操作性向上!楽天市場、トップページUIを刷新

1535.jpg

 楽天は20日、「楽天市場」PC版トップページのデザインを、約4年ぶりにリニューアルした。

 同社では、「楽天市場」ページのデザインや操作性、レイアウト、コンテンツの内容、表示ロジックなどについて、ユーザーの利用動向やデータに基づく科学的分析やA/Bテストなどにより、日々改善を行っているという。新デザインは、7月1日から先行試験公開を実施し、ユーザーの意見をもとに変更を加え、今回正式公開となった。特にデザインと操作性の観点からリニューアルを行ったとのこと。

 主要な変更点としては、企画バナー・商品画像・店舗ロゴの視認性向上、ジャンル一覧等のリンク設定をテキストリンクからブロックレベルでのリンクに変更、各グループサービスサイトへの告知枠のデザイン変更などとなっている。

画像一覧

  • トップページデザイン
  • ジャンル一覧
  • グループヘッダー
  • グループフッター

提供元

関連記事

関連記事

夏のアクティビティーはオンライン購入でお得に楽しめる

この記事では、オンライン予約やオンライン購入によって、夏のアクティビティーを少しだけお得に楽しむ方法をご紹介します。

東京サマーランドの場合

夏のアクティビティーといえばプール。東京サマーランドは、「水遊び」と「冒険」をテーマに、プールと遊園地を楽しむことができる施設です。

今回は、サマーランドのチケットを安く買う3つの方法をご紹介します。

1.モバイル会員登録をするとQRコードを見せるだけ

1つめの方法は、モバイル会員登録をすることです。登録後、QRコードが表示されるクーポン画面をフロントで見せるだけです。割引率についてはホームページ上の記載はありませんでした。なお、クーポンの種類は期間によって代わり、期間限定のクーポンもあるとのこと。

2.インターネットで画面を印刷する「WEB割引クーポン」

2つめの方法は、サマーランド公式サイトでクーポン画面を印刷するものです。ご自宅にプリンタがある場合におすすめの方法です。

7月1日~9月30日の期間は、「夏季期間WEB割引」を利用することができます。
たとえばフリーパスで見てみると、大人の通常料金が4,500円であるのに対して、WEB割引クーポンを利用すると4,300円となります。大人2名で利用した場合は約400円の節約になります。

3.コンビニ等のWEB予約システムを利用する

3つめは、「セブンチケット」「ローチケ.com」「JTB」など、コンビニや旅行会社等からオンライン購入する方法です。

たとえば、セブン-イレブンのフリーパス券は大人(通常4,500円)が4,200円。大人2名で利用した場合、約600円の節約になります。

ディズニーランドの場合

夏といえばディズニーランド。ここでは、支払う料金は変わらないものの、販売窓口に並ばないで済むため、結果的に「長時間」滞在できるお得な方法をご紹介します。

それは、パークチケットをオンライン購入することです。「ディズニーeチケット」は、通常の1day パスポートと同じ6,900円ではありますが、購入後自宅のプリンタでチケットを印刷することができます。

直前購入もできますし、日付指定をすることも可能です。あらかじめチケットを持参して行くため、当日の朝から販売窓口に並ぶ必要がなく、スムーズに入園することができます。

たとえば、ディズニーランドに着いてから帰るまでが7時間だったとします。フリーパスは6,900円ですから、1時間あたりの価値は約1,000円です。つまり、並ぶ時間(1時間程度)がなくなったと考えると約1,000円分長い時間過ごせたと換算できます。

なお、同じオンライン購入でも「配送チケット」の場合は配送料一律540円と、代引き指定した場合は別途代引き手数料がかかってしまうため注意が必要です。

インターネットを最大活用、節約費用は無限大の情報収集!?

現代において情報収集は非常に重要な節約ポイントです。新聞、雑誌、インターネット上でも有料コンテンツをどのように購入し、消費していくかによって、年間では相当な差がつきます。

■新聞コストについて、もう一度考えてみよう

新聞は基本的に二つの情報で作られています。一つは、事実。例えば、「日本円が○ドルになった」ということや「明日の天気は晴れという予想」、「○○地域で地震が起きた」など、誰が何と言っても揺るがない一般的な事実です。

新聞の情報としての付加価値は、その事実に対して、「その新聞社がどう思っているか」という意見です。その新聞社を懇意にしている購読者は、基本的にその「意見」を読みにくるわけです。でも、そういったことに基本的に価値を見いださなければ、新聞を購読することは不必要だと言っていいでしょう。なぜなら、事実レベルの情報であれば、インターネットを調べればすぐに出てきますし、そもそもその程度は、新聞社のサイトでも確認することが出来ます。

