ペットの熱中症は高額に! 予防で節約

このレシピを実行して

25,000貯まる!
<材料>

・ペット用自動給水器、エアコン、保冷グッズ

<How to>

1自動給水器で新鮮な飲み水を確保する

2エアコンをつけておく

3保冷グッズを購入する

※熱中症で入院した場合(2日間で3万円と設定)と比較して、約2万5,000円

1267.jpg

ペットにかかる医療費は意外と高額なものです。

ペット保険のエフ・ピー・シーによると、犬の1年間の医療費は平均で約3~6万円。場合によっては人間の医療費よりも高額になることもあります。

近年問題、ペットの熱中症のニュースが多く報道されています。ペット保険のアニコム損害保険によると、熱中症に関する請求数は、2012年のデータで7月に約300件。他の保険利用者や、保険を利用していないケースも含めると、ペットが熱中症で病院にかかった件数というのは、ものすごい数になるのではないでしょうか。

◆ ペットが熱中症になると高額なお金がかかる
ペットが重い熱中症になった場合、高額な医療費がかかるケースもあります。動物病院は自由診療のため、一概に「○円」とは言えないのですが、熱中症のために入院となった場合、1日で数千円~数万円の医療費が必要になります。
ペットの健康のため、そして節約のためにも、あらかじめペットが熱中症にかからないような対策が必要です。

◆ ペットの熱中症対策に役立つもの3選
では、ペットの熱中症対策に役立つ3つのグッズを紹介します。

1.エアコン
基本的なことですが、エアコンで室内を快適な温度に保つのが有効です。1日中つけっぱなしにしておいたとしても200円程度で済みます。
2.自動給水器
新鮮な水でなければ飲まないケースもあります。外出時なども新鮮な水を保つために、自動給水器を購入しておくと安心です。水を循環させるタイプでは2,000~3,000円程度、ペットボトルを使った手動のものでは1,000円以内で購入することができます。
3.保冷グッズ
「暑い」と感じたときにペットが避難できる保冷シートなどを購入するのもおすすめです。こちらも2,000円程度で購入することができます。

このように、小さな工夫でも熱中症を防ぐことはできます。熱中症になってペットが苦しんだり、高額な医療費を請求されるよりは、「高いかな?」と思っても対策グッズを買った方が安心でお得なのではないでしょうか。

画像一覧

  • ペットの熱中症は高額に! 予防で節約

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

ペットアイテムも”プチプラ”時代!3コインズにペットアイテム登場!

株式会社パル(本社:大阪市中央区)が展開する『3COINS』(スリーコインズ)は、 7月27日(月)から愛犬や愛猫にオススメのペットアイテムを販売開始。

リボンやネクタイなどのアクセサリーはもちろん、 ボールやフライングディスクなど、ご家族でもペットとともに楽しめるおもちゃなど揃えている。

『3COINS』は、度でも行きたくなる!いつ行っても発見がある!ワクワク・ドキドキがたくさん詰まった ALL 300yen HAPPY STORE 3COINSをブランドコンセプトに、 キッチン・バス・インテリア・靴下・アクセサリーなど衣料品からインテリア雑貨までの商品を、 ベーシックなものから、 思わず楽しくなるようなポップでカラフルな色使いのものまで ALL 300yen+tax で幅広く取り揃えており20代女性を中心に人気のショップ。
300円でペットアイテムが揃うとなると、ペット好きのシニアなども取り込みさらにユーザ拡大しそうな勢い。
カワイイペットアイテムもプチプラで揃えて、賢く節約しよう!

高いペットの治療費にどうやって備える?

