【東京・新宿】無料で”ホルモン”に会える!モンスターウルトラ新宿3DAYSジャック

このレシピを実行して

約4,000貯まる!
<材料>

・期間中に新宿に行く

<Point>

1良い場所で見られるように少し早めに待機する

2サンプリングのモンスターウルトラで喉を潤す

3土日は新宿で買い物などして休日を楽しみながらシークレットゲスト情報をSNSで探ると出現した際すぐに向かえる

※マキシマムザホルモンに会うためのチケット代とモンスター1缶分の値段

1088.jpg

モンスターエナジーは、2015年7月31日(金)からの3日間、東京・新宿を舞台に、新商品「モンスターウルトラ」の大規模サンプリング企画『Ultra Unleashed モンスターウルトラ新宿3DAYSジャック』を開催。

このイベントは7月31日からの3日間、発売したばかりのモンスターウルトラを新宿ステーションスクエアを拠点に5万本規模でサンプリングを行い、新宿駅をモンスターウルトラのカラーである”白“一色に染め上げるというもの。

オープニング企画として初日に登場するのは、日本のロック業界を牽引するバンド “マキシマム ザ ホルモン”のダイスケはんとナヲ。当日は、2人がMCを務める人気音楽番組 “モンスターロック”の公開収録を行い、メンバーのマキシマムザ亮君と上ちゃんもゲストとして応援に駆けつける予定。

2日目以降も、モンスターファミリーの「シークレットゲスト」が日替わりで会場に駆けつけモンスターウルトラの発売を盛大に盛り上げる。

■イベント概要

名称:Ultra Unleashed モンスターウルトラ新宿3DAYSジャック
期間:7月31日(金)~8月2日(日)
場所:新宿ステーションスクエアを拠点とした新宿駅周辺
内容:モンスターウルトラ サンプリング@新宿駅周辺
   モンスターファミリーの登場@新宿ステーションスクエア
日程:7月31日(金)15:00~:モンスターロック公開収録

※モンスターロック公開収録の詳細は後日、マキシマム ザ ホルモンHP上で発表いたします。
※8月1日(土)、8月2日(日)にはシークレットゲストが登場予定。

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

この開放感は夏ならでは!野外フェスでの節約ワザ

最近では、夏の楽しみのひとつとしてすっかり定着した野外コンサート(夏フェス)、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

開放感あふれる野外で、思いっきり音楽に酔いしれられるのは、夏ならではの楽しみです。今回は、夏フェスを節約しながら楽しむ方法を紹介します。

1. 交通手段は人数に応じて
大人数が集う大型の野外フェスは、首都圏から遠く離れた地方で行われることも多いもの。新幹線で向かえれば一番楽ですが、費用が掛かります。
少人数で向かうなら、高速バスがおすすめ。安上がりなうえに、最近の高速バスは座席の質やサービスもよくなりました。3列シートのゆったりしたバスや、4列でも足をのばせるものなど。スリッパやアイマスク、耳栓がついてくるバスもあるので、ゆっくりと体を休めることができます。往復ともに夜行バスでの車中泊にしてしまうと、ホテル代も浮かせることが出来ます。
一方、公共交通機関で行きづらい場所だったり、大人数でいっしょに参戦するなら、クルマで向かうことも検討しましょう。高速代、ガソリン代、駐車場代、もし車を借りるならレンタカー代がかかりますが、割り勘にすれば安く済みます。途中、道の駅などで停車して、休憩がてら宿泊費を浮かしてもよいでしょう。最近は、道の駅に温泉があるところもあるので、運転の疲れをいやすのにおすすめです。

2. グッズは百均でそろえる
野外フェスにかかせないアウトドア用品。専門のメーカーでそろえるとかなりの出費になります。雨がっぱやレジャーシート、折りたたみ椅子など、百均でそろえられるものもありますので、フェスに行く前に一度のぞいてみましょう。

3.食べ物は持ち込む
キャンプができるフェスの場合、アウトドア用品を持ち込んで、自前でバーベキューをしたりすると楽しめますし、安上がりです。アウトドア用品は専用メーカーのものじゃなくても、台所用品を活用したり、100均で網などそろえられます。
アルコールは会場で買うと高いので、ワインなど水筒に入れて持参しましょう。

映画、美術館・・・レジャーのチケットは窓口で買わない!

