衝撃!若者の3割が「できれば働きたくない」…電通総研調査

2249.jpg

 非正規雇用の割合が男女平均で約3割、女性では約4割にのぼる18~29歳の若者。彼らの約4割が「働くのは当たり前だと思う」(39.1%)一方で、約3割が「できれば働きたくない」(28.7%)と考えていることが、電通総研と電通若者研究部(ワカモン)が共同で行った「若者×働く」調査から明らかになった。

 働く上での不満については、18~29歳では「給料やボーナスが低い」(50.4%)、「有給休暇が取りづらい」(23.8%)、「仕事がマンネリ化している」(17.6%)が上位。「給料やボーナスが低い」はどの年代においても共通して高いが、「有給休暇が取りづらい」「通勤時間が長い」「残業時間が多い」という項目は、年代が若いほど高かった。

 調査結果ではこのほか、働く目的、理想的な働き方、「社会」の捉え方などについて紹介している。

 調査は、週3日以上勤務の全国の就労者から18~49歳の男女を対象に、2015年3月20日~3月23日にインターネットで実施。18~29歳の男女3,000名を対象とし、30~49歳の男女2,400名のデータと比較することで、若者の現在の働き方、働く目的、働くことに対する意識などを明らかにするというもの。

画像一覧

  • 写真はイメージです
  • 現在の雇用形態
  • 働く上での不満(複数回答)
  • 働くことへの考え方(複数回答)

提供元

関連記事

関連記事

独立・開業希望者向け情報サイト『マイナビ独立』を8月オープン!先行会員登録受付開始! 9月開催イベントでは無料セミナーも!

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区)は、 新たに総合独立情報サイト『マイナビ独立』( https://dokuritsu.mynavi.jp )を8月26日(水)にオープンする。 それに先立ち、 7月29日(水)より会員登録の先行受付を開始した。

『マイナビ独立』は、 独立・開業希望者や、 新規事業を検討する法人に向けて、 フランチャイズ加盟店・代理店の募集情報や、 独立に必要な知識やノウハウを提供する総合独立情報サービス。
独立・新規事業を検討中のユーザーと、 店舗展開・サービス拡大を図る法人との出会いをサポート、 最適なマッチングサービスを提供する。

■ 多彩な検索軸で、 最適な独立情報を検索可能
独立や開業に対する検討度合いに応じて、 最適な検索方法を選択。 人気エリア、 人気業種などに加え、 開業予算、 事業スタイルなどで検索が可能。

■ 独立・開業準備に必要な知識を学べるコンテンツが豊富
独立に興味はあるが、 何から始めて良いのか分からないという人に向けて、 開業までに必要な知識や開業資金のことなど準備事項が学べるコンテンツが充実。 既に独立・開業した先輩たちのインタビュー記事からは、 なぜそのビジネスを選んだのか、 現在に至るまでの苦労、 やりがいや今後の目標など、 先輩たちのリアルな声が聴ける。

■『マイナビFC&独立・開業EXPO』を開催
Webサービスに加え、 直接のコンタクトの機会を創出することを目的としたマッチングイベントを、 今秋は東京と大阪の2会場で開催。 ビジネスモデルや、 開業コスト、 事業経営について直接説明を受けることができるほか、 「事業計画の作り方」や「資金調達の方法」に関する無料セミナー、 「物件開発」等の無料相談コーナーも設置するという。

『マイナビFC&独立・開業EXPO』は、 Webに先行して2012年より開催され、 これまで東京・名古屋・大阪・福岡で開催、 延べ約3,800人を動員した実績をもつ。 参加者の約7割が独立・開業イベントに初参加で、 既に本格的に独立準備を進めている方のみならず、 これから独立を考える方にも役立つイベント。
開業・独立を目指す人は出かけてみよう!

