独立のチャンス!東南アジアでの販売予測を無料診断!

1122.jpg

 ソーシャルエージェントは27日、同社が運営する東南アジアへの越境EC事業支援サービス「EC-PORT」で、新たに東南アジアで販売を予定している商材の無料診断サービスを開始した。

 「EC-PORT」は、東南アジアの顧客をターゲットとして展開するEC事業のサポートサービス。「現地オンラインショッピングモールへの販売代行」「現地オンラインショッピングモールへの出店支援」「EC物流アウトソーシング」を中心に、現地の文化や言語に通じたスタッフが対応する。

 今回の「商材無料診断」は、東南アジアへ売り込もうと画策する商材について、現地の市場性を診断するサービス。市場のニーズや法規制等の有無、販売適正価格、競合製品に関する情報をEメールでレポートとして提出するほか、Skypeなどを利用した個別の相談にも応じる。

★毎週月曜発行★先週公開のオススメ記事をピックアップ!HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら

画像一覧

  • 「EC-PORT」の「商材無料診断」のイメージ
  • 「EC-PORT」のサービス内容

提供元

ランキング