資産運用に関心ありの方におすすめ!ビジネスニュースを無料で収集する方法

1389.jpg

このレシピを実行して

7,000貯まる!
<材料>

・日経新聞、テレコン

<Point>

1証券会社と契約する

2キュレーションアプリを使う

※新聞を買わなくて済むようになった分の節約額

一昔前は、「社会に出るなら新聞を読もう!」なんて言われたものですが、最近では通勤電車の中で新聞を読んでいる人はめっきり少なくなりました。

ただ、ビジネスの場面などで新聞を情報にした話題が出てくることは少なくないものです。とはいえ、新聞を毎日購読すると月に3000~4000円かかり、節約派には少なくない出費です。

特に、ビジネス情報が豊富な日経新聞朝刊をキオスクで購入すると1部160円、夕刊で70円。30日買うと230円×30日=6,990円となります。日経新聞を定期購読して、配達してもらうと1ヶ月で4,509円もかかります。また、紙で配達されても、持ち歩きにくかったり、まとめて読んでいる時間がなかったり、捨てにくいといった悩みもあるかもしれません。

そこで、今回は日経新聞をもとにしたビジネスに使えるニュースを、新聞代を節約しながら収集する方法を紹介します。

1. 証券会社と契約する
日経新聞には、「日経テレコン」という日経新聞各紙(本紙、MJ、産業新聞、同社で発行している雑誌など)の過去記事を読めるサービスがあります。これは、日経新聞電子版とは別のものです。
楽天証券などの証券会社では、口座を開設している人へのサービスとして、従来は基本料金8,000円有料サービスであるこの日経テレコンを無料で閲覧できるようになっています。

株式売買などを行っている人は、こうして無料で日々の経済情報を得ることができます。節約するだけでなく、「増やす」ことにも関心がある方には、おすすめの方法です。

2. キュレーションアプリを使う
日々のニュースの中から、選りすぐりのものを選んで配信してくれるキュレーションアプリや、キュレーションサイト、まとめサイトなど、最近ネット上に乱立していますね。

最近、日経新聞でも公式のニュースキュレーションアプリが登場しました。日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、NIKKEI ASIAN REVIEW、日経ヴェリタスの5媒体から、土日を除く毎日、「ビジネス戦略ナビ」「ヒット&トレンド 」「知りたい!アジア 」「英語で聴くNIKKEI」の4つのチャンネルから、プロが選んだ8本(「英語で聴くNIKKEI」のみ5本)が配信されるというもの。プロの目で厳選した注目ニュースですから、やみくもに新聞を読むより、さくっと重要ニュースを把握できおすすめです。

<関連記事>

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

500円でも投資はできる!今さら人には聞けないNISAとは。

私は皆さんと同じ世代です。

最近つくづく思うのですが、国も会社も将来のお金の面倒まではみてくれるわけじゃない。だから、自分のお金は自分で増やしたり管理出来るようにならないといけないという事です。そのための一つの手段として、若い人もぜひ投資をしたほうがいいと思っています。

そこで、おススメなのは、「NISA(ニーサ)」という制度を使う方法。これは高齢者ばかりが優遇される日本の社会の中で、珍しく若い世代の支援を目的に導入された制度なのです。簡単に言うと、NISAを利用した投資で増えたお金にかかる税金が免除される仕組みです。
税金が免除されるということは、本来は投資をしてお金が増えると税金(約20%)がかかります。意識していない人も多いかもしれませんが、実は、銀行に預けている預金の利息にも税金がかかり、自動的に差し引かれてしまっているのです。お金が増えると、必ず税金もかかるのですが、NISAなら、これが免除されるというわけです。

具体的に見てみましょう。NISAを利用しての投資は年間100万円(2016年からは120万円)が上限。投資期間は最長でも5年間とされています。仮に100万円を5年間投資して、1年あたり3%の利益(合計15万円)が得られた場合、本来差し引かれてしまう約20%分の税金3万円が免除され、その分手取りが増えることになるのです。

