社会投資をあたりまえに!~SOIF~【つくりたい未来】

1006.jpg

投資というとお金を増やすというイメージが強いかと思いますが、他にも自己投資などのコトバがあるように、未来の自分の価値を上げる意味でも使われますね。そんな中、マネーゴーランドでは、「社会投資」という言葉に注目しました。

自分、子どもたち、親の世代、家計もそうですが、社会が持続可能でなければ、僕らは生きていくことが出来ない。日ごろ、仕事、家事、趣味様々なことに追われていると中々、社会のこと考える時間がありません。

だからって考えなくて良いのでしょうか?
今の世代の人たちが考えなければ、そのツケは後世に残る。
お金でも一緒では無いかと考えます。

そんな中、色々な社会的活動をする人がいます、
自分の時間を使い、動く人たちです。

社会には多岐な問題がありますが、それに全て対峙することは難しい、そんな時間中々取れない。

そんな中、投資というのは一つの選択肢なのでは無いでしょうか?

「つくりたい未来」第2回、SOIFというプロジェクトを紹介します。

SOIFとは「The Social Investing farm」の略で、「寄付が変われば、社会が変わる。- 「自分」と「未来」を変える、新しい寄付のかたち -」ということをテーマに活動をしております。

具体的には毎月、色々なテーマを設定し、その中で活動する3人をゲストに招き、自分の活動を語ってもらい、その場に参加したSOIFメンバーおよびイベント参加者が寄付をするというものです。

編集部も参加しましたが、社会テーマの元、前線で戦う登壇者のリアルな話はなかなか貴重なものですし、直接その本人と触れ合うことで、期待する気持ちもとても強くなるのがわかりました。

投資をするとは、当事者になるということではないか。そんなことを気付かされました。
今回はそんなSOIF共同代表の一人、柚木さんにお話を伺いました。

柚木さん自身、NPOを主催する身、その中で感じたことが、このSOIFの設立につながっています。社会投資という考え方、関わり方の多様性、そんなことを感じ取ることが出来ました。憧れだって投資に変えることができる。

そして動画中で語られる、「消費と投資」発音は似ていますが、そんなことを考える、考え方を変えるだけでも、色々と未来が変わってくるのでは無いでしょうか?

下記のような、こんなやりとり
A「今週なにしてるの?」
B「寄付」
たしかにそんな社会が来たら面白いかもですね。

SOIFのイベントは毎月1回のペースで開催されています。
みなさんも「大人の本気の遊び」してみませんか??

■SOIF
Facebookページ

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

5年後の7月24日!~おもてなしオーケストラ!~【つくりたい未来】

2020年7月24日、そうです、5年後の今日、東京五輪が開催されます。
新国立競技場の白紙問題が話題になっていますが、その五輪を盛り上げようと着実に未来に向かって動く人たちが居ます。「つくりたい未来」を実現するために。

この「つくりたい未来」のコーナーでは、そんな未来に向かって夢を描き、同志を集め、お金を集め、動く人たちを追っていきます。

初回の今回は、東京五輪が5年後ということで、五輪に関わるプロジェクトを紹介します。
まずはこの動画をご覧ください。

彼らのプロジェクトは「おもてなしオーケストラ!」
名称でイメージ付きますよね?

「国歌」を共通言語に、世界中の人を「歌っておもてなし」するというプロジェクトです。ホスト国の私達ができるおもてなし、出場国全ての国歌を各国の言語で歌って歓迎しようということです。

想像してみてください、メダリストだけではなくあらゆる選手に向けて、競技場、その外から、ある時は50,000人を超える観客から贈られる国歌。震えますよね。

このプロジェクトは2014年にクラウドファンディングを実施し、152人から1,093,500円の支援を集めました。
東京五輪で大合唱!「世界の国歌」を歌う市民合唱楽団を創りたい(おもてなしオーケストラ!!) – READYFOR (レディーフォー)
この動画はその費用の一部を利用し作られた動画ということです。

編集部もブラジル国歌の練習会に参加してきましたが、
まったく言語もメロディも分からない中、先生の発声はもちろん、間であったり、感覚であったり、その全てを捉えようと、この1から知ろうとするその過程が何より楽しかったです。

「おもてなす」それは相手のことを知ろうとする心なのでは無いかと考えさせられました。知ろうとする「素人」ですね。これは仕事でも何でも当てはまりますよね。

5年後、普段中々考えないことかもしれないですが、今日の一歩がひょっとすると5年後の大事な一歩になっているかもしれない、そんなことを意識するだけでも変わるかもしれませんね。(マネーゴーランドはお金が貯まるメディアなんで、お金が貯まる一歩かも・・・)

まだこのプロジェクトは始まったばかりです。
日本全国でムーブメントを起こしていくべく、メンバーを募集しているとのことで是非参加してみてはいかがでしょうか???

