【夏休み】自由研究の味方!エコカーや天体望遠鏡など、買える工作キット

2239.jpg

 宝島社は、作りながら学べ、遊んで楽しい「スーパー手回し発電カー」「天体望遠鏡BOOK」などの工作キットを発売した。どれも書店にて購入可能で、好みに合わせてキットを選べる。

 宝島社は、自由研究にも薦める工作キットを各種販売している。組み立てると車になり、電気の働きを学べるのは「スーパー手回し発電カー」。手巻きモーターに蓄電し、走らせることで電気回路の仕組みを学ぶ。車体にシールや色をつけてオリジナリティーを出すこともできる。

 「天体望遠鏡BOOK」は、三脚付き天体望遠鏡が1本入っている。ファインダー付きで初心者でも天体をとらえやすく、20倍、30倍、40倍の接眼レンズが付いているので、観測対象に合わせて倍率を変更できる。組立て用のドライバーと、天体観測情報が掲載された冊子も付属している。

 音楽好きな高学年には「ウクレレ」の工作キットを発売。小さくて持ち運びやすい本体は無着色で、自由にペイントしてオリジナルを作ることが出来る。図解楽譜も付いているため、組み立ててすぐに演奏を楽しめるという。

 小さい子どもでも楽しめる工作としては、「連射ゴム銃BOOK」がある。工具や接着剤不要でセミオートの6連射ゴム鉄砲が作れ、輪ゴムを用意すればすぐに遊ぶことができる。木製のボディは自分好みにカラーリングが楽しめる。

◆宝島社工作キットBOOK
・電気が分かる工作キット「スーパー手回し発電カー」
価格:1980円(税抜)
・5分で組み立て!「高性能天体望遠鏡BOOK」
価格:3100円(税抜)
・大人の工作キット「ウクレレPREMIUM BOOK」
価格:3333円(税抜)
・親子で作る工作キット「SUPER連射ゴム銃 BOOK」
価格:999円(税抜)

<関連記事>

画像一覧

  • 電気が分かる工作キット「スーパー手回し発電カー」
  • 5分で組み立て!「高性能天体望遠鏡BOOK」
  • 大人の工作キット「ウクレレPREMIUM BOOK」
  • 親子で作る工作キット「SUPER連射ゴム銃 BOOK」

提供元

関連記事

特集

関連記事

【夏休み】自由研究お悩み解決サイト6選

 夏休みも中盤にさしかかり、自由研究に苦慮している家庭も多いのではないだろうか。自由研究のテーマ決めから進め方、調査方法、まとめ方、自由研究の事例など、自由研究に役立つ記事を紹介する。

 ベネッセが2013年9月4日~10日に小学生の保護者を対象に行った調査結果によると、子どもが一番苦労していた夏休みの宿題は「自由研究」がトップで、「テーマが決まるまでが大変だった」など、テーマ設定に苦労したという意見が多く見られた。早めのテーマ設定が、自由研究を早く終わらせるカギと言えそうだ。

◆テーマ診断付き、2大宿題の攻略法…ベネッセ
 ベネッセ教育情報サイトは、小・中学生の自由研究や読書感想文を攻略するための無料コンテンツを紹介した「夏休みの自由研究解決策特集」を公開。自由研究のテーマが決まらないという人におすすめなのが「テーマ診断」。理科の観察や実験、社会の歴史や調べものなど100種類以上のテーマから、子どもの学年や好きな教科など簡単な質問に答えるだけでぴったりのテーマを選んでくれる。まとめ方や書き方のコツも紹介している。

◆バンダイとヤフーによる「自由研究」特集
 Yahoo! JAPANとバンダイが運営する「WONDER!スクール」では、夏休みの自由研究を特集。自由研究特集2015では、「コインが消える不思議な貯金箱」や「竹串を刺しても割れない風船」といった自由研究のテーマ探しの参考になる動画のほか、「すごい自由研究」の作り方や自由研究大賞2014に選ばれた自由研究も掲載している。

◆約100件の自由研究事例を紹介…キッズgoo
 キッズgooでは、自由研究に役立つ情報を紹介する「夏休み特集おやこでキッズgoo2015」を9月上旬まで提供。自由研究のコーナーでは、過去10年の自由研究のバックナンバーから子どもたちに人気のある約100件の自由研究を紹介するほか、子どもたちが学年と興味に合わせて、「作る」「観察する」「調べる」のカテゴリーから自由研究のテーマを調べられる。また、理科の実験や工作の手順を収録した動画を毎週1回紹介している。

◆JAXA、新コンテンツ「宇宙で自由研究特集」開設
 JAXA教育センターは、小・中学生に向けて夏休みの自由研究や工作に役立つ宇宙教育教材を紹介した新コンテンツ「夏休み 宇宙で自由研究特集」を掲載。「みんなで金星を観察しよう」といった宇宙をテーマにしたものや、サイエンス、実験をテーマにした教材を対象学年に合わせて紹介している。

