アマゾン、Kindle無料マンガ雑誌が18誌に拡大!夏休み冷房の効いた部屋でマンガはいかが?

このレシピを実行して

2,000貯まる!
<材料>

・スマートフォン ・タブレット ・PCなどお好きな端末

<How to>

1端末からKindleストアにAmozonアカウントでサインイン

2好きなマンガ雑誌を選んで1クリックでダウンロード

3読みたいときにKindleアプリを立ち上げて、マンガ雑誌を開く

4その後は最新号が自動的に端末に届く

※1冊400円相当のマンガ雑誌を月5冊読むとして

947.jpg

Amazon.co.jpは、2015年7月22日より、 Kindle無料マンガ雑誌のラインナップとして『花とゆめ・Lala』、 『コミックゼノン』、 『ゴーゴーバンチ』、 『主任がゆく!スペシャル』の4誌を追加し、 無料での配信を開始。

合計18誌が無料で読めることになり、幅広いユーザのニーズに応えられるようになった。Kindle無料マンガ雑誌は、 無料で入手できて毎号自動で届くマンガ雑誌として、『グランドジャンプ』、 『漫画アクション』をはじめとする人気の6誌を取り揃え、今年1月7日にスタート。

3月、5月と8誌を追加し、今回の4誌追加で合計18誌に拡大。
今回追加されたのは、少女マンガの大御所『花とゆめ・LaLa』 では人気シリーズのスピンオフや新作読みきり作品が充実。『コミックゼノン』は、「いくさの子」をはじめ、 原哲夫による戦国大河「義風堂々!!」シリーズ2本立て&「コンシェルジュ」シリーズ最新作など見どころ満載の月刊誌。

『ゴーゴーパンチ』は、季刊誌『ゴーゴーバンチ』の連載ほぼ丸ごと19作品に加え、 アニメ化された「GANGSTA.」やドラマ化が決定した「いつかティファニーで朝食を』など人気4作も特別掲載。

『主任がいく!スペシャル』は、たかの宗美先生の大人気オフィス4コママンガ作品「主任がゆく!」をはじめとした、 バラエティー豊かな創作4コマ作品が並ぶ。仕事や家事の合間に、ちょっとした息抜きに最適だ。

各雑誌の購読はいたって簡単。 お手持ちのPCおよびMac、 スマートフォンやタブレット、 KindleやFireなどの端末上からKindleストアにAmazonアカウントでサインイン。 好きな雑誌を選んで1 Clickで端末にダウンロードすれば、 あとは無料のKindleアプリを使っていつでも、 どこでも読むことが可能。 その後は各雑誌の更新日になると、 自分の端末に新しい号が自動で届く。いつでもどこでも好きなときに好きなマンガを思う存分読めるというワケだ。

酷暑を避けて冷房のキンキンに効いた部屋でアイスでも食べながら無料マンガを読む。体力もお金も節約できて、まさにリーズナブルな一石二鳥な過ごし方と言えそうだ。

アマゾン無料マンガ
http://www.amazon.co.jp/kindlefreemanga

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

夏休みは子ども向け映画が目白押し!お得に子どもと映画を楽しむ!

夏休みといえば、子ども向けのアニメ映画がたくさん封切られる時期でもあります。しかし、映画って高いですよね。なんと、日本の映画館の大人料金1800円って、世界でも最高水準なんです。物価が高くて有名な北欧と比べても、ほぼ同じか高いくらいです。

子どもの喜ぶ顔は見たいけど、ない袖は振れない……そんな節約中のパパママに向けて、子ども向け映画を安く楽しむコツをお知らせします。

1. 親子ペア券を買おう
子ども向けの映画だと、親ひとり子ども一人分のチケットがセットになった「親子ペア券」が発売される場合があります。普通料金だと、大人1800円、子ども1000円の2800円ですが、親子ペア券なら大人1400円、子ども800円の2200円で600円安くなります。
子ども2人なら、800円の前売り券を別に買い足しましょう。
また、前売り券を買うと、限定のグッズがついてくる場合があり、それも子どもにとってうれしいものです。

2. 子どもだけで見る
子どもが小学生以上であれば、映画館までは付き添っていき、子ども分のチケットだけを購入して、子どもだけ見させるという手もあります。暗がりの映画館で少し気がかりかもしれませんが、上映までの間であれば、係員に話して付き添い可能になることもあります。夏休みのアニメ映画は正直大人には退屈なもの。子どもだけでいかせれば、1800円以上が節約できます。

