寝苦しい熱帯夜を乗り切る、クーラーの快適利用法!

このレシピを実行して

300貯まる!
<材料>

・クーラー

<Point>

1熱帯夜のクーラーあるある

2相続時精算課税における受贈者は20歳以上の子どもや孫

※クーラーは冷えすぎないぎりぎりで設定

1470.jpg

寝苦しい熱帯夜。熱帯夜とは、最低気温が25度以上の夜のことで、この数十年で熱帯夜の日数は年々増加しています。

ふだんは節約のためにクーラーをつけないという方でも、あまりの暑さや不快感に耐え切れず、クーラーをつけないと眠れないという人も多いかもしれません。昔ならクーラーなしでも乗り切れましたが、現代は環境が変わってきているのです。

今回は、熱帯夜を乗り切るクーラーの節約ワザを紹介します。

1. 熱帯夜のクーラーあるある
クーラーを一晩中つけて眠ると、翌朝なんだか身体がダルいという方はいませんか。これは、自律神経の働きによるもの。持続的に身体が冷やされていると、体温が下がりすぎないように自律神経が働きます。その結果、体温を上げようと身体のいろいろな部分が機能するので、寝ているはずなのにつかれてしまうのです。
また、タイマーをセットして眠ると、タイマーが切れた瞬間に暑くて目が覚めてしまうという経験もあるかもしれません。クーラーの効果で室温は涼しく保てるものの、コンクリート造りのマンションなどでは、柱や壁のなかまでは、なかなか冷やされません。そのため、クーラーが切れた瞬間に、すぐに室温が上がってしまうのです。5度以上の温度変化に繰り返し晒されていると、自律神経が参ってしまい、睡眠の質が低下。身体にさまざまな不調を引き起こします。

2. クーラーは冷えすぎないぎりぎりで設定
熱帯夜で快適に睡眠するクーラーの使い方は、身体が冷えすぎないぎりぎりの温度(28~29度)に設定し、一晩中つけておくというのが最適です。
「28~29度なんて暑すぎて眠れない!」という方がいるかもしれませんが、その場合は扇風機やサーキュレーターを併用してみましょう。室内の空気を循環させることで、温度を下げなくても涼しく快適に感じられるはずです。ただし、扇風機を直接身体に当てると体温が奪われてしまうので、身体には当てないように置く位置に工夫が必要です。熱い空気は上のほうにたまるので、扇風機やサーキュレーターはできるだけ上のほうに向けて使いましょう。

画像一覧

  • 寝苦しい熱帯夜を乗り切る、クーラーの快適利用法!

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

夏休みは自宅でゆっくり派に朗報!無料で映画を楽しめるサービス

夏休みも後半に突入しました。帰省して親孝行や旧友と親交を深める、旅行やレジャーに出かけるほかに、自宅でのんびりゆっくりして、日ごろの疲れをとるという過ごし方もあります。

もちろん、節約派のなかには、外に出て出費するよりも、家でゆっくりとお金を使わずに過ごしたいという人もいますね。今回は、そんな自宅で過ごす夏休みに向けた、無料で映画を楽しめるサイトについて紹介します。

1. 日本の映画料金は世界一高い!
日本の映画館で新作映画を見ようとすると、1回1800円もしますよね。これはなんと、世界でも最高額なんです。スイスが約1760円、スウェーデンが約1720円、ノルウェイ 約1680円というデータもありますので、為替相場にもよりますが、世界でも物価が高くて有名な北欧の国々よりと同じ、もしくはそれよりも高いということになります。
ほかに、DVDでレンタルするという方法もありますが、実店舗で借りると返却がめんどうだったり、うっかりしていて高額な延滞料金がかかったりするので、実際のところそれほど安いというわけではありません。ネットレンタルも、無料というわけではありません。

2. 無料で映画が楽しめる動画サイト
ネット上には、無料で映画が楽しめるサービスがあります。YouTubeなどの動画共有サイトでも映画がアップロードされていますが、多くは非合法のもの。全編ではなかったり、細切れだったり、見ようと思っていたら著作権違反で削除されてしまったりと、逆にストレスがたまります。
その点、「無料動画ステーションGYAO」のようなサービスなら、合法的に無料で映画などの動画が楽しめます。もちろん、映画館で封切られたばかりの最新作は無料で視聴できませんが、むしろ昔なつかしの名作映画や、人気ドラマなどがみられるので、そういった意味で楽しめます。ほかにも、動画配信サービスには、海外ドラマが充実の「hulu」などもありますが、こちらは月会費が必要です。ただ、2週間の無料お試しサービスもあるので、夏休み中のヒマつぶしに見てみたいという場合はよいかもしれません。

