海外とのビジネスネットワーク活用、金沢工大が石川県の食を海外へ売り込む!

1219.jpg

 公益財団法人いしかわ農業総合支援機構(INATO)は、金沢工業大学(KIT)情報フロティア学部経営情報学科の松林賢司教授、および大砂雅子教授と提携。これにより石川県産農林水産物の海外販路拡大を目指していくと発表した。

 KITは国際社会で活躍できる人材の育成に力を入れ、海外ビジネスの実務に精通した人材を教員に迎えているほか、学生の海外研修(インターンシップ等)などさまざまな形で海外交流を実践している。こうした海外ビジネスとのパイプや交流実績を踏まえ、KITはINATOから海外販路開拓に関するアドバイザー業務を受託した。

 INATOでは本年度から、石川県が海外事務所を開設しているシンガポールなどのアジア地域に向けて販路拡大に取り組んでいる。この中でKITは海外向け食材リストの作成、海外商社バイヤー等への食材提案、貿易実務、海外市場分析、最適物流ルートの構築などの支援を行っていく予定だ。

画像一覧

  • 石川県産農林水産物の一例

提供元

ランキング