夏バテさようなら!免疫活性化で夏風邪を防ぐ方法

このレシピを実行して

500貯まる!
<材料>

・赤ワイン、乳製品、ショウガ、ニンニクなど

<How to>

1発熱したら布団をかぶって寝るのは逆効果?!

2食べ物で免疫力アップ

※注1ヶ月:約500~円

1194.jpg

暑い夏、風邪なんかひかないと思いがちですが、気づくとのどが痛かったり、熱っぽかったりしていませんか。

一般的な風邪のウイルスは乾燥した低温の環境を好みます。冬の風邪の原因となるコロナウイルスやRSウイルス、あるいは通常の風邪とは異なりますがインフルエンザウイルスなどがこのタイプです。一方、高温多湿の環境を好み、夏場に活発になるウイルスが一部に存在するのです。このウイルスが、多くの場合夏風邪の原因になるのです。

夏風邪は、発熱に加えて腹痛や下痢、ノドの痛みなどが特徴的な症状です。よく「夏風邪はおなかにきやすい」といいますが、これはエンテロウイルスが腸で急速に増殖するためです。
夏風邪でのどが痛くて食事がとれないと、体力が落ちて夏バテの原因にもなります。

余計な医療費をかけないためにも、今回は、手軽に夏風邪を防ぐ方法について紹介します。

1. 発熱したら布団をかぶって寝るのは逆効果?!
発熱した場合、布団を多めにかぶって寝て汗をかき、熱を下げようとする人も多いのでは。夏風邪の場合、これが逆効果になることも。水分をたっぷりととって、ぐっすりと眠るようにしましょう。
夏風邪の原因のひとつに、免疫力の低下があります。炎天下での活動や不規則な食事、睡眠不足などが引き起こします。また、エアコンによる冷え過ぎも免疫力を低下させます。とくに睡眠不足の影響は大きいので、できるだけ規則正しい生活を心がけ、睡眠は十分とるようにしましょう。「よく眠れてない」と感じたときは、15分程度の昼寝も効果的です。

2. 食べ物で免疫力アップ
ショウガやニンニクを使った料理が、免疫力を高めるのに効果的です。少量の赤ワインも体温を上昇させ、免疫力を高めるので、赤ワインにショウガを入れて飲むのもおすすめです。
タンパク質を積極的にとるのが望ましいですが、夏バテや胃腸の調子が悪くて肉類が重く感じられるときは、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどをとりましょう。乳製品のタンパク質は、免疫を活性化する成分が多く含まれています。

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

洗濯だけでもうへとへと……夏を乗り切る効果的な洗濯術

暑さも本番。汗をかきやすい小さいお子さんのいるご家庭など、「一日中洗濯機を回しても回しても追いつかない!」と悲鳴を上げているお母さんもいるのでは。

メーカーによって異なりますが、最新の機種であれば1回洗濯機を回すために使う電気代はおよそ1.7円。電気代だけだとたいしたことがないように思いますが、水道代は20円程度。夏場に毎日1日3回洗濯するとすると、1カ月で600円ほどかかっていることになります。

今回は、夏場の効率的な洗濯術を紹介します。

1. 時短コースを利用する
夏場は、汗をかいたらすぐに着替えてしまうので、それほど長時間着ていない服が多いのではないでしょうか。そうしたものの洗濯には、洗濯機の「お急ぎコース」「すすぎ1回コース」「30分コース」などの、時短コースを選びましょう。がんこな汚れでなければ、ささっと洗濯できます。
時短コースだと、きちんとすすげているか心配という方もいるかもしれません。そうした場合は、洗剤をいつもの半分まで減らしてしまいましょう。汚れの60%は、実は水だけで落ちるといわれています。

2. がんこな汚れはクエン酸で洗う
大量の汗や皮脂汚れが気になる場合は、クエン酸を使って予洗いします。クエン酸は、100円ショップなどで購入できます。
洗濯機でお洗濯を始める前に、汚れの気になる衣料は、クエン酸を溶かした水で洗っておきます。そして脱水したら、いつもの半分の洗剤を入れて、洗濯機でお洗濯します。
クエン酸が、夏の大量の汗や泥汚れに含まれるミネラル(アルカリ性)を中和して、黄ばみやニオイを防いでくれます。