浅田真央ちゃんをはじめ、多くの芸能人が飼っているトイ・プードルがペット犬人気No.1。

その他、チワワやミニチュア・ダックスフンド、柴犬など、小型犬が上位にランキングされていますが、「やっぱりウチのコが一番かわいい!」と思っている人も多いでしょう。いつも癒してくれるペットが、元気がなかったり、ケガをしたりすれば、わが子と同様に心配で、「早く病院に連れて行かなきゃ!」となるに違いありません。そこで、動物病院に行って気づくのは、“人間よりお金がかかる”ということ。

人間の場合、公的な制度があるので、健康保険が使える診療なら、同じ治療は国が決める一律の金額ですし、自己負担は3割です(日本の場合)。一方、動物病院はそれぞれが自由に料金を決めるため、診察料や入院、手術代は高くなりがち。そして、全額を自己負担しなければなりません。

そこで、考えたいのがペット保険。一般的に犬とネコの治療費を補償する保険で、毎月数千円程度の保険料で、動物病院でかかった治療費の一部をカバー。1年更新のため一般的に保険料は毎年アップしますが、原則生きている限り補償してくれます。かかった治療費に対して保険がカバーする割合(支払割合)は、50%、70%、90%などが一般的。保険金の支払対象が、手術と入院のみに限られる場合や、通院までカバーするなど違いがありますので、そこはしっかりチェック。できだけ保険でカバーしたいなら、保険料は少し高くなりますが、支払割合が高く、通院もカバーされるものを選ぶとよいでしょう。

予防接種や健康診断、去勢、避妊手術が対象外なのはどの商品も共通ですが、他にも商品によって対象とならない治療や、回数や日数などの制限に違いがあるため、事前に確認が必要です。また、継続時に健康状態を問われるかどうかや、年齢が上がった時の保険料、保険金の請求方法(治療費の立て替えの有無)などもチェックしておきましょう。

なお、いずれの保険にも、ペットが他人や他のペットにケガをさせたり、持ち物を壊した場合に補償してくれる「ペット賠償責任特約」を月100円の保険料で付けることができます。

人間の医療保険などと同じで、ペット保険も健康でなければ入れません。犬やネコも年齢が上がると病気やゲガが多くなり、加入が難しくなりますので、加入するなら早めに検討しましょう。Webからの申し込みがお得です。

2015.6.15更新

保険のムダを省いて保険料を半額以下にする!

生命保険は何十年にもわたって保険料を払っていくものですから、少しでも安くしたいと思うのは当然のこと。今回ご紹介する保険料の節約法は、自動的にムダを減らしてくれる「収入保障保険」を活用する方法です。

最初に、“保険のムダ”とはどういうことでしょうか。
保険には「必要保障額」という考え方があります。仮に、今亡くなったとして、遺族の一生分の「支出」から「収入」と「現在の貯蓄額」を引いた金額を必要保障額といい、保険金の目安となる金額です(“一生分とは”、配偶者が90歳になるまでなど)。
たとえば、亡くなった時に配偶者が30歳なら、90歳までの60年分としますが、10年後の40歳なら50年分。将来、家族が増えたりしなければ、必要保障額は“今現在”が一番多く、年々減っていくもの。そして、それに合わせて保険金額も徐々に減らすことができるのです。

この必要保障額よりも多額の保険に入っていると、ムダな保険料を払うことになります。たとえば、保険金額がずっと変わらない保険(定期保険)に加入して、そのまま見直さずにいるとムダが発生しがちです。とはいえ、つい見直しが面倒だったり、忘れたりすることはよくあること。その点、自動的に保障額を減らしてくれる収入保障保険は、使い勝手がいい保険です。

では、どのように“自動的に減る”のでしょうか。
収入保障保険は、万一のことがあると、保険金を毎月など小分けにして、決められた年齢まで継続的に受け取り取ることができる保険です(下記の例では60歳まで、毎月10万円)。

30歳の人が保険に加入して、すぐに亡くなると、遺族は毎月10万円ずつ、年間120万円を60歳までの30年間受け取れます(総額:10万円×12カ月×30年=3600万円)。10年後の40歳なら20年間しか受け取れないので2400万円。このように、収入保障保険は徐々に受け取る回数が減り、保険金の総額が減っていくため、また、数年に渡って受け取るため、保険料は割安になっています。定期保険に比べて、保険料は半分以下です(保険期間が同じ場合)。また、お給料のように毎月一定額ずつもらうことで、遺された家族は計画的に使えるメリットもあります。

収入保障保険は、いろいろな保険会社が販売しており、インターネットで申し込める会社もあります。いくらにするかは、【現在の必要保障額÷退職年齢÷12】または、【現在のお給料-遺族年金-配偶者の収入】(月額)がひとつの目安になります。

2015.6.15更新

ランキング