スーツのクリーニング、どれくらいで出すべき?

1726.jpg

このレシピを実行して

5000貯まる!
<材料>

・スーツ、霧吹き、タオル

<How to>

1スーツのクリーニングは少ないほどよい

2クリーニングなしでスーツを長持ちさせるために

※1ヶ月:約5000~円

汗ジミや匂いが気になるスーツ、クリーニングに出すのもなかなか費用がかさみますよね。一体どれくらいの頻度でクリーニングに出せばよいのでしょうか?

1. スーツのクリーニングは少ないほどよい
スーツはたいてい、ウールでできています。このウールに含まれる羊毛の油分は、クリーニングを頻繁にすると抜け落ちてしまいます。その結果、布地が貧弱になってしまうのです。

クリーニングに出すのは1シーズンに1回で十分。シーズン終わりには、しまう前にクリーニングは必須です。汗や皮脂がついたままにしてしまっておくと、虫に食われる原因になります。また、汚してしまったときは速やかにクリーニングに出しましょう。

スーツを着るときは「2勤1休」と言われるように、2日着たら1日休ませます。そうなると、夏物と冬物で3着ずつは着回し用のスーツが必要になります。安い物でも構わないので、着回しできるように複数のスーツをそろえておきましょう。

2. クリーニングなしでスーツを長持ちさせるために

1日の終わりにスーツを脱いだら、必ずブラッシングをしてホコリを落とします。そして、霧吹きをして、日の当たらないところに干します。タバコや食べ物、汗の匂いが気になったり、しわになったりしているときも、消臭スプレーやしわ取りスプレーはかけないでください。霧吹きでキレイになります。
汗がついたままにするとシミになるので、汗をかいた場所を霧吹きでしめらせるか、蒸しタオルでふいて、きれいにしておきましょう。

簡単にできるお手入れとしては、入浴後の浴室に15分ほど吊るしておき、湿気を吸わせたら、エアコンのきいた部屋で乾かします。
こうしてこまめなお手入れをしておくことで、クリーニング代もかからずにスーツを長持ちさせることができるのです。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

洗濯表示ラベルは要チェック!クリーニング代を節約するワザ

衣替えの季節、洋服をまとめてクリーニングに出そうとしたら、「えっこんなに高いの?」とびっくりした経験、ありませんか。今回は、そんな意外と高いクリーニング代の節約ワザをお知らせします。

■クリーニングが必要な服は買わない

まず、クリーニング代の節約に有効なのはこれです。洋服を買う時、「かわいい!」と思っても一呼吸。服を購入する前に、服の裏側に付いている洗濯表示を確認しましょう。ドライクリーニングの表示が付いているものは、原則的に自宅で洗濯できず、ドライクリーニングが必要になります。自宅での手洗いができるものであれば、クリーニング代が節約できます。

また、シルクやカシミヤなど高級素材を用いたもの、ワンポイントに毛皮やビーズの飾りなどがついたものは、クリーニング代に別途料金が加算されることがあるので注意です。

■コツをつかんで自宅洗いしよう

ドライクリーニングの表示がついていても、実は自宅で洗えるものもあります。失敗しても惜しくない程度の服であれば、自宅洗いをしてみましょう。
使用するのはホームクリーニング用の洗剤。洋服はネットに入れて、手洗いモードでやさしく洗いましょう。ビーズの飾りなどがついた服は、アルミ箔で保護するか、ネットを2重、3重にしておきましょう。

干し方も、工夫が必要です。セーターなどの型崩れしやすい洋服なら、直射日光の当たらない場所で平干ししましょう。また、ダウンジャケットなど厚手の服は、表面が乾いても中がしめっている可能性があるので、じっくりと。乾燥機があれば、仕上がりもふっくらとしてベストです。

■あまり汚れていないものはクリーニングに出さない

家族全員分のコートをシーズンごとにクリーニングに出していると、それだけで費用がかさんでしまいます。そこで、それほど汚れていないものは自宅でケアし、汚れがひどいものだけクリーニングに出しましょう。

全てのコートに行うのは、表面のほこり落としです。つるしたあと、軽く表面をたたいてほこりを落とし、ブラシをかけます。
その後、袖口や襟などが汚れていれば、ベンジンや汚れ落とし洗剤でケアし、手洗いします。

絶好のタイミングを逃すな! 住宅ローンの借り換えで数百万円の節約も!!

夢のマイホーム、ゲットしたはいいけれど、ローン返済が大変ということはありませんか。

住宅ローンは借りっぱなしにせず、時々見直すことで、
労少なくして、多額の節約ができる可能性があるのです!