電気料金を見てびっくり、なんてならないために!夏場の冷房節約ワザ

最近、日本の気候がだんだん熱帯に近づいているせいか、異様に暑さを感じるようになりました。

そうなると、欠かせないのがエアコンです。しかし、つけっぱなしにしておくと、あとから電気料金の請求を見てびっくり! なんてことにもなりかねません。冷房は、夏場の家庭の消費電力の4分の1を占めるとも言われています。
今回は、電気代を節約しつつ、涼しく夏を乗り切る方法をお伝えします。

1.フィルターはまめに掃除をしよう
フィルターをきれいに保つだけで、電気の消費を抑えることができます。「え?なんで?」と思うかもしれませんが、たとえば息を吸うときに、口のまわりに布を当てると、息苦しい感じがしませんか? それと同じことで、フィルターにホコリがつまっていると、空気を取り込む際にモーターによけいな負荷がかかり、電気を無駄に使うことになるのです。クーラーの効率アップのためには、フィルターをきれいにして、空気の出入りをしやすくすることが肝心です。
掃除をするときは、水洗いするとよけいにホコリがつまってしまうので、古い歯ブラシなどでこすって、その後、掃除機で吸い取るようにしましょう。

2.設定温度に気を付けよう
節約のためには、設定温度に気を付けましょう。1度高くすると約13%の消費電力の削減になるというデータもあります。
一般的に「27~28度がよい」なんて言われます。でもこれじゃ暑すぎる!なんて思うかもしれません。その場合は、サーキュレーターや扇風機で、部屋の空気を循環させましょう。冷たい空気は足元にたまるので、空気をかき混ぜることで、足元の冷え過ぎをふせぎます。

3.換気をしてから使おう
昼間外出をしていて閉めきっていた部屋は、夜になっても熱気がこもっています。むっとした空気に耐え切れず、すぐにクーラーをつけて冷やしたいところですが、節約のためにはそこで一呼吸です。クーラーをつける前に、窓を開けて空気の入れ替えをしましょう。5分ほど換気をするだけで、クーラーの効きがよくなります。
また、日中出かけるときは忘れずにカーテンを閉めておき、熱がこもらないようにしておきましょう。

株って実は身近なもの。株を買ってハッピーになろう!

「株」とか「株式投資」というと、「私には関係ない」と思っている人が多いでしょう。でも実は、「株」って誰にとっても身近なものなのです。

世の中にはたくさんの会社があります。たとえば、

いつも買い物をするスーバーやコンビニを経営している会社、
通勤・通学に利用している電車やバスを走らせている電鉄会社やバス会社、
冷蔵庫やエアコンなどの家電製品を作っている会社、
服や靴、バッグなどを作っているメーカー、
パンやコーヒーなど食料品や飲料を製造したり海外から輸入したりしている会社、
電気やガスの会社

などなど……

世の中のこうした会社の多くは「株式会社」という形をとっています。株式会社とは、事業を行うのに必要なお金を「株」を使って集めている会社のこと。

株式会社はいろいろな人から、事業資金を提供してもらいます。そして「株」を発行して、資金提供してくれた人に渡します。この仕組みを違う見方で見ると、お金を出して「株」を買うことになるわけです。つまり、株を買うということは、その会社に資金を提供すること、つまり「出資すること」なのです。出資して株を受け取った人は「株主」と呼ばれます。

日本には170万社あまりの株式会社があります。そのほとんどは規模が小さく、株を買える人を親族や知人などに限っています。
一方、最初は規模が小さくても成長して大きくなり、より多くの事業資金を必要とする会社もあります。そうなると関係者からの出資だけでは足りないので、株を「証券取引所」というところに登録して誰でも買えるようにします。
証券取引所に登録することを「上場(じょうじょう)」、登録している会社を「上場会社」といいます。現在、上場会社の数は3,500社ほど。私たちが名前を知っているような大きな会社はたいてい上場会社です。

上場会社の株なら誰でも買うことができます。株を買って「株主」になると、年に1回か2回、会社の利益の一部を保有する株数に応じて受け取れます。これが「配当」です。また、保有している株はいつでも売ることができ、買ったときより高い価格で売れば、その差額を得ることができます。

たとえば、お気に入りのお店を経営している会社や好きな商品を作っている会社などの株を買えば、その会社にお金を出資することなり、その会社を応援することになります。そんな会社の株を買って、利益が得られればとてもハッピーですよね。
あなたも、株を買ってハッピーになってみませんか。

2015.5.13更新

ランキング