夏休み!家族同士の交流で楽しく節約!

1376.jpg

このレシピを実行して

3,000貯まる!
<材料>

・一緒に出掛ける家族、友達

<How to>

1家族ぐるみレジャーのよいところ

2割り勘の仕方に気を付けよう

※一回のレジャーで駐車代や食事代の負担を分け合った場合の額

夏休みのレジャーに出かけたいけど、ガソリン代やレンタカー代、駐車場代が結構かかる……そんなお悩みがあるかもしれません。

また、バーベキューなどのアウトドアレジャーも、家族だけの少人数だと材料が余ってしまったり、高くついたりしますよね。

そんな時は、兄弟・いとこ、ママ友やご近所さん、同級生などの気の置けない人で同年代の子どもがいる家庭をさそって、家族ぐるみで出かけてはどうでしょうか。

今回は、家族ぐるみでのレジャーを楽しむコツをお伝えします。

1. 家族ぐるみレジャーのよいところ
ネット上では、「相手の配偶者など、知らない人と話すのが苦手」「大人数での行動が苦手」など、家族ぐるみでのレジャーに否定的な意見も多数みられます。
家族ぐるみのレジャーのよいところは、割り勘で費用面の負担が減ることに加えて、大人数での楽しさを味わえることです。例えば一人っ子や兄弟の少ない家庭の子どもは、同い年の子どもたちとワイワイどこかに出かけるだけでわくわくするものです。
また、ある程度の年齢の子どもたちであれば、子どもたちだけで遊ばせられるので、大人はその間のんびりとくつろげます。
常に子どもを見ていなければいけない家族でのお出かけより、ある意味自由度が高いと言えます。

2. 割り勘の仕方に気を付けよう
年齢構成の違う子どもや、子どもの人数が少ない家庭と一緒のときは、食事やバーベキューの材料費などを世帯単位で割り勘にすると、損をしていると不快感を抱く人も多いようです。一方で、子どもも含めての人数割りだと、「子どもは大人ほど食べないのに」と不満を感じる人もいるようです。
なんにせよ、正解はありませんしお付き合いの度合いにもよるので、割り勘のときは「世帯ごとで割る」「大人の人数で割る」「子どもも含めて人数で割る」などの選択肢の中から柔軟に選んだほうがよさそうです。一番は、家族ぐるみのお付き合いは、そういうことを自由に話せる仲の家族と出かけることです。

<関連記事>

画像一覧

  • 夏休み!家族同士の交流で楽しく節約!

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

特集

関連記事

バーゲンや帰省・レジャーには電子マネーの利用がお得

帰省に旅行、お祭り、バーゲンなど、夏はお金を使う機会がたくさんあります。なんとなく現金やクレジットカードで支払うことが多いと思うのですが、支払い方によってはお得になるものとそうではないものがあることをご存知でしょうか?

1.電子マネーを利用するとポイントが貯まる
たとえば、帰省や旅行などにかかる費用は数万円単位に登ります。これを普通に現金で支払うとなんのキャッシュバックもありませんが、電子マネーを利用すると1万円あたり50~100円のポイントが付くのです。
「たったそれだけ」と思われるかもしれませんが、たとえば10万円の旅行代金を支払うと500~1,000円のポイントになります。コンビニ弁当で言うと1~2個分、場合によってはカフェなどでのランチ代程度になるのです。

2.お得に利用するためのポイント
電子マネーにはさまざまな種類があります。やみくもに集めるのではなく、「自分のライフスタイルに合った電子マネー」を厳選する方がポイントを貯めやすくなります。
たとえば、あなたがよく利用するコンビニはどこでしょうか? セブン-イレブンならばnanaco、ローソンならばPontaを利用すると普段の買い物からポイントを貯めることができます。逆に、近くにローソンしかないのにセブン-イレブンを持つと、そもそもカードを利用することができません。
このように、「自分がよく利用する店」を基準に考えると選びやすくなります。

3.電子マネーのおすすめ2選
最後に、電子マネーのおすすめを2種類ご紹介したいと思います。

◆ Viewカードをお持ちの方におすすめ「モバイルSuica」
Viewカードをお持ちの方は、スマホアプリの「モバイルSuica」を入れておくのがおすすめです。Suica単体ではポイントは貯まりませんが、Viewカードと連結させることでポイントを貯められますし、オートチャージも出来るようになります。つまり、スマートフォン1台があればお財布がなくても出掛けられるのです。

◆ セブン-イレブンを利用するなら「nanaco」
セブン-イレブンをよく利用する方には「nanaco」がおすすめ。イトーヨーカドー(ネットスーパー含む)でもポイントを貯められますし、公共料金をコンビニで支払う場合は毎月の料金をnanacoにチャージしてから支払うとポイントを貯めることができます。

