先順位をつけて参加しましょう。

2) 気乗りしない誘いは断る
「あの人といくと終電を逃す」「高い店につれていかれる」など、いつもよりお金がかかりそうなメンツだったり、気の乗らない誘いなら、思い切って断ってしまいましょう。ただ、毎回断るのは気が引けるかもしれません。その場合は、3回に1回など、回数を決めて誘いに乗りましょう。また、断る時は「●●のために節約してるから」などできるだけ正直に伝え、決して嘘はつかないようにしましょう。あとで嘘がばれると気まずくなります。

3) 参加するのは1次会まで、終電は逃さない
飲み会に参加したとしても、1次会で帰りましょう。2次会、3次会、さらには朝までのカラオケ……と際限なくお付き合いしていると、それだけ交際費の無駄遣いになります。また、健康にもよくありません。
また、楽しむのは電車のある時間までにとどめ、遠距離を高い深夜料金でタクシー帰宅……なんてことにならないように気を付けましょう。

休みは自宅でゆっくりという方に!ケーブルテレビで節約する方法

どこかに出かけようと思っても、行楽地は人であふれていますよね。
そうしたことから、節約もかねて休みは自宅で過ごそう!と思っている人も多いのでは。今回は、自宅でのんびり派に向けたケーブルテレビの活用法です。

1.1世帯当たりの1年間のケーブルテレビ受信料は9,623円
総務省統計局の「家計調査」によると2014年の1世帯当たりの1年間のケーブルテレビ受信料は9,623円、1か月では802円ということです。ケーブルテレビを利用していない世帯も多いので、平均的には低いデータが出ています。実際のところの支出額はもう少し多くなるでしょう。
マンションなどでは、共用であらかじめケーブルテレビに加入されていることもありますね。
ケーブルテレビを申し込むときは、特定の携帯電話(スマートフォン含む)とケーブルテレビのサービスを利用することで、セット割引を受けることができる場合があります。また、光回線とセットのものもあります。
現在契約しているプロバイダーや通信事業者のプランを確認してみましょう。

2.旅に出た気になる「旅チャンネル」
お盆休みを自宅でゆっくり過ごすという人におすすめのチャンネルは、「旅チャンネル」です。日本国内・海外を問わない各地にスポットを当てた旅番組を中心に、グルメ・温泉・紀行・鉄道といった旅に関連するジャンルの番組を放送しています。「ご当地ラーメン探訪」や「旅猫ロマン」など、タイトルだけでもわくわくしますね。こういう旅番組を見ることで、自宅にいながらにして旅に出た気になれば、外出にかかるさまざまな費用が節約できてオトクです。
このほかにも、ケーブルテレビにはさまざまな専門チャンネルがあるので、スポーツ好きの方はスポーツチャンネル、映画好きなら映画チャンネルなど、休み中の時間を利用して、好みのチャンネルを探してみてください。

節約派の心強い味方!パスタ、うどんなど乾麺を使ったおいしい安上がりごはん

食材の節約ワザの第一歩は、「食材を余らせない」「腐らせない」ことです。せっかく安く買っても無駄にしているようでは、お金を捨てているのと同じことだからです。

食材のなかでも、パスタやうどん、そうめんなどの乾麺は、美味しくて消化吸収がよく、長期保存が利いて値段も安定しているので、節約向きの食材といえます。1キロ当たりの価格も、200円程度~と、お米を主食にするよりも、ぐっと安上がりです。

今回は、乾麺をつかった節約ワザを紹介します。

1. ゆで方を工夫する
乾麺をゆでるのにも、光熱費や水道代がかかりますよね。しかも、夏場はキッチンでお湯を沸かすだけで暑く、めんを調理したくないという方もいるかもしれません。
そこでおすすめなのは、「いったん鍋でお湯をわかして乾麺を入れ、お湯がふっとうしたら火を消し、そのまま既定のゆで時間まで放置する」というワザです。
これなら、お湯を沸かすあいだとめんを放置するあいだは暑いキッチンに立っている必要はありませんし、ガス代も節約できます。また、1人暮らしの1口コンロしかないキッチンなら、めんを放置しているあいだにパスタソースを温める、具をいためるなどの別の作業ができて効率的です。

2. 旬の野菜を取り入れる
その時期で一番安い食材は、「旬」のものです。最近は野菜など、ビニールハウス栽培や輸入品が増えて、一年中同じものが手にとれるものになりましたが、やはり旬の時期ののものは美味しく感じられますし、価格も安いです。
夏場におすすめの節約レシピは、旬のトマトを使った冷たいめんです。
トマトは大きいものでも、ミニトマトでもかまいません。さいの目にざく切りにします。
パスタやうどん、そば、そうめんなど、お好みのめんを1の方法でゆで、ざるにとって冷水を流し、ぬめりを取ります。
お皿にめんをもったら、上からトマトをちらし、めんつゆをかけます。「パスタにめんつゆ?!」と思うかもしれませんが、和風冷製パスタという感じで意外と合いますよ。パスタの場合は、オリーブオイルをかけてもおいしくいただけます。

ランキング