【夏休み】親子で行きたい恐竜イベント5選

2253.jpg

 各地で恐竜をテーマにした催しが行われている。2015年は、8月5日から映画「ジュラシックワールド」が公開されたことも手伝い、子どもたちの「恐竜熱」が高まっていそうだ。リセマムで紹介した恐竜イベントを、まとめて紹介する。

◆恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)8/31まで
 360度トンネル型の屋外プロジェクションシステム内で行われる「恐竜と遊ぼう!タッチdeジュラ紀」では、人の動きを感知し映像が動く最新の技術を公開。眠っているトリケラトプスに触れると起きて動き出すなど、恐竜の迫力満点な姿が楽しめる。期間中は抽選でプレゼントが当たる恐竜スタンプラリーも開催されている。同時に、映画「ジュラシック・ワールド」公開を記念したパネル展も行われる。

◆メガ恐竜展2015(千葉県千葉市/幕張)8/30まで
 日本初公開となるトゥリアサウルスの復元骨格が見もの。竜脚類研究の第一人者、ボン大学のマーティン・サンダー教授による最新の研究成果の紹介や、クジラやマンモスなど巨大生物の展示も行われている。そのほか、エウヘロプス、ライスロナックスの全身骨格も日本で初めて公開している。

◆ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博(神奈川県横浜市)8/31まで
 「トルボサウルス」の全身骨格を世界で初めて公開するほか、「白亜紀の恐竜王」であるティランノサウルス“ティンカー”の実物全身骨格が日本初公開となる。モササウルスやブラキオサウルスが全身骨格や復元恐竜ロボットで展示されているなど、迫力のある展示が多数。アトラクションやお祭り屋台が並ぶ縁日エリアや、本物化石クリーニング体験のできるコーナーも用意されている。

◆DINO-A-LIVE in ふくい勝山2015(福井県勝山市)8/24
 世界初とされる体験型恐竜ライブ「DINO-A-LIVE」。勝山市民会館で行われるふくい勝山公演では、ラプトル、アロサウルス、ティラノサウルスが出演する。本物そっくりの質感の恐竜たちが、目の前でまるで生きているかのように動き回るという。ライブ所要時間は25~30分。同ライブは、福井県のほか東京都や神奈川県でも公演を行った。

◆恐竜ワールド in 名古屋(愛知県名古屋市)8月15・16日
 展示を「眺める」だけで終わらないという、参加型の恐竜博。展示は、自動で唸り、動き、吠える恐竜模型を展示する。全長7メートルのティラノサウルスや、全長9メートルのアパトサウルスが目の前で動くリアルな恐竜展示を楽しめる。そのほか、恐竜時代へタイムスリップする3Dシアターや、恐竜の進化について学べるパネル展示も企画されている。

<関連記事>

画像一覧

  • 恐竜ショーやパネル展示(東京都港区/お台場)
  • メガ恐竜博
  • ダイノワールド2015 ヨコハマ恐竜博
  • DINO-A-LIVE in ふくい勝山2015
  • 恐竜ワールド in 名古屋
  • DINO-A-LIVE

提供元

関連記事

特集

関連記事

〜マイナンバー制度とは?〜【第10回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜マイナンバー制度とは?〜

来年からマイナンバー制度が始まります。
これは国民1人1人に12桁の番号が付与される制度です。
いわば背番号で管理されているような状況です。

なぜマイナンバー制度を導入することになったのかというと
行政事務の効率化や、国民の生活の利便性向上のためと言われています。

デメリットとしては、情報の一元管理によって、情報漏洩した際のリスクの増大があげられます。
国民の生活が便利になることや、国全体で無駄なコストの削減を行えることを考えると
期待が出来る制度なのではないでしょうか。

来年からマイナンバー制度が始まることに先駆けて、
2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。

動画はこちら

非公開: 「ギャル流の節約術」マネギャルのケツ論

マネギャル第2回のテーマは「マネギャルの節約術」。
日頃色々な事でお金がかかりそうなギャルという生き方。そこを生き抜くには彼女たちなりの昔から伝わるワザがあった。

ファッション、メイク、食まで多岐に渡る節約術、彼女たちの出した節約に関するケツ論は?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ギャル流の節約術』