オフの日に、映画や美術館、遊園地などの施設で楽しい休みを過ごすという人は少なくないと思います。

ですが日本では、通常の映画の鑑賞料は1,800円。美術館や博物館の入場料、企画展示などであれば、1,000はまず下らない入場料がかかります。けっこう高いですよね。昨年度の東京国立博物館の企画展示入場料の平均は、一般料金で1,110円となっています。日本は物価が高いと言われる国ですが、イギリスのように国立の博物館の入場料を無料に設定している国や、アメリカ合衆国のように気軽に映画が見ることができる国と比べると、レジャー費が高くついてしまいます。ですが、少しの計画性とコツで、その支出を抑えることができます。

・行きたいものは事前に決めておき、チケットも事前購入しておく。

 絶対に行く、というものに関しては、必ず前売り券を購入するようにしましょう。前売り券は、おおむね通常で買うよりも、500円前後安く販売されることが多く、通常の窓口で買うよりもかなりお得になります。ただし、会期が始まってしまうと、前売り券の販売も終了することが多いので、その点は注意が必要になります。

 また、チケットの事前購入は、お金の面だけでなく、時間の節約にもなります。特に休日などの当日券の販売窓口は混雑することも多く、人気のある展示ですと、買うのに一苦労、ということもあります。事前購入は通常の2、 3割引きの値段でチケットが買えるだけでなく、時間のロスもなくしてくれる一挙両得の方法なのです。

・事前購入を忘れても、窓口は買わない

 とはいえ、必ずしも、前もって事前にチケットが買えるわけではありません。突然、行きたくなる、知らなかった、ということもあるでしょう。そんな時はまず、ちかくの金券ショップなどでチケットが販売されていないか確認しましょう。また、インターネットや知人友人のネットワークなどを駆使して関連する情報を集める努力をして、節約をしていきましょう。

2015.5.27更新

夏のアクティビティーはオンライン購入でお得に楽しめる

この記事では、オンライン予約やオンライン購入によって、夏のアクティビティーを少しだけお得に楽しむ方法をご紹介します。

東京サマーランドの場合

夏のアクティビティーといえばプール。東京サマーランドは、「水遊び」と「冒険」をテーマに、プールと遊園地を楽しむことができる施設です。

今回は、サマーランドのチケットを安く買う3つの方法をご紹介します。

1.モバイル会員登録をするとQRコードを見せるだけ

1つめの方法は、モバイル会員登録をすることです。登録後、QRコードが表示されるクーポン画面をフロントで見せるだけです。割引率についてはホームページ上の記載はありませんでした。なお、クーポンの種類は期間によって代わり、期間限定のクーポンもあるとのこと。

2.インターネットで画面を印刷する「WEB割引クーポン」

2つめの方法は、サマーランド公式サイトでクーポン画面を印刷するものです。ご自宅にプリンタがある場合におすすめの方法です。

7月1日~9月30日の期間は、「夏季期間WEB割引」を利用することができます。
たとえばフリーパスで見てみると、大人の通常料金が4,500円であるのに対して、WEB割引クーポンを利用すると4,300円となります。大人2名で利用した場合は約400円の節約になります。

3.コンビニ等のWEB予約システムを利用する

3つめは、「セブンチケット」「ローチケ.com」「JTB」など、コンビニや旅行会社等からオンライン購入する方法です。

たとえば、セブン-イレブンのフリーパス券は大人(通常4,500円)が4,200円。大人2名で利用した場合、約600円の節約になります。

ディズニーランドの場合

夏といえばディズニーランド。ここでは、支払う料金は変わらないものの、販売窓口に並ばないで済むため、結果的に「長時間」滞在できるお得な方法をご紹介します。

それは、パークチケットをオンライン購入することです。「ディズニーeチケット」は、通常の1day パスポートと同じ6,900円ではありますが、購入後自宅のプリンタでチケットを印刷することができます。

直前購入もできますし、日付指定をすることも可能です。あらかじめチケットを持参して行くため、当日の朝から販売窓口に並ぶ必要がなく、スムーズに入園することができます。

たとえば、ディズニーランドに着いてから帰るまでが7時間だったとします。フリーパスは6,900円ですから、1時間あたりの価値は約1,000円です。つまり、並ぶ時間(1時間程度)がなくなったと考えると約1,000円分長い時間過ごせたと換算できます。

なお、同じオンライン購入でも「配送チケット」の場合は配送料一律540円と、代引き指定した場合は別途代引き手数料がかかってしまうため注意が必要です。

ランキング