ヒートアイランドに対抗!夏の水道水を使いまわして節約するワザ

1504.jpg

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・水、ビニールプール、じょうろなど

<How to>

1ビニールプールの水は毎日かえよう

2ビニールプールの水を打ち水に使いまわそう

※1ヶ月:約1000~円

暑い季節、シャワーにたびたび入ったりして、ただでさえ水道代がかさみますよね。

さらに、小さい子がいる家庭なら、お庭にビニールプールを出したり、エコ意識の高まりから打ち水をする家庭もあるかもしれません。
そんな夏場に、水をうまく使いまわして水道代を節約する方法はないものでしょうか。

1. ビニールプールの水は毎日かえよう
子どもが大好きな水遊び。広めのベランダや庭のあるご家庭なら、ビニールプールを出して遊ばせると、子どもも大喜びですよね。
でも、毎日毎日遊んでいると、水道代の請求書を見てびっくり!なんてことにも。
お水がもったいない、なんとか明日も使えないものか……と思いますが、ビニールプールの水には、子どもの足についた砂や芝生、汗やなかにはおしっこが混ざっている可能性が高いので、衛生のためにも、お水は毎回換えるほうがよいようです。
小さい子なら、ベビーバスで代用するとためる水が少なくて済むようです。また、プールにたっぷりと水をためず、足がちゃぷちゃぷと浸かる程度でも、小さな子であれば十分楽しめます。

2. ビニールプールの水を打ち水に使いまわそう
   ビニールプールで遊び終わったあとの水は、「植物の水やりに使う」「掃除や洗濯に使う」「打ち水に使う」などの方法で、使いまわしが可能です。
とくに、最近エコや節電意識の高まりで注目されているのが打ち水です。打ち水とは、じょうろやバケツ、ひしゃくなどを使って地面に水をまくことで、涼をとる方法です。
2003年から政府も後援する社会実験としてのプロジェクトである”打ち水大作戦”が全国で行われています。これは、ヒートアイランド現象に対して、昔ながらの知恵である打ち水がどのような効果を持つのか、決まった時間にみんなでいっせいに打ち水をしてその効果を検証するという計画です。
例えば、朝のまだ涼しい時間帯に打ち水をすると、まいた水がすぐに蒸発せず、午前中を涼しく過ごせます。夕方も同じように、気化熱によって夜を涼しく過ごすことができます。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

Yuan su

台湾生まれ。日本の大学を卒業後、マレーシアの日系企業にてコンサルタントとなる。ビジネスで培った包括的な知識でテーマを深堀り。

Yuan su

関連記事

特集

関連記事

命の値段じゃない!生命保険のムダの見つけ方

“万が一”に備えて、家族のために生命保険に加入していても、いくらの保険金をもらえるかまで、正確に把握している人はそう多くありません。

また、勧められるままに契約して、その金額が自分に合っているかどうかわからないという話もよく聞きます。では、一体いくらの保険金を用意すればいいのでしょうか。

必要な保険金の大きさ「必要保障額」は、“命の値段”や“愛情の値段”などと言われることもありますが、実はインターネットで調べることができます。Webの検索ツールで、 「必要保障額 シミュレーション」 と入れて検索してみましょう。保険会社のホームページや比較サイトに提供されているツールが出てきます。自分や家族の年齢や収入など情報を入れていくと、最後に保険でいくら用意すればいいのか、一目瞭然。ただし、結果が大きく異なることも。どうしてそのような違いが出てくるのでしょうか。

必要保障額は、今あなたが亡くなったと仮定して、遺族の一生分の「支出」から「収入」と「現在の貯蓄額」を引いて計算します。一生分とは、配偶者の平均寿命や90歳までなど。結果がプラスなら、“支出が大きく、必要なお金が足りない”、つまりこの金額が用意したい保険金額です。

必要保障額=遺族の生活費など「支出」-遺族年金など「収入」-現在の貯蓄額

「支出」として考慮するもの  
・遺族の生活費:一般的に現在の生活費の7~8割程度
・住居費:賃貸は一生分、持ち家でローンの保険(団体信用生命保険)に加入していればゼロ
・教育費:コース別(公立・私立)にかかるお金
・その他:持ち家のリフォーム代や車の買換え費用など一時的にかかるお金

「収入」として考慮するもの
遺族基礎年金:18歳までの子どもがいる場合に受け取る。金額は子どもの人数によって異なる
遺族厚生年金:会社員・公務員の場合に受け取る。金額は収入や勤続年数によって異なる
配偶者の収入:配偶者が働く場合の収入と、老後の配偶者自身の年金額

生活費を何割程度で見込むか、住宅の考え方などの違いによって、結果が異なるのですが、2つ3つ試してみてください。おおよそ見当がついたら、自分が今入っている保険の金額と比べてみましょう。多過ぎるなら、それはムダな保障。一部だけ解約して、保険金額を下げることで、保険料の節約が可能です。反対に少な過ぎる場合は、備えが足りないということですから、保障の追加を検討しましょう。今入っている保険とは別の保険会社でも構いませんから、安い保険料の会社を探しましょう。必要保障額がゼロ(収入の方が多い)となったら、基本的に保険そのものがいらないことになります。

2015.5.27更新

夏の節約レジャーの定番!海水浴をもっともっとオトクに楽しむ

夏のレジャーといえば海水浴。遊園地やレジャー施設に行くのに比べたら、海に行って泳ぐだけならお金もあまりかかりませんし、節約したい人向けのレジャースポットといえます。