左からフウカ、シエナ、キョン

キョン「マネギャルの節約術?でもまぁ、なんかほら、ウチら結構見た目にお金かかるじゃん?」
フウカ、シエナ「うん」
キョン「なんかほら、ドンキホーテとか行って付けまつ毛とか2枚入りと5枚入りあるけど
    絶対5枚入り買わない?」
フウカ「5枚入りの下にある500円くらいの戸棚探さない?」
キョン「そうそうそう(笑)目に付けときゃバレないから」
シエナ「値段なんてね。あと1月になったら福袋買って服沢山あるから年内は何も買わないでいい
    って感じ」
キョン「そうだよね。お正月の初売りに並んでるもんね」
シエナ「そう、あのー」
キョン「なんか新聞紙に取られてたじゃん」
キョン「フウカなんか洋服とかである?節約術」
フウカ「洋服は結構、、1回買ったものを年中着てる。
    夏物でも冬場着るし、冬物でもあんまモコモコしてなければ着ちゃう。
    全然着ちゃう」
キョン「だって長袖、半袖とかあるじゃん?切るの?」
フウカ「これくらい(五分)のものだったら夏でもいいし、冬だったらこの上にちょっと一枚
    着ちゃえばいいし年がら年中私はこれ着てると思う」
シエナ「自分は1つのポイントで高くしちゃって、その周りは安いものでいいと思って冬場は
    コートが一番目立つから7万、8万のジャケット買って」
キョン「高っ!そんなん持ったこと無いんだけど
    まぁね、ペラペラの服買ってもね。でも私は通販とか怖いなって思っちゃう」
フウカ「でも、失敗はする」
キョン「そう、失敗はしたく無いのよ、なんか、、、」
フウカ「でも、失敗したものを今度どう着倒してやろうか、
    こいつムカツクのどう着てやろうかなみたいな。」
キョン「へー~」
フウカ「で、また余計なの買うみたいな」
キョン「あ~~、こういうね小っちゃいもの、安いものを買って銭を失うのを「安物買いの銭失い」
    って言うんだよ。日本で。でもいいじゃんなんか別にさぁ、なんかね、メッシー、
    アッシーちょっと古い言い方だけど、ご飯奢ってもらう人とかね、なんかそのね、
    移動をちょっと伴ってくれる人とかいれば別に越したことなくない?フウカいる?
    メッシーとか、アッシーとか」
フウカ「アッシーは居ないけど、メッシー的なポジションの人は、多分言い方ちょっと違うけど、
    お友達的な感じ?ちょっと普通にご飯食べようよって言ってサクッと払ってくれるような人は
    何人か、、、」
キョン「それをメッシーと言うんだよ?」
フウカ「いやいやいや、あの語感大事じゃないですか」
キョン「じゃあマネギャルの結論は、「I love メッシー食費」やっぱ食費削らないとね。」
シエナ「食べ物大好き」
キョン「ね。焼肉奢ってくれる人、ちょっと神じゃない?」
フウカ「あ~~~」
キョン「神、神、神」
フウカ「肉大事」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

非公開: 資産運用に関心ありの方におすすめ!ビジネスニュースを無料で収集する方法

一昔前は、「社会に出るなら新聞を読もう!」なんて言われたものですが、最近では通勤電車の中で新聞を読んでいる人はめっきり少なくなりました。
ただ、ビジネスの場面などで新聞を情報にした話題が出てくることは少なくないものです。

とはいえ、新聞を毎日購読すると月に3000~4000円かかり、節約派には少なくない出費です。特に、ビジネス情報が豊富な日経新聞朝刊をキオスクで購入すると1部160円、夕刊で70円。30日買うと230円×30日=6,990円となります。日経新聞を定期購読して、配達してもらうと1ヶ月で4,509円もかかります。また、紙で配達されても、持ち歩きにくかったり、まとめて読んでいる時間がなかったり、捨てにくいといった悩みもあるかもしれません。
そこで、今回は日経新聞をもとにしたビジネスに使えるニュースを、新聞代を節約しながら収集する方法を紹介します。
1. 証券会社と契約する
日経新聞には、「日経テレコン」という日経新聞各紙(本紙、MJ、産業新聞、同社で発行している雑誌など)の過去記事を読めるサービスがあります。これは、日経新聞電子版とは別のものです。
楽天証券などの証券会社では、口座を開設している人へのサービスとして、従来は基本料金8,000円有料サービスであるこの日経テレコンを無料で閲覧できるようになっています。
株式売買などを行っている人は、こうして無料で日々の経済情報を得ることができます。節約するだけでなく、「増やす」ことにも関心がある方には、おすすめの方法です。

2. キュレーションアプリを使う
日々のニュースの中から、選りすぐりのものを選んで配信してくれるキュレーションアプリや、キュレーションサイト、まとめサイトなど、最近ネット上に乱立していますね。
最近、日経新聞でも公式のニュースキュレーションアプリが登場しました。日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、NIKKEI ASIAN REVIEW、日経ヴェリタスの5媒体から、土日を除く毎日、「ビジネス戦略ナビ」「ヒット&トレンド 」「知りたい!アジア 」「英語で聴くNIKKEI」の4つのチャンネルから、プロが選んだ8本(「英語で聴くNIKKEI」のみ5本)が配信されるというもの。プロの目で厳選した注目ニュースですから、やみくもに新聞を読むより、さくっと重要ニュースを把握できおすすめです。

ランキング