このようにご自分が「どの店をよく利用するか?」「何にお金を使っているか?」を把握すると、自分にとってお得な電子マネーが見つかります。

会社からプレゼントが受け取れる! 株主優待は大きな楽しみ

日本にあるたくさんの株式会社のうち、証券取引所に登録している「上場会社」の株は誰でも買うことができます。

株を買って株主になると、年1回か2回、配当が受け取れます。また、買った株はいつでも売ることができ、買ったときより高い価格で売れば、その差額を得ることができます。このように、配当と売却で得られる利益が株式投資の魅力。それに加えて「株主優待」が得られるのも株式投資の大きな楽しみです。

株主優待は、株を発行している会社から株主への一種のプレゼントです。どんな優待があるかというと、

食料品や化粧品のメーカーなど--自社製品の詰め合わせ
スーパーや百貨店など--優待お買い物券
ファミリーレストランや居酒屋のチェーンの会社など--割引利用券

といったケースが多くなっています。
自社の事業とは関係なく、図書カードやクオカードなどを贈る会社もあります。

優待制度を設けている会社は現在、上場会社の約3分の1の1,100社あまり。どんな会社がどんな優待を行っているかは、株主優待に関する本や雑誌、インターネットで調べることができます。
株式投資をしている人の中には、株主優待が目的の人もたくさんいます。優待が目的なら、その会社の株の価格が多少上がったり下がったりしても気にしなくてすみます。また、優待を目的に株を保有している人は株を長く保有する傾向があるので、優待で人気のある会社の株は値動きが比較的安定しているという点も見逃せません。

ただし、株主優待では、次の2つに注意してください。
1つは、株主優待が受け取れるのは、会社が決めた日(権利確定日)にその会社の株主名簿に名前が載っている株主である、という点です。権利確定日は決算月の末日というのが一般的です。日本の会社は3月決算の会社が多く、その場合、3月末日までに株を買って株主になっておく必要があります。
優待を行っている会社の権利確定日も、優待関連の本や雑誌、ネットで調べられます。

もう1つは、株主優待はその会社が独自に行っているものなので、会社の都合や、他の会社との合併などによって、優待の内容が変更されたり優待制度そのものがなくなったりする可能性があるということです。これも心に留めておきましょう。

自分が気に入っている商品を作っている会社、好きなお店を経営している会社などの株を買って、商品や優待券、割引券などがもらえたら、とてもハッピーですよね。魅力的な優待のある会社の株を買うことから株式投資を始めるのもアリです。

2015.5.13更新

夏休み到来!遠出をせずに首都圏で楽しむ穴場スポット

せっかくの夏休み、どこかに行きたいものですが、交通渋滞や観光地の大混雑を考えると、うんざりしてしまう方も多いでしょう。

また、この時期は交通機関やホテルなどの料金も跳ね上がり、どこに行っても出費が大きくて、節約派にはつらいところです。そこで今回は、首都圏周辺の穴場スポットを紹介します。

1. 東京湾唯一の自然島・猿島
神奈川県横須賀市にある猿島は、東京湾に浮かぶ唯一の自然島。対岸の三笠桟橋から約10分の船旅で気軽に渡れます。入島料は2015年から有料になりましたが、中学生以上が200円、子どもは100円と激安なのもうれしいところ。
無人島といえども面積は、同じ神奈川県の横浜スタジアムグラウンドの4倍もあり、海水浴やバーベキュー、釣りなど、家族連れでアクティビティが楽しめます。
猿島はその昔、旧海軍の要塞だった歴史があるため、島内にはそうしたルーツを感じさせる貴重なレンガ積みのトンネルや、兵舎、砲台の跡などが残っており、2015年に国史跡に指定されました。ガイドによる史跡ツアーも実施されており、軍事マニアや歴史好きの人にはたまりません。
猿島には、2014年からコンロ・炭・着火剤等の持ち込みができなくなりました。バーベキューを楽しみたい場合は、器具のレンタルが必要です。

2. 原始時代にタイムスリップ!原始村
山梨県小菅村にある原始村は、ちょっと変わったキャンプスポットです。縦穴住居と横穴住居の各3棟があり、火おこし体験などができるという、名前の通り原始時代にタイムスリップして、その当時の生活が味わえる施設なのです。そのほか、ヤマメのつかみ取りや、バーベキューなども楽しめます。ライターやマッチを使わない火おこし体験はめったにできるものではないので、お子さんの夏休みの自由研究にも役立つかもしれません。

3. 都内で楽しむ
帰省ラッシュのお盆期間は、都内の道路がガラガラ。宿泊施設やレストランも空いている……なんてことも多いものです。この時期は、ホテルがお得なプランを提示していることもあります。いつも大人気のスポットも、人ごみを気にせず楽しめるかも。どこにもいかず節約をかね都内で過ごすのも一つの方法かもしれませんね。

ランキング