無自覚にまだ新聞を取っている人がいるのであれば、もう一度考え直し、「本当にこの新聞社の意見を読みたいのか」ということでなければ、紙面での購読は切り捨てていいでしょう。これで月2000〜4000円程度の節約になります。

■雑誌・本は図書館を最大活用する

インターネットを通じて図書館を活用すれば、本から情報を得ようとする人でも相当な節約ができます。本は新刊で1000〜1500円ぐらいしますよね。中古本が出ていればいいですが、古本屋やAmazonなどのネットショップでもまだ流通していないという新鮮な本がどうしても読みたいというのであれば、一見アナログに感じるかもしれませんが、ぜひ図書館を使いましょう。「図書館でも貸し出されている」そんなケースももちろんあるでしょう。ですが、もはやほとんどの図書館でインターネットでの予約を受け付けています。それを利用しましょう。

ある読書家の人は、月曜日に必ず、インターネットを通じて図書館で予約出来る最大量10冊をネット予約しておくといいます。当然そのときには「貸し出し中」の本があるのですが、だいたい貸し出し期間は2週間。その週末もしくは翌週末にはだいたい、その時に借りていた方から返却されてきていて、ただで新刊も読むことができるというわけです。仮に2週間のスパンで10冊無料とするならば、1ヶ月で20冊、一冊1000円だとしても2万円の節約になります。

図書館という昔ながらの形態も、インターネットを使えばさら便利に利用できるようになるのです。

ネット銀行使いこなし術Part.2〜金利はメガバンクの10倍も!

そろそろボーナスの季節。景気もよくなっているようだし、去年よりどれくらい増えるかな・・・と期待している方も多いでしょう。買い物や旅行などに使いたいけど、やっぱり将来のために貯蓄もきちんとしたいですよね。そのボーナスの預け先、もう決まっていますか?

メガバンクの1年物の定期預金に預けた場合、金利は0.025%(2015年5月18日現在)。100万円預けても250円(税込)しか利息がつきません。時間外にATMでお金をおろしたらあっという間になくなってしまう金額ですよね。でもネット銀行なら、なんとその10倍以上の金利がつくところもあるのです。

たとえば、オリックス銀行の「eダイレクト預金/スーパー定期」の場合、1年物の金利は0.25%。100万円を1年間預けると2500円(税込)の利息がつきます。たいした金額ではないと感じる方もいるかもしれませんが、お金が貯まるのは、こうした小さな積み重ねを大切にする人です。

地方銀行のインターネット専用支店も注目です。
たとえば、山形県のきらやか銀行ネットきらやかさくらんぼ支店の「ネットきらきら定期」。2015年4月〜2015年9月30日までの期間限定ですが、1年物の定期預金の金利はなんと0.375%です。名前だけでなく、金利も“きらきら”ですね。ただし、預入は30万円以上から。募集金額も170億円と限度があるので、利用する場合はお早目に!

岡山県のトマト銀行ももたろう支店「スペシャルきびだんご定期預金」は100万円までの預け入れで金利0.4%。100万円以上預けたい場合は、0.3%と金利が若干下がりますが、「きびだんご定期預金」を利用しましょう。

香川銀行セルフうどん支店「超金利トッピング定期預金」も、「セルフ」なだけに金利が上乗せされていて、100万円までの預け入れで金利0.4%。100万円以上預けたい場合は、金利0.3%の「金利トッピング定期預金」を。こちらの銀行は、3年物ではありますが「宝くじトッピング定期預金」というのもあります。金利自体は0.035%とそれほど高くはありませんが、合わせて億万長者への夢も見られます。

従来、地方銀行は一定のエリアの人しか利用できませんでしたが、ネット支店ならその地方に住んでいなくても口座が開設できるので便利ですね。インターネット専用支店の場合、お金を引き出すときには、全国のコンビニやゆうちょ銀行などのATMを無料または通常より安く利用できるのもメリットです。ただし、銀行によって条件が異なる場合もあるので、口座を開く際には必ず注意事項を確認するようにしましょう。

コンビニATM利用料がお得、金利が高い・・・などなど、とてもお得なネット銀行。他にもたくさんのメリットがありますので、また次回ご紹介しますね。

2015.6.15更新

ランキング