———
≪『マイナビFC&独立・開業EXPO』開催概要≫
<大阪>
開催日 :2015年9月16日(水)
開催時間:11:00~17:00(最終受付16:45)
会 場 :梅田ハービスホール
URL  : http://tenshoku.mynavi.jp/event/fc/osaka/150916

<東京>
開催日 :2015年9月29日(火)
開催時間:11:00~18:00(最終受付17:45)
会 場 :東京ドームシティ プリズムホール
URL  : http://tenshoku.mynavi.jp/event/fc/tokyo/150929

大学3年生必見!離島の島おこし支援!交通費宿泊費無料で2泊3日の起業家育成プログラム 転職・独立

10年で100人の社長育成を掲げる株式会社TBIJAPAN(本社東京)は、大学3年生を対象に実践型アウトドアインターンシップ「KING」の説明選考会を、 2015年7月31日(金)より開催する。

これまでも経営者を目指す人材のみに特化した採用を行い、これまでにも最大1億円で起業をサポートする無料ビジネススクール「VABS」(※1)を運営するなど起業家の輩出に尽力してきたTBIでは、今年より新たなプログラム「KING」を導入。

これは、地域貢献に繋がる新たな就業体験制度として、 離島での実践型アウトドアインターンシッププログラム。説明会と1day VABSを経て、 見事参加資格を手に入れた学生は、 離島で開催される2泊3日のインターンシップに参加。参加者には島の住民が抱える課題をゼロから発見し、 解決に向けた糸口を探ってもらうなど、 ビジネスの本質でもある社会貢献活動を体感できる社会貢献型プログラム。

実際に島の住民が抱える課題をゼロから発見し、 解決に向けた糸口を探ってもらうなど、 ビジネスの本質でもある社会貢献活動を体感できる社会貢献型プログラム。 離島までの交通費や宿泊費は全て無料。 自分のアイディア一つで島の活性化に繋げることができる地域活性型の新しいインターンの取り組み。プログラムに決められた課題はなく、参加者自ら課題を見つけるところからスタートすることで、 経営者に必要な課題発見力を身につけてもらいという。

自分のアイデアひとつで離島を活性化することができる!離島に無料で行けて、そこで自分を見つめ、経営者としての資質を磨けるとは、まざに一石三鳥のビッグチャンス。

大学3年のアントレプレナーの卵たちよ、即エントリーしよう!

エントリーサイト
http://www.tbi-group.co.jp/king

※1VABSは株式会社TBIJAPANの運営する就活中の学生や第二新卒のビジネスパーソンを対象に、 1ヶ月の期間で実際のビジネスを体験しながら経営と起業について学べる新しいビジネススクール。

独立開業する人は必見!最大200万円の補助!

最近、20代~30代の若い社長がどんどん世の中に出ています。独立開業は、アイデアとやる気があれば出来る!と言いたいところですが、若いうちはなかなか先立つものが無いというのも現状です。

まったくお金がない・・というのも事業を運営するためには厳しく、なんとか用立てる必要があります。しかし、最初の資金が用意できれば、経費が最大200万円戻ってくる方法があります。

これから起業を考えている方は、ぜひ、こちらの補助金制度をチェックしてみてください。それは、中小企業庁がやっている「創業・第二創業促進補助金」というものです。こちらは、最大で200万円の補助金を受けられます。毎年春先に募集があります。そして、個人でも、その後、個人開業や会社の設立をすれば応募が出来ます。

補助金申請の簡単な流れですが、まず応募申請書を作成します。ここでのポイントは、自分の考えている起業の内容を具体的に考えて、きちんと計画書に盛り込むことです。補助金の目的が、地域を元気にすることや新たな雇用を生み出す可能性がある起業を応援することなので、そこを分かり易くアピールする必要があります。

審査では、

1.事業の独創性(アイデアが他にあまりないようなものだと目立ちますよね!)
2.事業の実現可能性(本当に起業出来るかどうか?)
3.事業の収益性(起業をした結果、儲かる可能性があるか?)
4.事業の継続性(すぐに事業が立ち行かなくなることがないか)
5.資金調達の見込(起業時のお金を集めることが出来るか)

などが見られます。

そして、応募をして採用の決定がされれば、経費の見積書を作成し申請します。経費は、認められるものと認められないものがあるので、事前のチェックが重要です。例えば、アルバイトなどの人件費や会社設立のための経費、お店を借りる費用、物を売り出すための広告宣伝費などが費用の対象となります。経費とならないものに、例えば、お店を借りる敷金・礼金などがあります。賃料は対象となってもこちらは対象とならないのです。対象となる経費の3分の2が補助金額になります。そのため、ここはとっても重要な部分ですので、細かいチェックが必要です。

申請書類などはホームページ上でダウンロードが出来ます。また、過去のどのような事業が採択されたのか、結果を見ることも出来るのでぜひ参考にしてみてください。

ランキング