【夏休み】小学生対象、ゆうちょアイデア貯金箱コンクール、8/31募集開始

2247.jpg

 毎年恒例の「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」。1975年にスタートし、今年で第40回目を迎える同コンクールの作品募集が、8月31日に開始される。今年も、貯金箱1作品につき10円が、日本ユニセフ協会と独立行政法人国際協力機構に寄付される。

 対象は小学生で、応募は学校単位。学校で学校代表作品を各学年1作品選出し、作品の画像やコメントをホームページもしくは郵送で、9月30日までに応募する。応募作品から合計で253点(「学校代表賞」「参加賞」を除く)に、文部科学大臣奨励賞(申請中)、ゆうちょ銀行賞、ゆうびんきょく賞」、審査員特別賞、すてきなデザイン・アイデア賞、エリア別ブロック賞(仮称)が贈られる。

 「ゆうちょアイデア貯金箱コンクール」は、これからの社会を担う子どもたちに、貯蓄に対しての関心をもってもらうとともに、造形的な創造力を伸ばしてもらうことを目的に、郵便貯金創業100年を記念して1975年に開始されたもの。昨年は、日本全国の11,392の小学校から823,919作品の応募があったという。ゆうちょ銀行のホームページでは、第34回から第39回の入賞作品240作品を紹介している。

 40年の歴史をもつ同コンクール。応募経験のある親御さんも多いのではないだろうか。

◆第40回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール
応募資格:日本全国の小学生
応募期間:2015年8月31日~9月30
応募方法:小学校に作品・出品票を提出。学校は、各学年1作品の代表作品選出し、ホームページもしくは郵送により応募する。
最終結果:2015年11月下旬(予定)にホームページ等で発表
展示会:2015年12月から2016年3月にかけて、東京・愛知・大阪を含む全国6か所で実施

画像一覧

  • 第40回ゆうちょアイデア貯金箱コンクール
  • コンクールの流れ~お応募から展示まで

提供元

関連記事

関連記事

【夏休み】親子で行きたい恐竜イベント5選

 各地で恐竜をテーマにした催しが行われている。2015年は、8月5日から映画「ジュラシックワールド」が公開されたことも手伝い、子どもたちの「恐竜熱」が高まっていそうだ。リセマムで紹介した恐竜イベントを、まとめて紹介する。

◆恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)8/31まで
 360度トンネル型の屋外プロジェクションシステム内で行われる「恐竜と遊ぼう!タッチdeジュラ紀」では、人の動きを感知し映像が動く最新の技術を公開。眠っているトリケラトプスに触れると起きて動き出すなど、恐竜の迫力満点な姿が楽しめる。期間中は抽選でプレゼントが当たる恐竜スタンプラリーも開催されている。同時に、映画「ジュラシック・ワールド」公開を記念したパネル展も行われる。

◆メガ恐竜展2015(千葉県千葉市/幕張)8/30まで
 日本初公開となるトゥリアサウルスの復元骨格が見もの。竜脚類研究の第一人者、ボン大学のマーティン・サンダー教授による最新の研究成果の紹介や、クジラやマンモスなど巨大生物の展示も行われている。そのほか、エウヘロプス、ライスロナックスの全身骨格も日本で初めて公開している。

◆ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博(神奈川県横浜市)8/31まで
 「トルボサウルス」の全身骨格を世界で初めて公開するほか、「白亜紀の恐竜王」であるティランノサウルス“ティンカー”の実物全身骨格が日本初公開となる。モササウルスやブラキオサウルスが全身骨格や復元恐竜ロボットで展示されているなど、迫力のある展示が多数。アトラクションやお祭り屋台が並ぶ縁日エリアや、本物化石クリーニング体験のできるコーナーも用意されている。

◆DINO-A-LIVE in ふくい勝山2015(福井県勝山市)8/24
 世界初とされる体験型恐竜ライブ「DINO-A-LIVE」。勝山市民会館で行われるふくい勝山公演では、ラプトル、アロサウルス、ティラノサウルスが出演する。本物そっくりの質感の恐竜たちが、目の前でまるで生きているかのように動き回るという。ライブ所要時間は25~30分。同ライブは、福井県のほか東京都や神奈川県でも公演を行った。

◆恐竜ワールド in 名古屋(愛知県名古屋市)8月15・16日
 展示を「眺める」だけで終わらないという、参加型の恐竜博。展示は、自動で唸り、動き、吠える恐竜模型を展示する。全長7メートルのティラノサウルスや、全長9メートルのアパトサウルスが目の前で動くリアルな恐竜展示を楽しめる。そのほか、恐竜時代へタイムスリップする3Dシアターや、恐竜の進化について学べるパネル展示も企画されている。

