定額のおこづかい、子供はどう運用する?「親子ゲーム」9月20日新宿で。

2259.jpg

 ファイナンシャルアカデミーは、9月20日に東京都新宿区で小学1年生から6年生を対象とした「おこづかいゲーム会」を開催する。定員は親子20組で、受講料は親子2名1組あたり1,000円(税別)。

 ファイナンシャルアカデミーは、「お金の教養」「お金の知性」に関する総合マネースクール。お金の貯め方や使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで独自のカリキュラムが組まれている。

 おこづかいゲーム会は、定額制のおこづかいを始める前に、親子で話し合って決めたおこづかいのなかから必要な物と欲しい物をどうやりくりするのかを学ぶシュミレーションゲーム。

 対象は、小学校1年生から6年生とその保護者。子どもにお金の知識を身に着けさせたいという悩みや、子どものおこづかいをどのようにすれば良いかわからない保護者向けの内容だという。同ゲームは、親子でお金を大切に扱って管理し、貯蓄能力を高めることが狙い。

 当日は、おこづかいゲームの準備とルール説明を受けたのち、実際にゲームを行う。ゲーム後は振り返りを行い、子どもはクイズ大会に参加する。子どものクイズ大会中、保護者には質疑応答の場が設けられる。参加方法やそのほか詳細はWebサイトで確認できる。

◆おこづかいゲーム会
日時:9月20日(日)10:00~12:30
場所:ファイナンシャルアカデミー新宿本校C2教室
対象:小学校1年生~6年生とその保護者
定員:親子20組※保護者1名、子ども1名で1組
受講料:1組1,000円(税別)
申込み:Webサイトから申し込む

<関連記事>

画像一覧

  • おこづかいゲーム会
  • ファイナンシャルアカデミー

提供元

関連記事

特集

関連記事

【夏休み】親子で行きたい恐竜イベント5選

 各地で恐竜をテーマにした催しが行われている。2015年は、8月5日から映画「ジュラシックワールド」が公開されたことも手伝い、子どもたちの「恐竜熱」が高まっていそうだ。リセマムで紹介した恐竜イベントを、まとめて紹介する。

◆恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)8/31まで
 360度トンネル型の屋外プロジェクションシステム内で行われる「恐竜と遊ぼう!タッチdeジュラ紀」では、人の動きを感知し映像が動く最新の技術を公開。眠っているトリケラトプスに触れると起きて動き出すなど、恐竜の迫力満点な姿が楽しめる。期間中は抽選でプレゼントが当たる恐竜スタンプラリーも開催されている。同時に、映画「ジュラシック・ワールド」公開を記念したパネル展も行われる。

◆メガ恐竜展2015(千葉県千葉市/幕張)8/30まで
 日本初公開となるトゥリアサウルスの復元骨格が見もの。竜脚類研究の第一人者、ボン大学のマーティン・サンダー教授による最新の研究成果の紹介や、クジラやマンモスなど巨大生物の展示も行われている。そのほか、エウヘロプス、ライスロナックスの全身骨格も日本で初めて公開している。

◆ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博(神奈川県横浜市)8/31まで
 「トルボサウルス」の全身骨格を世界で初めて公開するほか、「白亜紀の恐竜王」であるティランノサウルス“ティンカー”の実物全身骨格が日本初公開となる。モササウルスやブラキオサウルスが全身骨格や復元恐竜ロボットで展示されているなど、迫力のある展示が多数。アトラクションやお祭り屋台が並ぶ縁日エリアや、本物化石クリーニング体験のできるコーナーも用意されている。

◆DINO-A-LIVE in ふくい勝山2015(福井県勝山市)8/24
 世界初とされる体験型恐竜ライブ「DINO-A-LIVE」。勝山市民会館で行われるふくい勝山公演では、ラプトル、アロサウルス、ティラノサウルスが出演する。本物そっくりの質感の恐竜たちが、目の前でまるで生きているかのように動き回るという。ライブ所要時間は25~30分。同ライブは、福井県のほか東京都や神奈川県でも公演を行った。

◆恐竜ワールド in 名古屋(愛知県名古屋市)8月15・16日
 展示を「眺める」だけで終わらないという、参加型の恐竜博。展示は、自動で唸り、動き、吠える恐竜模型を展示する。全長7メートルのティラノサウルスや、全長9メートルのアパトサウルスが目の前で動くリアルな恐竜展示を楽しめる。そのほか、恐竜時代へタイムスリップする3Dシアターや、恐竜の進化について学べるパネル展示も企画されている。