メンテナンスの方法にはいろいろありますが、今回ご紹介するのは「借り換え」です。
借り換えとは、その名のとおり、今の住宅ローンを新しく借り直すこと。
日本では、一部のモーゲージバンク(住宅ローンを専門に扱う金融機関)を除いて、
原則的に同じ金融機関では借り換えできないため、別の金融機関で取引することになります。

そして今、借り換えの“絶好のチャンス”が来ているのです!
というのも、ご存知「アベノミクス」という政策により世の中にお金がジャブジャブにあふれ、異常なほど金利が下がっているからです。
変動型で0.725%程度~、10年固定型では1.09%程度~、「フラット35」なら全期間固定でなんと1.46%~(買取型、借入期間が21年以上35年以下の場合)という史上最低水準の低さ! 
数年前に住宅を購入した人なら、借り換えを行うことで、総返済額を大幅に圧縮できる可能性アリです。

変動型で借りている人は、世の中の金利が下がるのに連れて、自分のローン金利も低下しているので、借り換えの必要は感じないかもしれません。
でも、変動型や3年・5年といった短期固定型のローンこそ、今のうちに長期固定型へ変更することをおススメします。まだもうしばらくは低金利が続くでしょうが、今後景気が回復し物価が上昇する兆しが現れれば、世の中の金利は先んじて上昇を始めます。そうなれば、変動型のローン金利も上昇し、返済負担が増すことになるのです。

現在の金利水準は、おそらく皆さんの一生で最も低い水準といっても過言ではないでしょう。通常ではありえない低金利のまま数十年間お金を借り続けられることは、ある意味「お宝」ともいえます。

ただし、借り換えには、今のローンを一括返済するための手数料や、新しくローンを借り入れるための様々な費用が、数十万円もかかります。それだけのコストを負担しても借り換えメリットが出るかどうか、まずは金融機関などのHPでシミュレーションしてみましょう。

もうひとつの注意点は、年収が大幅に下がったり転職したばかりだと、新たな融資の審査が通らないかもしれないことです。
その場合は、今借りている金融機関で、他行の条件をほのめかしつつ、金利交渉してみましょう。ダメでもともと。成功しなくても損することはありませんから、面倒がらずにチャレンジすることをおススメします。

2015.5.13更新

外貨の普通預金と定期預金、どっちがいいの?

円預金同様、外貨預金にも「普通預金」と「定期預金」があります。ただ、外貨預金での活用法は、円預金よりはちょっと複雑。どのように使い分ければいいのでしょうか。

「普通預金」は、預け入れ・引き出しが自由な預金のこと。解約のペナルティなしでいつでも引き出せる分、金利は低く設定されています。期間のしばりがなく、為替が動いたときにいつでも引き出せる外貨普通預金は、機動的に為替差益を狙いたい人にオススメと言えるでしょう。
ただし、外貨預金の場合、預け入れと引き出しの際に為替手数料がかかりますので、手数料の安い金融機関を選ぶことが重要です。

一方、「定期預金」は、予め定められた期間預け入れることを約束することで、高い金利を得られる預金。金融機関によって対応は異なりますが、外貨定期預金の場合、途中解約ができないケースも多く、可能な場合も不利な条件になるので注意が必要です。

預け入れの期間は1カ月、3カ月、半年、1年などさまざま。通常、預け入れ期間が長いほど金利は高くなります。ただし、経済状況や金融機関が行うキャンペーンなどによって、期間の短い定期預金のほうが、金利が高くなることもあります。ボーナスシーズンなどに行われる高金利キャンペーンは、金融機関が外貨預金に誘うため特別に優遇する仕掛け。そのため、魅力的な金利が適用されるのは通常、短い期間だけになります。

では、キャンペーンなどを除けば、基本的に長期の定期を選んだほうが有利なのでしょうか。必ずしもそうとはいえません。

景気の良い時は長めの期間、景気の悪い時は短めの期間を選ぶのが、セオリーです。
景気の良い時は金利が高くなりやすいため、その高い金利の恩恵を長く享受するために、長期の定期預金を選びます。特に、景気が減速傾向になってきたら、できるだけ長い期間を選びましょう。
反対に、景気の悪い時は金利が低くなりやすいので、その低い金利のまま長期間固定してしまうのは得策ではありません。これから景気が回復し、世の中の金利が上昇していく際にそれに合わせて乗り換えていきやすいよう、短めの定期預金でつなぐのが有効です。

ただし、ここでいう景気は、日本ではなく、ドル預金であればアメリカ、ユーロ預金であればヨーロッパの景気です。そのため、外貨預金をするなら、海外のニュースにも目を配ることが必要になります。

2015.6.30更新

ランキング