【夏休み】自由研究の味方!エコカーや天体望遠鏡など、買える工作キット

 宝島社は、作りながら学べ、遊んで楽しい「スーパー手回し発電カー」「天体望遠鏡BOOK」などの工作キットを発売した。どれも書店にて購入可能で、好みに合わせてキットを選べる。

 宝島社は、自由研究にも薦める工作キットを各種販売している。組み立てると車になり、電気の働きを学べるのは「スーパー手回し発電カー」。手巻きモーターに蓄電し、走らせることで電気回路の仕組みを学ぶ。車体にシールや色をつけてオリジナリティーを出すこともできる。

 「天体望遠鏡BOOK」は、三脚付き天体望遠鏡が1本入っている。ファインダー付きで初心者でも天体をとらえやすく、20倍、30倍、40倍の接眼レンズが付いているので、観測対象に合わせて倍率を変更できる。組立て用のドライバーと、天体観測情報が掲載された冊子も付属している。

 音楽好きな高学年には「ウクレレ」の工作キットを発売。小さくて持ち運びやすい本体は無着色で、自由にペイントしてオリジナルを作ることが出来る。図解楽譜も付いているため、組み立ててすぐに演奏を楽しめるという。

 小さい子どもでも楽しめる工作としては、「連射ゴム銃BOOK」がある。工具や接着剤不要でセミオートの6連射ゴム鉄砲が作れ、輪ゴムを用意すればすぐに遊ぶことができる。木製のボディは自分好みにカラーリングが楽しめる。

◆宝島社工作キットBOOK
・電気が分かる工作キット「スーパー手回し発電カー」
価格:1980円(税抜)
・5分で組み立て!「高性能天体望遠鏡BOOK」
価格:3100円(税抜)
・大人の工作キット「ウクレレPREMIUM BOOK」
価格:3333円(税抜)
・親子で作る工作キット「SUPER連射ゴム銃 BOOK」
価格:999円(税抜)

【夏休み】親子で楽しむ!横浜夜の動物園まとめ

 横浜市にあるよこはま動物園ズーラシア、野毛山動物園、金沢動物園の3動物園では、8月の毎週土・日曜日と8月14日の開園時間を夜まで延長する恒例企画「よこはま夜の動物園2015」を実施中だ。

 いずれも園内はイルミネーションやライトアップが行われ、夜になると活発に動き出す動物たちの展示のほか各種イベントが実施されている。動物やイルミネーションを見ながらビールやおつまみを味わうビアガーデンも設置され、大人も楽しむことができる内容となっている。

 よこはま動物園ズーラシアで夜間展示されるのは、スマトラトラやウンピョウ、インドライオンなどネコ科の動物と、インドゾウ、チーター、キリン、クロサイなど。2015年のテーマ「ズーラシアアフリカン・サマーフェスティバル」にちなみ、広場はアフリカの装飾で施され、アフリカンフェイスペイントや、アフリカの料理を味わうことができる。

 野毛山動物園で夜間展示されるのは、アムールトラ、インドライオン、ホンドタヌキやホンシュウジカなどで、息づかいが聞こえてくるほど近くで動物を見ることができるのがポイントだ。夜の動物たちのようすについて飼育係員が説明する特別ガイドツアーは19時からと19時30分からの1日に2回行われている。

 金沢動物園では、キリン、コアラ、インドゾウ、オオツノヒツジなどが夜間展示されている。14、22、23日の18時30分から各エリアの動物について説明する「おしゃべりナイト」が、15、16日はワークショップやステージイベントなどのほかに露店が出店する「こどもまつり」、29、30日には園内でアニメーションや映像、光のアート作品が展示される金沢動物園映像祭「ひかるどうぶつえん」と、週変わりでイベントが予定されている。

◆よこはま夜の動物園2015
・よこはま動物園ズーラシア
開催日:8月1日(土)~30日(日)の毎週土曜日・日曜日と8月14日(金)
時間:9:30~20:30(入園は19:00まで)
※草原エリアの4種混合展示は17:00まで
料金:大人800円、中人・高校生300円、小・中学生200円※毎週土曜日は高校生以下無料(要学生証明)

・野毛山動物園
開催日:8月1日(土)~30日(日)の毎週土曜日・日曜日と8月14日(金)
時間:9:30~20:30(入園は20:00まで)
料金:無料

・金沢動物園
開催日:8月1日(土)~30日(日)の毎週土曜日・日曜日と8月14日(金)
時間:9:30~20:30(入園は19:00まで)
料金:大人500円、中人・高校生300円、小・中学生200円※毎週土曜日は高校生以下無料(要学生証明)

ランキング