◆小学生の自由研究をクックパッドが応援…特集ページ開設
 クックパッドは、子どものやる気を引き出す自由研究テーマを紹介した特集ページ「夏休みのたべもの自由研究特集2015」を開設。「甘いトマトの見分け方」「つまんで運べる水」「スケルトン卵を作ってみよう」など、子どもたちが「やってみたい」と思うような自由研究のテーマを学年別・教科別に紹介している。

◆雪印メグミルク、夏休み自由研究応援Webサイト開設
 雪印メグミルクは、自由研究に役立つWebサイト「親子で楽しもう!~2015夏休み自由研究応援特集~」をオープン。牛乳パックで作る「風車貯金箱」「カートン赤ロボット」など90種類以上の工作を難易度に合わせて紹介するほか、「牛乳どうふ」「コーンミルクスープ」など親子で一緒に作れるお料理レシピを掲載している。

夏期講習って絶対必要?! 無理せず夏休みの学習を進めるには

夏休みになると気になるのが子どもの夏期講習。必ず通わせなくてはいけないものではありませんが、「●●ちゃんも行きはじめたよ!」なんて、周りの家庭の話を聞くと気が気でないのではないでしょうか。

また、いくら節約中とはいえ、子どもの教育費はできるだけ出してあげたいもの。しかし、ない袖はふれません。今回は、無理せずお得に子どもを夏期講習に通わせる節約ワザをお伝えします。

1.無料特典を見比べよう!
夏休み前の時期になると、新聞に学習塾のチラシがたくさん挟まれるようになります。それらのチラシを見て、特典を見比べましょう。
入会金無料、最初の一カ月無料……などいろいろな特典がある中で、なんと夏期講習が無料になる塾もあったりします。最近は塾の獲得競争が激化しているので、特典も年々豪華になっていく傾向にあるようです。入会は、夏休み前に済ませた方がお得です。

2.体験学習を利用する
塾の中には、数日~1週間の短期間で体験学習ができるところがあります。
こうした体験学習を利用するのも一つの方法です。あくまでも短期間のみですから、教えてほしいところが全て教われるわけではありません。ただ、体験学習の前には、入塾テストと、保護者の面談などもありますから、こうした機会を利用して、我が子は「どこが苦手なのか」「どういうふうに勉強を進めればいいのか」などの把握に利用しましょう。

3.思い切ってやめてしまう
普段から塾通いをしていて、きちんと勉強の習慣がついているお子さんなら、子どもの成績や進路と相談の上、思い切って費用のかかる夏期講習はやめてしまいましょう。
「夏期講習は受験の天王山」などといううたい文句や、他の家庭が夏期講習に通わせているなんて話を聞くと焦ってしまいますが、夏休みは子どもを休ませ、2学期に向けた英気を養わせるのも一つの手です。
ただし、塾にいかない場合は、せっかく身についている勉強の習慣をおろそかにしないためにも、親の監督のもと、自宅学習は行っておくほうがいいでしょう。

夏休み到来!遠出をせずに首都圏で楽しむ穴場スポット

せっかくの夏休み、どこかに行きたいものですが、交通渋滞や観光地の大混雑を考えると、うんざりしてしまう方も多いでしょう。

また、この時期は交通機関やホテルなどの料金も跳ね上がり、どこに行っても出費が大きくて、節約派にはつらいところです。そこで今回は、首都圏周辺の穴場スポットを紹介します。

1. 東京湾唯一の自然島・猿島
神奈川県横須賀市にある猿島は、東京湾に浮かぶ唯一の自然島。対岸の三笠桟橋から約10分の船旅で気軽に渡れます。入島料は2015年から有料になりましたが、中学生以上が200円、子どもは100円と激安なのもうれしいところ。
無人島といえども面積は、同じ神奈川県の横浜スタジアムグラウンドの4倍もあり、海水浴やバーベキュー、釣りなど、家族連れでアクティビティが楽しめます。
猿島はその昔、旧海軍の要塞だった歴史があるため、島内にはそうしたルーツを感じさせる貴重なレンガ積みのトンネルや、兵舎、砲台の跡などが残っており、2015年に国史跡に指定されました。ガイドによる史跡ツアーも実施されており、軍事マニアや歴史好きの人にはたまりません。
猿島には、2014年からコンロ・炭・着火剤等の持ち込みができなくなりました。バーベキューを楽しみたい場合は、器具のレンタルが必要です。

2. 原始時代にタイムスリップ!原始村
山梨県小菅村にある原始村は、ちょっと変わったキャンプスポットです。縦穴住居と横穴住居の各3棟があり、火おこし体験などができるという、名前の通り原始時代にタイムスリップして、その当時の生活が味わえる施設なのです。そのほか、ヤマメのつかみ取りや、バーベキューなども楽しめます。ライターやマッチを使わない火おこし体験はめったにできるものではないので、お子さんの夏休みの自由研究にも役立つかもしれません。

3. 都内で楽しむ
帰省ラッシュのお盆期間は、都内の道路がガラガラ。宿泊施設やレストランも空いている……なんてことも多いものです。この時期は、ホテルがお得なプランを提示していることもあります。いつも大人気のスポットも、人ごみを気にせず楽しめるかも。どこにもいかず節約をかね都内で過ごすのも一つの方法かもしれませんね。

ランキング