【夏休み】自由研究まだ間に合う?55年目のトヨタの工場見学

1323.jpg

トヨタ自動車の車両や歴史、技術などを展示しているトヨタ会館(豊田市)と、工場見学を受け入れる元町工場および高岡工場(同)が海外からの多くの来訪者も含め、夏休みの賑わいを見せている。

折しも今年は、トヨタが1960(昭和35)年に一般向けの工場見学を始めて55年目の節目であり、運営する社会貢献推進部のスタッフも、イベントを充実させるなど来訪者の「夏の思い出づくり」を支援している。

トヨタは1960年に新設した本社の本館(現在は旧本館)に隣接して「トヨタホール」を新設、工場見学の受け入れや製品などの展示・紹介を始めた。その後、展示関係は創立40周年記念として77年に建設されたトヨタ会館に引き継がれてきた。60年から今年8月6日までの工場見学とトヨタ会館来訪者の累計は約1570万人にのぼっている。

工場見学および会館来訪者は「東日本大震災の2011年に工場が操業停止となったこともあって激減したが、その後は海外のお客様の増加もあって年々増えている」(社会貢献推進部・トヨタ会館担当課長の鈴木秀一氏)という。年間のピークは秋だが、夏休みの8月は小学5年生が社会科授業の一環として工場や会館をセットで見学することもあり、2014年は2万人強を迎えた。今年はそれを上回るペースとなっている。

会館では昨年末から市販が始まった燃料電池車『MIRAI(ミライ)』や社史紹介などの常設コーナーに加え、パーソナルモビリティ『ウィングレット』の体験試乗といった夏休み特別イベントに人気が集まっていた。

<関連記事>

画像一覧

  • トヨタ会館 
  • トヨタ会館 ウィングレットの体験試乗
  • トヨタ会館 MIRAIのカットモデル
  • トヨタ会館 豊田喜一郎のコーナー

提供元

関連記事

特集

関連記事

夏休みの宿題もOK!PC、タブレットで無料で学べてプレゼントもゲットできる「学びゲット!」

クイズを解いて素敵なプレゼントをゲット! 

PC・タブレット等で楽しく学べる無料WEB学習サービス「学びゲット!」( https://manabiget.jp/ )は、8月3日より、 「トイレットティシュー」等を問題にした「日本製紙グループ」クイズやJSファッション誌「キラピチ」、 「学研の図鑑LIVE」等を問題にした学研クイズが新たに開始。 保護者をもうならせる、 良質な面白クイズが楽しめる上に、 素敵なプレゼントももらえるという画期的な無料学習サービス。

会員になると、マイページ(管理画面)では、子どもの学習状況を確認でき、苦手分野をチェックもできる。

プレゼント内容は、「圧力IH炊飯ジャー」(象印マホービン株式会社)、「英会話オンライン無料体験レッスン」(学研グループ)、「東急長津田検車区(車庫)見学会ご招待」(東急電鉄)、「印刷博物館無料入館チケット」(凸版印刷)、「スマイル骨なしケンタッキーセット割引券」(ケンタッキー)など、多岐にわたる。

無料で学びながら、プレゼントもゲット!できるとは、まさに一石二鳥のサービスといえそうだ。

学びゲット!って?
【こどものやる気が育つ無料学習サービス】
「学びゲット!」は、学研パブリッシングと凸版印刷とで共同開発した、算数や国語など小学校低・中学年の単元にあったクイズをゲーム感覚で解いていくPC・タブレット学習サービス。協賛企業 の協力のもと運営されているため、利用者(子ども&親)は無料で利用可能。また、子どもの身近
なテーマで楽しく学べるので、自発的に学ぶ習慣が身につく。さらにクイズを解くと素敵なプレゼントがもらえる。

【協賛企業】
象印マホービン株式会社、 東京急行電鉄株式会社、 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社、 日本製紙株式会社、 パシフィックリーグマーケティング株式会社、 ホクレン農業協同組合連合会、 ミサワホーム株式会社