※2015 W杯アジア2次予選「シンガポール戦」での様子

■おもてなしオーケストラ!
http://2020oo.com/

渋谷で働く人注目!ヘルシーな食事をしながら社会貢献できる!

ダイエットに有効な外食提案アプリ「Mealthy」を運用する株式会社Mealthy(東京都港区)と野菜のオフィス宅配の株式会社KOMPEITO(東京都渋谷区)は

2015年8月1日から8月31日まで

の期間限定でNPO法人TABLE FOR TWO International(東京都港区以下TFT)が推進する「カロリーオフセットプログラム」に渋谷周辺で参加する。

「カロリーオフセットプログラム」は、 先進国の余分なカロリーを開発途上国で必要なカロリーに変換するプログラム。ユーザーはダイエットに有効な外食提案アプリ「Mealthy」(メルシー)注1)、 または、 オフィスで食べられる新鮮な旬の野菜や果物を企業に宅配する「OFFICE DE YASAI」を用し、 ヘルシーな食事をし、 カロリーをオフする。そのオフしたカロリーを金額換算して(80kcalごとに1円)、 TFTを通じて寄付。 この寄付金は、 2013年に台風被害にあったフィリピン・レイテ島など、 開発途上国における農業支援やインフラ整備に利用され、 住民が自発的にカロリーを生み出すための支援に充てられる。

渋谷にはIT企業をはじめ多くの企業が事務所を構えており、 「Mealthy」と「OFFICE DE YASAI」は、 多忙なビジネスパーソンが、 外食からテイクアウト、 事務所内まで様々なシーンで、 健康的な食事を簡単にとれるよう提案し、 健康管理をサポートする。

寄付の方法は以下の3通り。

1.「Mealthy」または「OFFICE DE YASAI」の利用によるカロリーセーブ量に応じて、 各社から寄付。 (80kcalごとに1円)

2.「Mealthy」または「OFFICE DE YASAI」の新規店舗・設置事業所1社につき、 各社から寄付。
(従業員1名ごとに8.31円)

3.飲食店舗でTFTメニューを注文し、 消費者が1食につき20円を寄付。

カロリーオフのヘルシーな食事で健康管理しながら社会貢献できるとは、みながハッピーになれるステキな取り組み。渋谷周辺に勤務する人、ぜひ試してみよう!

http://mealthy.me
http://www.officedeyasai.jp/
http://jp.tablefor2.org/

NISA活用法、投資経験豊富な人はこう使え!

せっかく投資でお金が増えても、一部は税金として差し引かれてしまう。
もうかれば、もうかるほど払う税金も高くなる。理解はしているけれど、税金の仕組みってうまく出来ているなぁと思ってしまうのは、私だけでしょうか…。

「その税金をナシにします!」といってくれているのが、NISAです。
今まで投資をしていた方なら、NISAを使って何に投資をしようかと、検討していることでしょう。

結論からお伝えすると、大きな利益が狙えそうな商品に投資をすることをお勧めします。
利益が大きくなれば、得する金額も増えるからです。
例えば、1万円の利益が出た場合、本来の税金は約2000円ですが、これがNISA口座であれば税金はゼロ。2000円、手取り額が増えるのです。
5万円の利益であれば、本来の税金は約1万円ですが、これがNISAなら税金はゼロ。1万円も手取り額が増えます。
NISAのメリットを最大化したいと考えるのであれば、できるだけ大きく増える可能性のあるものにNISAを使って投資すると良いでしょう。

では、大きな利益が狙えそうな商品とは、どのようなものでしょうか。
まずは、大きな成長が期待出来そうな会社の株式に投資することです。それから、外国企業の株式や新興国に投資する投資信託への投資も大きく増やせる可能性があります。
ただし、大きな利益を狙えば、当然、大損してしまう可能性も高くなります。
大きくもうけたいと考えるのであれば、それなりのリスクを覚悟したうえで、投資する必要があります。
それに、損をしてしまった時に発生するNISAのデメリットにも注意する必要があります。
デメリットとは、損益通算が出来ないことです。損益通算とは、増えた利益と損してしまった金額を整理して、プラスとマイナスを相殺することをいいますが、NISAではこれが出来ません。
お金が増えても利益が無かったこととみなされて税金がかからないのと同様に、損をしてもその損失も無かったこととみなされてしまうからです。

リスクを覚悟して大きな利益を狙うという方法も投資の1つの考え方です。一方で、安定的な資産運用をしていきたいと考えるのであれば、投資対象を分散しておくことが重要です。リスクが低い商品も含めて投資対象をしっかりと分散し、株式投資などリスクがあっても増やしたい資金についてNISAで投資するのが効率的な利用法となります。

投資経験豊富な人は、デメリットも把握したうえで、NISAを活用して大きな利益を目指してみましょう!

投資初心者向けにはこちらを参考にしてください。

2015.6.15更新

ランキング