3. スーツのクリーニングの頻度
最近はクールビズスタイルの浸透で、夏場にスーツを着なければならない職場は減りつつありますが、仕事柄どうしても必要という方もいますよね。
夏場にスーツをクリーニングに出す頻度は、2~3着で着回している場合は1週間に1回、5~6着なら1カ月に1回程度でよいようです。
できるだけ長持ちさせるために、日ごろからブラシで汚れを落とすなどの手入れをすることが大切です。

お得なサプリメントで安く美しく!夏の気になるダイエット節約術

夏になると気になるのが、おなかや背中、お尻まわりに蓄えられた脂肪……。

運動してやせるのが一番だと知っていても、暑い季節、なかなか腰が上がらないという方も多いのでは。そんなときに頼りになるのがサプリメント。でも、毎日服用するとなるとけっこうな出費になってしまいます。ここでは、そんなサプリメント代をうまく節約する方法をお伝えします。

1.成分のグラム当たりの価格で比べよう
サプリメントを購入する時、いろんなメーカーのいろんなサイズのものが売られており、どれを買ったらお得なのか、迷ってしまうかもしれません。
そんなときは、成分のグラム当たりの価格で見比べてみましょう。
たとえば、筋肉作りに効くプロテインの場合。裏の成分表を見てみましょう。
「たんぱく質 ●g」などと書いてあれば、

タンパク質1gあたりの価格=タンパク質○○g×製品の値段÷○○g当たり÷内容量(g)

となり、成分当たりの価格がわかります。これがなるべくお得なものを選びましょう。

2.アメリカサイズの製品を買おう
サプリメント大国アメリカでは、日常的にサプリメントを摂取するため、日本よりも安価で大容量サイズを購入できます。中には、日本製よりも2倍なんてものも。
個人輸入も可能ですが、輸入販売している店のオンラインショップや、会員制スーパーのコストコなどで購入できます。
ただ、こうした海外製の医薬品やサプリメントは、日本の薬事法に基づく安全性や有効性が確認されていないなどのリスクがある可能性があり、実際に健康被害も報告されているようです。節約で健康を害しては意味がありませんので、購入する際は細心の注意を払いましょう。

3.試供品を使う
サプリメント販売では、積極的に試供品を配布しています。中には、数日~数週間分のサンプルがもらえるものや、「効果がなければ全額返金」などとうたっているものも。ちょっと気になるサプリがあれば、こうした試供品の配布に応募してみましょう。

夏場の飲み物代節約で、財布もからだもすっきりさせる!

あつーい夏場に欲しくなるのは、冷たい飲み物です。ただ、暑いからといって頻繁に自動販売機やコンビニで飲み物を買っていれば、それだけ出費につながります。

ただ、節約しているからといって、水分補給を怠って熱中症などで健康を害しては、医療費がかかり本末転倒です。ここでは、飲み物代の節約ワザをお知らせします。

1.飲み物は買わずに持ち歩く
飲み物は外で買わずに、自宅で作ったものをペットボトルの空き容器や水筒に入れてもっていきましょう。コンビニで買えばペットボトルのお茶は500ミリリットルで150円くらいしますが、夏場の定番飲み物・麦茶のパックなら50個入り198円くらいで買えます。500ミリリットルならたった2円です。沸かして作るのが面倒であれば、水出しタイプにしましょう。こうして、ジュースではなく麦茶を飲むようにすれば、ミネラルが補給できますし、ダイエット対策にもなります。
水筒を買う時は、洗いやすいシンプルなものにしましょう。保冷機能付きなどに惹かれがちですが、水筒を買うのに高い値段を払っていては意味がないですし、洗いにくいものだと結局面倒になってもっていかなくなってしまいます。

2.コンビニではなく、ドラックストアや通販で購入する
コンビニなら1本150円くらいする飲み物も、ドラックストアであれば1本100円以下、通販なら50円で購入できます。自宅で手作りするのがもっとも節約につながりますが、面倒だという場合はせめて購入場所を工夫してみましょう。

3.ビールはまとめ買いしない
「ケースでまとめ買いしたほうが安いのでは?」と思うかもしれません。しかし、冷蔵庫にいつもビールのストックがある、という状況では、ついつい甘えて飲み過ぎてしまいます。ビールが欲しいときは飲む分だけ買ってきましょう。追加が欲しくてもまた買いに行かなくてはいけないとなれば、飲み過ぎをふせげます。また、350ミリ缶を2本買うよりも、500ミリ缶を1本にすれば、その分飲む量もお金もセーブできます。

ランキング