夏休みの国内旅行は安く楽しく豪華に!宿泊施設の節約ワザ

待ちに待った夏休み、ふるさとに帰省しないという人の中には、旅行に出かけるという人も多いでしょう。

ただ、お盆休みを中心に、この時期は旅行業界の書き入れ時。宿泊料金もぐーんと跳ね上がります。今回は、宿泊費を節約しつつ、夏休みの国内旅行を楽しむ方法をお知らせします。

1. 予定は早く決める
「仕事の予定がわからない……」などの理由で、夏休みを確定していない方も多いかもしれません。しかし、直前になってどこかに行こうと思っても、安くてよい宿はすぐに埋まってしまい、高いところか安くても評判のよくないところしか残っていないなんてことも。宿泊施設によっては「早割」として宿泊料金の割引や、オプショナルの特典を用意しているところもあります。休みは早めに確定しましょう。

2.直前に決める
1と矛盾するかもしれませんが、直前予約を利用するという方法もあります。宿泊施設の中には、急にキャンセルされた部屋を「直前予約」という形で、安く貸し出すことがあります。空き部屋にするより、安い値段でも泊まってもらったほうがホテルにとっても得だからでしょう。ただ、どんな宿が出るかはそのときの運しだい。まめにホテルの予約サイトやホテルの自社ウエブサイトなどをチェックしましょう。

3.公共の宿を利用する
公共の宿とは、県や市町村、その他の運営団体が、営利を目的とせずに運営している宿泊施設です。営利目的ではないので、施設の設備やサービス、食事は最低限というところも多いですが、中には天然温泉やプールを備え、ホテル並みのところもあります。
休暇村という、風光明媚なところにあるコテージ風の施設もあります。

4.会社の保養施設も要チェック
大手企業などを中心に、会社で保養施設を所有している場合があります。また、自社保有でなくても、福利厚生サービスの一環として、提携宿泊施設に安く泊まれる場合があります。ただ、こういったサービスをきちんと把握していない人も多いよう。節約旅のためには、職場で配られるカタログなどにも目を通しましょう。

夏期講習って絶対必要?! 無理せず夏休みの学習を進めるには

夏休みになると気になるのが子どもの夏期講習。必ず通わせなくてはいけないものではありませんが、「●●ちゃんも行きはじめたよ!」なんて、周りの家庭の話を聞くと気が気でないのではないでしょうか。

また、いくら節約中とはいえ、子どもの教育費はできるだけ出してあげたいもの。しかし、ない袖はふれません。今回は、無理せずお得に子どもを夏期講習に通わせる節約ワザをお伝えします。

1.無料特典を見比べよう!
夏休み前の時期になると、新聞に学習塾のチラシがたくさん挟まれるようになります。それらのチラシを見て、特典を見比べましょう。
入会金無料、最初の一カ月無料……などいろいろな特典がある中で、なんと夏期講習が無料になる塾もあったりします。最近は塾の獲得競争が激化しているので、特典も年々豪華になっていく傾向にあるようです。入会は、夏休み前に済ませた方がお得です。

2.体験学習を利用する
塾の中には、数日~1週間の短期間で体験学習ができるところがあります。
こうした体験学習を利用するのも一つの方法です。あくまでも短期間のみですから、教えてほしいところが全て教われるわけではありません。ただ、体験学習の前には、入塾テストと、保護者の面談などもありますから、こうした機会を利用して、我が子は「どこが苦手なのか」「どういうふうに勉強を進めればいいのか」などの把握に利用しましょう。

3.思い切ってやめてしまう
普段から塾通いをしていて、きちんと勉強の習慣がついているお子さんなら、子どもの成績や進路と相談の上、思い切って費用のかかる夏期講習はやめてしまいましょう。
「夏期講習は受験の天王山」などといううたい文句や、他の家庭が夏期講習に通わせているなんて話を聞くと焦ってしまいますが、夏休みは子どもを休ませ、2学期に向けた英気を養わせるのも一つの手です。
ただし、塾にいかない場合は、せっかく身についている勉強の習慣をおろそかにしないためにも、親の監督のもと、自宅学習は行っておくほうがいいでしょう。

ランキング