そんな夏の定番節約レジャーの海水浴をもっとオトクに楽しむ方法を紹介します。

1.下調べを万全に
レジャーに出かける前に、どの海水浴場にいくか、周りにはどんな施設があって、どれくらい安く利用できるか、無料の駐車場や最寄りの公共交通機関はどこか、など下調べは万全にしておきましょう。
行き当たりばったりは浪費のもとです。事前の下調べが、節約の成否をわけると言っても過言ではありません。

2. 海の家は使わない
海水浴場にずらっと並ぶ「海の家」。利用すると1人当たり1500円くらいかかるので、家族4人で6000円の出費。もったいないですよね。
利用をさけるためには、レジャーシート、簡易テントなどを持参しましょう。また、お昼ご飯も海の家では高めに設定されているので、お弁当や水筒を持参したり、事前にコンビニでおにぎりなどを購入しておきましょう。これらの食べ物は、直射日光で傷まないように、クーラーボックスや保冷袋に入れるのを忘れずに。
また、シャワーも海の家で利用すると高くつきます。自宅でポリタンクに水道水を汲んでおき、海で遊んでいる間に砂浜に置いておきます。すると、帰るころには水がちょうどいい温度にあたたまり、足の砂を落としたりするのに使えます。ポリタンクをわざわざ買うのがもったいないという場合は、空きペットボトルでも代用できます。

3. 海の家は交渉してみる
どうしても海の家を使いたいという場合は、交渉してみると割引してくれることもあるようです。海岸にはずらっと何十軒もの海の家が並びますから、それぞれ競争もあるのでしょう。食事をする、パラソルや浮き輪を借りる、などオプションをつけると交渉しやすくなるかもしれません。1軒目で値引きを断られたとしても、よそではやってくれる可能性があります。あきらめずに聞いてみてはいかがでしょうか。

非公開: 「ギャル流の節約術」マネギャルのケツ論

マネギャル第2回のテーマは「マネギャルの節約術」。
日頃色々な事でお金がかかりそうなギャルという生き方。そこを生き抜くには彼女たちなりの昔から伝わるワザがあった。

ファッション、メイク、食まで多岐に渡る節約術、彼女たちの出した節約に関するケツ論は?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ギャル流の節約術』

左からフウカ、シエナ、キョン

キョン「マネギャルの節約術?でもまぁ、なんかほら、ウチら結構見た目にお金かかるじゃん?」
フウカ、シエナ「うん」
キョン「なんかほら、ドンキホーテとか行って付けまつ毛とか2枚入りと5枚入りあるけど
    絶対5枚入り買わない?」
フウカ「5枚入りの下にある500円くらいの戸棚探さない?」
キョン「そうそうそう(笑)目に付けときゃバレないから」
シエナ「値段なんてね。あと1月になったら福袋買って服沢山あるから年内は何も買わないでいい
    って感じ」
キョン「そうだよね。お正月の初売りに並んでるもんね」
シエナ「そう、あのー」
キョン「なんか新聞紙に取られてたじゃん」
キョン「フウカなんか洋服とかである?節約術」
フウカ「洋服は結構、、1回買ったものを年中着てる。
    夏物でも冬場着るし、冬物でもあんまモコモコしてなければ着ちゃう。
    全然着ちゃう」
キョン「だって長袖、半袖とかあるじゃん?切るの?」
フウカ「これくらい(五分)のものだったら夏でもいいし、冬だったらこの上にちょっと一枚
    着ちゃえばいいし年がら年中私はこれ着てると思う」
シエナ「自分は1つのポイントで高くしちゃって、その周りは安いものでいいと思って冬場は
    コートが一番目立つから7万、8万のジャケット買って」
キョン「高っ!そんなん持ったこと無いんだけど
    まぁね、ペラペラの服買ってもね。でも私は通販とか怖いなって思っちゃう」
フウカ「でも、失敗はする」
キョン「そう、失敗はしたく無いのよ、なんか、、、」
フウカ「でも、失敗したものを今度どう着倒してやろうか、
    こいつムカツクのどう着てやろうかなみたいな。」
キョン「へー~」
フウカ「で、また余計なの買うみたいな」
キョン「あ~~、こういうね小っちゃいもの、安いものを買って銭を失うのを「安物買いの銭失い」
    って言うんだよ。日本で。でもいいじゃんなんか別にさぁ、なんかね、メッシー、
    アッシーちょっと古い言い方だけど、ご飯奢ってもらう人とかね、なんかそのね、
    移動をちょっと伴ってくれる人とかいれば別に越したことなくない?フウカいる?
    メッシーとか、アッシーとか」
フウカ「アッシーは居ないけど、メッシー的なポジションの人は、多分言い方ちょっと違うけど、
    お友達的な感じ?ちょっと普通にご飯食べようよって言ってサクッと払ってくれるような人は
    何人か、、、」
キョン「それをメッシーと言うんだよ?」
フウカ「いやいやいや、あの語感大事じゃないですか」
キョン「じゃあマネギャルの結論は、「I love メッシー食費」やっぱ食費削らないとね。」
シエナ「食べ物大好き」
キョン「ね。焼肉奢ってくれる人、ちょっと神じゃない?」
フウカ「あ~~~」
キョン「神、神、神」
フウカ「肉大事」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ランキング