自分の体形にマッチしたオーダーシャツが、通常9800円のところ3,980円で!

このレシピを実行して

5820貯まる!
<材料>

・自分の体形の確認 ・採寸(サイズの測定)

・・インターネット環境

<How to>

1『LaFabric(ラファブリック)』のキャンペーンサイトにアクセス

2必要事項を入力し、決済

3製品が届くのを心待ちにする(3週間程度)

※正規オーダーした場合との差額

1405.jpg

ビジネスマンにとってスーツはユニフォーム。毎日着るスーツとそれに合わせるシャツに頭を悩ませている人も多いのではないだろうか?

既製品では肩や袖などが微妙に合わないことが多々ある。自分の体形に合わせてオーダーするばジャストサイズで体にフィットしたシャツが手に入るが、オーダーシャツはそれなりにコストがかかるのが悩ましい。

悩めるビジネスマンに朗報!自分の体型に合わせて作るオーダーシャツが、業界最安値級の3,980円で購入できるキャンペーンがスタートした。

これはファッションとITのスタートアップ企業ライフスタイルデザイン(本社:東京)の手がける、カスタムオーダーのメンズファッション通販サイト『LaFabric(ラファブリック)』が、オープン5ヶ月を記念して行うキャンペーン。カスタムメイドの着心地の良さをより身近に感じ体験してもらうために企画された。生地は定番の白シャツ生地のみだが、衿型やカフス、ポケット有無、前立てなどのデザインや貝ボタンの選択等は、通常商品と同様に好きなものを選ぶことができる。既製品では自分の体にぴったり合う一着に出会うのは難しいものだが、カスタムオーダーによってその悩みを解決することができる。
また、LaFabricでは、日本全国にあるアパレル工場と提携し、ネットワーク化することで、格安な価格のオーダーメイドを実現している。
キャンペーンはユーザーの反応によって延長の可能性もあるが、8月末までとなっている。

キャンペーンサイト
https://lafabric.jp/products/item/try-on-shirts-for-first-purchase

画像一覧

  • 自分の体系にマッチしたオーダーシャツが、通常9800円のところ3,980円で!
  • 自分の体系にマッチしたオーダーシャツが、通常9800円のところ3,980円で!
  • 自分の体系にマッチしたオーダーシャツが、通常9800円のところ3,980円で!

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

〜マイナンバー制度とは?〜【第10回】高橋先生の教えて経済ニュース

〜マイナンバー制度とは?〜

来年からマイナンバー制度が始まります。
これは国民1人1人に12桁の番号が付与される制度です。
いわば背番号で管理されているような状況です。

なぜマイナンバー制度を導入することになったのかというと
行政事務の効率化や、国民の生活の利便性向上のためと言われています。

デメリットとしては、情報の一元管理によって、情報漏洩した際のリスクの増大があげられます。
国民の生活が便利になることや、国全体で無駄なコストの削減を行えることを考えると
期待が出来る制度なのではないでしょうか。

来年からマイナンバー制度が始まることに先駆けて、
2015年10月からマイナンバーの通知が始まります。

動画はこちら

お盆休みにじっくり検討したい!プロバイダのオトクなキャンペーン

節約のためにインターネットプロバイダの乗り換えを検討している方、お盆休みで時間がとれるあいだに、各社のキャンペーンを比較してみてはいかがでしょうか。

今回は、プロバイダ各社の夏のキャンペーンを紹介します。

1. プロバイダだけの乗り換えなら簡単!
フレッツ光回線はそのままで、プロバイダだけ乗り換えるパターンなら、簡単な手続きとプロバイダ変更の設定をするだけで、めんどうな回線工事などは必要ありません。また、回線は以前のものと同じなので、通信速度や品質が変わってしまう心配もいりません。それでいて、キャッシュバックなどのキャンペーンを適用できるので、とってもオトクなんです。

2. SoftBank光
ソフトバンクの光回線「SoftBank光」は、戸建てタイプで月額5200円、マンションタイプなら3800円です。このプランのオトクな点は、ソフトバンクケータイも併せて割引が受けられること。
ソフトバンクの「スマート値引き」なら自宅のネットを「SoftBank 光」にすると、ソフトバンクの iPhone / SoftBank スマートフォン の利用料金から2年間で最大毎月2,000円が割引されるというもの。家族の携帯代も割引されます。ソフトバンクユーザーなら必見ですね。

3. auひかり
「auひかり」なら、他社からの「乗り換えサポートキャンペーン」を実施。他社からauひかりに変更するだけで、戸建てなら3万円、マンションタイプなら1万5000円のキャッシュバックが受けられます。ただし、戸建てなら36ヶ月間以上、マンションタイプなら、24ヵ月間以上の継続利用が条件になります。
また、auのスマートフォンユーザーであれば、auひかりとauスマートフォンの対象料金プランに加入すると、1台あたり最大2000円の割引が受けられるのが、「auスマートバリュー」です。このプランは1人からでも適用できますが、4人家族なら8000円の割引になるので、家族の人数が多いほどオトクになります。auのスマートフォンユーザーであれば、このプランへの乗り換えをぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

いつもと違う通勤方法で会社に行っても労災の対象に!

自宅から会社に行くまでにかかった交通費は、通勤手当として支給されています。この通勤手当が支給されるためには、会社にどのような経路でどのような交通機関を利用するのか届け出る必要があります。例えば、電車やバス、自転車、マイカーの人もいるかもしれません。

この通勤経路の途中で災害に遭ってケガをしたり病気になった場合、会社に届け出ることにより、労災保険の対象となり、給付金が支給されます。自己負担なしで労災指定病院の治療を受けたり、さらに会社を休んでお給料をもらえない時には休業給付金が支払われるのです。

しかし、会社には電車での通勤を届け出ているのに、家族にマイカーで会社まで送ってもらって、その途中に事故に遭った場合はどうなるのでしょう?
「会社に届け出ているのと違う乗り物なので、労災の対象にならない」と思っていませんか?

実は、会社に届け出ている通勤方法と異なっても、それが合理的な経路であれば、労災の対象となるのです。合理的な経路とは、電車通勤がマイカーになってもかまいませんが、それが遠回りをしないで、一番近い経路で会社に行くということです。会社からの帰りに食事やデパートに寄り道をして、そのために通勤と違う乗り物を使用したような場合は、合理的な経路でないことは言うまでもありません。また、たまたま雨が降ったので電車ではなく自分でマイカーを運転して会社に行く場合、お酒を飲んでいたり、無免許だった場合は労災の対象にはなりません。

ここで注意をしていただきたいのは、会社に届け出ている通勤方法と異なっても労災の対象になるということだけです。異なる通勤方法が日常的であれば、会社に虚偽の申請をしていることになり、就業規則で何らかの処罰の対象になるかと思います。「電車通勤します」と会社に届け出て、実際には自転車通勤をしていて途中で災害に遭った場合、会社から今までの通勤手当代を全額返せと言われ、さらには自宅謹慎処分を科せられるかもしれません。

会社に届け出た通勤方法と異なることは、日常的でないことにこしたことはありません。

ランキング