「投資」と聞くと、お金持ちのすることで、自分には関係ないと思う人も少なくないかもしれません。日本では、投資に対して「お金持ちのするもの」「ギャンブルみたい」「難しそう」といったイメージを持つ人も多くいますが、これはいずれも誤解です。

毎月500円ずつ投資をしていくことも出来ますし、ボーナスの中の1万円で投資を始めることも出来ます。ギャンブルに近いようなリスクの高い投資方法もあれば、安定的な運用成果が期待できる方法もあります。
そして、銀行で預金口座を開設するのと同じように、銀行や証券会社で手続きをすれば誰でもすぐに投資を始められます。途中でお金が必要になったり、狙い通りお金が増えた場合など、やめたければいつでもやめることも出来ます。

投資は、必ずお金が増えるとは限りません。経済状況などによっては損をしてしまう可能性もありますが、まずは少額から始めてみることが大切です。実践こそが上手くなるコツだからです。若者や投資初心者のサポートを目的として導入されたNISAを上手に活用して、投資に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

2015.5.13更新

~自己紹介編~【第1回】高橋先生の教えて経済ニュース

~自己紹介編~

高橋忠寛
ファイナンシャル・プランナー(CFP®)
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)
株式会社リンクマネーコンサルティング代表

お金のこと、経済のことがわからないまま過ごしている方も多くいらっしゃると思います。
経済ニュースというのは、難しいことではなく
身近にあることなんだということをお伝えできればと思っています。

2015.7.01更新

動画はこちら

非公開: 資産運用に関心ありの方におすすめ!ビジネスニュースを無料で収集する方法

一昔前は、「社会に出るなら新聞を読もう!」なんて言われたものですが、最近では通勤電車の中で新聞を読んでいる人はめっきり少なくなりました。
ただ、ビジネスの場面などで新聞を情報にした話題が出てくることは少なくないものです。

とはいえ、新聞を毎日購読すると月に3000~4000円かかり、節約派には少なくない出費です。特に、ビジネス情報が豊富な日経新聞朝刊をキオスクで購入すると1部160円、夕刊で70円。30日買うと230円×30日=6,990円となります。日経新聞を定期購読して、配達してもらうと1ヶ月で4,509円もかかります。また、紙で配達されても、持ち歩きにくかったり、まとめて読んでいる時間がなかったり、捨てにくいといった悩みもあるかもしれません。
そこで、今回は日経新聞をもとにしたビジネスに使えるニュースを、新聞代を節約しながら収集する方法を紹介します。
1. 証券会社と契約する
日経新聞には、「日経テレコン」という日経新聞各紙(本紙、MJ、産業新聞、同社で発行している雑誌など)の過去記事を読めるサービスがあります。これは、日経新聞電子版とは別のものです。
楽天証券などの証券会社では、口座を開設している人へのサービスとして、従来は基本料金8,000円有料サービスであるこの日経テレコンを無料で閲覧できるようになっています。
株式売買などを行っている人は、こうして無料で日々の経済情報を得ることができます。節約するだけでなく、「増やす」ことにも関心がある方には、おすすめの方法です。

2. キュレーションアプリを使う
日々のニュースの中から、選りすぐりのものを選んで配信してくれるキュレーションアプリや、キュレーションサイト、まとめサイトなど、最近ネット上に乱立していますね。
最近、日経新聞でも公式のニュースキュレーションアプリが登場しました。日本経済新聞、日経産業新聞、日経MJ、NIKKEI ASIAN REVIEW、日経ヴェリタスの5媒体から、土日を除く毎日、「ビジネス戦略ナビ」「ヒット&トレンド 」「知りたい!アジア 」「英語で聴くNIKKEI」の4つのチャンネルから、プロが選んだ8本(「英語で聴くNIKKEI」のみ5本)が配信されるというもの。プロの目で厳選した注目ニュースですから、やみくもに新聞を読むより、さくっと重要ニュースを把握できおすすめです。

ランキング