親の努力次第?!学習塾の費用を節約するワザ

人生最大出費の一つが、子どもの教育費であることは間違いありません。できればここは節約せず、存分に費用をかけてあげたいところですが、無い袖は振れないとお悩みのご家庭も多いでしょう。今回は、子どもの塾代や習い事を節約するワザを紹介します。

■通信教材に切り替える

高校受験の場合、塾代だけでも、入学金・授業料・夏期講習・冬期講習・模試代を含めて1年間で60~80万円かかります。大学受験であれば、さらに年間10万ずつプラスされると言われます。さらに、小学3年生の2月~6年生の1月までの3年間通うことが多い中学受験なら、3年間で200万円ほどかかるといわれます。これにプラスして、塾への送迎代や交通費、お弁当などの費用もかかります。

こうした費用を切り詰めるためには、通信教材の活用を検討してみましょう。子どもの自立心や勉強内容への親の関与も必要になりますが、費用的には節約になるはずです。

■受講期間・科目を減らす

両親が忙しく自宅学習が難しい、塾に通わなければ志望校に受からない……という場合は、塾に通う期間や科目を見直してみましょう。
塾に言われるままになるのではなく、「苦手な科目だけ通う」「受験前の追い込みシーズンだけ通う」などで、コストも削減できるはずです。

■「なんとなく」はやめる

塾以外の習い事については、「なんとなく」での受講をやめましょう。「ママ友や仲のいい同級生に誘われた」や「みんなが習っているから」などではなく、家庭の教育方針に従って、「これを身に付けさせたい」というものだけに絞りましょう。友達付き合いと習い事は切り離して考えたほうがよさそうです。

■単発の講座などを利用する

「水泳が苦手」という子どもに泳ぎを習わせたいなど、「苦手を克服したい」「ちょっとやってみたい」という場合は、夏休みの間だけなどの単発講座を活用してみましょう。

また、自治体の広報には、1日や数回限りのさまざまな体験教室が紹介されていることがあります。分野も、芸術系やスポーツなど多彩で、子どもだけのもの、親子で参加できるものなどさまざま。ぜひこういった機会も活用してみましょう。

親との同居で相続税が安くなる?! 小規模宅地等の特例の威力!

7月1日、2015年分の路線価が発表になりました。

路線価は、道路に面する標準的な宅地1平方メートル当たりの評価額で、相続税や贈与税を算定するときの基準になるものです。報道によれば、大都市圏が引っぱる形で、地価全体に底入れ感が出ているといいます。

所有する財産の価値が上がるのはうれしいものです。でも、相続税のことを考えると気が重くなってしまうという人もいるでしょう。そこで知っておきたいのが、「小規模宅地等の特例」です。

小規模宅地等の特例は、相続などで取得した土地の評価額を、一定のルールの下に減額できる制度です。いくつかの条件をクリアする必要がありますが、例えば、同居している子どもが、親の土地(自宅の土地)を相続すると、330平方メートルを限度に、評価額を80%も減らすことができます。

ひとりっ子が、親の財産6,000万円(土地(160平方メートル)3,000万円、その他3,000万円)を相続するとき、基礎控除額は3,600万円です(3,000万円+600万円×1人=3,600万円)。これを超える2,400万円に対する相続税は310万円にもなって、なんだかもったいないと感じます(詳しくは、。相続のコラムを参照)

そこで、マイホームを買う計画をやめて、親との同居を考えることにします。その分のお金で、実家をリフォームするのもいいし、思い切って建て替えるのもいいかもしれません。いずれにしても、同居によって小規模宅地等の特例を適用できれば、3,000万円の土地の評価を80%も減らすことができます。その額は2,400万円にもなります(3,000万円×80%=2,400万円)。親の財産が減ると、相続税も減ります。このケースは基礎控除額である3,600万円におさまりますから、相続税はかからないことに(6,000万円-2,400万円=3,600万円)。同居で310万円もの節税に成功です。

土地の利用の仕方を変えることで、相続税の節税になることがあります。節税ありきではないかもしれませんが、検討する価値は充分にあるでしょう。また、その効果を確実に得るためには、相応のプランニングが欠かせません。あらかじめ税理士などの専門家に相談することをお勧めします。
※税計算において、記載のない条件は考慮していません。

ランキング