3. 割引きを活用しよう
最近の映画館には、さまざまな割引デーがあります。全国的に有名なのは、ハッピーファースト(毎月1日は映画料金が1人1100円)、レディースデー、モーニングショーやレイトショーなど。他にもシニア割り引きや会員限定の割り引きデーなどもあります。また、ショッピングモール内の映画館では、ショッピングモールのクレジットカードを提示すれば、毎回割り引きを受けられることも。1日違いで割り引きにならなかった! なんてことをさけるためにも、どういう割り引きデーがあるかはこまめにチェックしましょう。

夏休みの国内旅行は安く楽しく豪華に!宿泊施設の節約ワザ

待ちに待った夏休み、ふるさとに帰省しないという人の中には、旅行に出かけるという人も多いでしょう。

ただ、お盆休みを中心に、この時期は旅行業界の書き入れ時。宿泊料金もぐーんと跳ね上がります。今回は、宿泊費を節約しつつ、夏休みの国内旅行を楽しむ方法をお知らせします。

1. 予定は早く決める
「仕事の予定がわからない……」などの理由で、夏休みを確定していない方も多いかもしれません。しかし、直前になってどこかに行こうと思っても、安くてよい宿はすぐに埋まってしまい、高いところか安くても評判のよくないところしか残っていないなんてことも。宿泊施設によっては「早割」として宿泊料金の割引や、オプショナルの特典を用意しているところもあります。休みは早めに確定しましょう。

2.直前に決める
1と矛盾するかもしれませんが、直前予約を利用するという方法もあります。宿泊施設の中には、急にキャンセルされた部屋を「直前予約」という形で、安く貸し出すことがあります。空き部屋にするより、安い値段でも泊まってもらったほうがホテルにとっても得だからでしょう。ただ、どんな宿が出るかはそのときの運しだい。まめにホテルの予約サイトやホテルの自社ウエブサイトなどをチェックしましょう。

3.公共の宿を利用する
公共の宿とは、県や市町村、その他の運営団体が、営利を目的とせずに運営している宿泊施設です。営利目的ではないので、施設の設備やサービス、食事は最低限というところも多いですが、中には天然温泉やプールを備え、ホテル並みのところもあります。
休暇村という、風光明媚なところにあるコテージ風の施設もあります。

4.会社の保養施設も要チェック
大手企業などを中心に、会社で保養施設を所有している場合があります。また、自社保有でなくても、福利厚生サービスの一環として、提携宿泊施設に安く泊まれる場合があります。ただ、こういったサービスをきちんと把握していない人も多いよう。節約旅のためには、職場で配られるカタログなどにも目を通しましょう。

夏休み到来!遠出をせずに首都圏で楽しむ穴場スポット

せっかくの夏休み、どこかに行きたいものですが、交通渋滞や観光地の大混雑を考えると、うんざりしてしまう方も多いでしょう。

また、この時期は交通機関やホテルなどの料金も跳ね上がり、どこに行っても出費が大きくて、節約派にはつらいところです。そこで今回は、首都圏周辺の穴場スポットを紹介します。

1. 東京湾唯一の自然島・猿島
神奈川県横須賀市にある猿島は、東京湾に浮かぶ唯一の自然島。対岸の三笠桟橋から約10分の船旅で気軽に渡れます。入島料は2015年から有料になりましたが、中学生以上が200円、子どもは100円と激安なのもうれしいところ。
無人島といえども面積は、同じ神奈川県の横浜スタジアムグラウンドの4倍もあり、海水浴やバーベキュー、釣りなど、家族連れでアクティビティが楽しめます。
猿島はその昔、旧海軍の要塞だった歴史があるため、島内にはそうしたルーツを感じさせる貴重なレンガ積みのトンネルや、兵舎、砲台の跡などが残っており、2015年に国史跡に指定されました。ガイドによる史跡ツアーも実施されており、軍事マニアや歴史好きの人にはたまりません。
猿島には、2014年からコンロ・炭・着火剤等の持ち込みができなくなりました。バーベキューを楽しみたい場合は、器具のレンタルが必要です。

2. 原始時代にタイムスリップ!原始村
山梨県小菅村にある原始村は、ちょっと変わったキャンプスポットです。縦穴住居と横穴住居の各3棟があり、火おこし体験などができるという、名前の通り原始時代にタイムスリップして、その当時の生活が味わえる施設なのです。そのほか、ヤマメのつかみ取りや、バーベキューなども楽しめます。ライターやマッチを使わない火おこし体験はめったにできるものではないので、お子さんの夏休みの自由研究にも役立つかもしれません。

3. 都内で楽しむ
帰省ラッシュのお盆期間は、都内の道路がガラガラ。宿泊施設やレストランも空いている……なんてことも多いものです。この時期は、ホテルがお得なプランを提示していることもあります。いつも大人気のスポットも、人ごみを気にせず楽しめるかも。どこにもいかず節約をかね都内で過ごすのも一つの方法かもしれませんね。

ランキング