「ゆう活」で空き時間ゲット!節約しながら自分みがき

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・ゆう活で得られた夕方の空き時間

<How to>

1英会話カフェで英語を習う

2企業主催のお料理教室に行く

3簿記の資格ゲットで転職を目指す

※1ヶ月: 約1,000~円

892.jpg

政府の号令のもと、広がりを見せ始めている「ゆう活」。夏場に仕事を朝型シフトにすることで、夕方の日の長い時間帯を有効に使おうという取り組みです。

ゆう活で早く退社できるようになったぶん、節約だけでない「稼ぐ力」をつけるための自己投資に充てるのがよいかもしれません。

1.英会話カフェで英語を習う
グローバル化が進む中で、身に付けたいスキルのひとつが英会話。
英会話スクールやオンライン英会話、英語教材などいろいろな勉強法がありますが、どれも長く続けていくうちに費用がかさみ、とちゅうであきらめてしまうことも。
そこで、ゆう活で空いた夕方の1~2時間で、さくっと英語を習いたい人におすすめなのが、「英会話カフェ」です。
首都圏や関西の中心部で展開しているチェーンでは、利用料は最初の1時間が1,000円でそれ以降は30分毎に400円。英会話スクールよりもリーズナブルな価格で、お茶を飲みながらネイティブと英会話ができます。
初心者から、せっかく身に付けた英語を使う機会がない……なんて方にもおすすめです。

2.企業主催のお料理教室に行く
   お料理教室で、料理の腕を磨くと言うのもよいものです。個人の先生が自宅でやっている教室、チェーン展開している教室などさまざまありますが、お得度から言えば、企業が単発でやっている教室が一番お得です。
東京ガスのショールームでやっているお料理教室は、ほとんどが昼間の開催ですが、中には「ゆう活」で通えそうな夕方以降の時間帯のものもあります。ぜひチェックしてみてください。

3.簿記の資格ゲットで転職を目指す
 事務職の方におすすめなのは、簿記の資格取得です。資格取得のためのスクールや通信教材もありますが、各地の商工会議所では、3級、2級などのレベル別に講座を実施しています。民間の教室よりもオトクな価格で、一流の先生から試験対策までの講義を受けられるので、おすすめです。ゆう活の時間で資格取得をめざし、「稼ぐ力」を身に付けてはどうでしょうか。

画像一覧

執筆者

新部若菜

4年間、資生堂に勤務、アメリカ留学などを経てフリーライターとなる。 ビジネスから美容、フード、トレンド系もフォロー。

新部若菜

関連記事

関連記事

非公開: 大佐の『ぶっちぎり社員育成塾』第十一回「100点からが勝負!」

社会人になる前って学生ですよね?

当たり前。(笑)学校のテストって100点がMAXですよね。小学校。中学校は特に。基本的に減点法で、答はひとつ。答が一つってことは、考えるより記憶する方が重要だったります。答が複数ある場合は、オリジナルの答えがあっても良い。答えが一つしかないと、それに向かって進むことになります。

その答えを見つける流れを覚えたり、考えたりすることは出来るけど、根本的な部分でも思考力はあまり身につかないような気が・・・・・。

社会に出ると、そうは行きません。答えは状況によって変わったりする。その場合は、状況によって答えっぽいものがあるって前提ですけどね。

そうじゃない時はどうするか?

お客さまに対しての対応なんかもそうです。マニュアルがある場合は、それが答えになるかも知れない。でも、それって本当に最適な答えでしょうか?

お客様は人間です。一人一人違う性格をしています。それなのに、同じマニュアルが通用するでしょうか?僕はそうは思いません。マニュアルは、最低限まで引き上げることは出来る可能性はある。可能性はあるけど、それが答えじゃない。

お客さまが子供だったとする。子供対して、

「いらっしゃいませ」
「〇〇は如何されますか?」

みたいな用語で対応するとします。これでも問題はありません。クレームは起こらない。でも、店員もお店も、好きになってもらうことは出来ないんじゃないでしょうか?

子供には

「〇〇くん、どうも~」
「〇〇はどうしよっか~?」

って喋った方が仲良くなれますよね?そういうのが大事だと思うんですね。

ってことで、マニュアル対応が全ての答えじゃないんですね。全員に通用しないのです。

なので、マニュアル以上の対応ができるようになるのが大事です。学校のテストで言うと、100点以上ということになります。数学や物理、歴史にはプラスαの点数はないかも知れない。でも、社会は人間で構成されてます。

人間には『心理』『感情』があります。『心理』『感情』には、答がありません。だから、状況を考慮した上で、相手の心理・感情も意識する。そうすれば、100点を超える仕事が出来るようになるかも知れない。

100点以上を目指しましょう。言われたこと、決められたこと以上の工夫をしましょう。そして、ぶっちぎり社員になりましょう!

経済や投資の勉強の第一歩!テレビ、雑誌などの情報に馴れること

投資をするためには経済や金融マーケットのことをある程度勉強しておくとよいでしょう。そのためには、経済などの情報に上手く接することが大事。今回は、情報の入手方法や勉強の進め方を紹介します。

まずは「馴れる」ことから始めましょう。テレビ、ネット、雑誌などから入ってくる経済情報に意識を向けることが第一歩。例えば、「日経平均株価が2万円を突破」、「ギリシャが債務危機でユーロから離脱する懸念」などのニュース。他にも日銀総裁の記者会見など、様々な情報が流れていますので、つまみ食い感覚でよいので意識して触れるようにします。

始めは専門用語などが難しいかもしれませんが、あまり気にしないこと。“情報と情報がつながりそうだな”と感じることが大事です。例えば、株価上昇と、円安が進むこと!この2つが何となく結びつくかな?と感じられてきます。

実は、株価上昇と円安進行は、このところ、とても連動性(相関性)が高い関係にあります。円安が原因で株価上昇が結果の関係ですが、押さえておきたい知識です。他にも、さまざまな原因と結果の関係がありますので、「馴れる」なかで各種情報が結びついてくれば、経済や投資への興味も出てくるでしょう。

続いて、馴れてきたらテレビや雑誌などからお気に入りの情報ソースを探し、「継続」して接することです。筆者の場合、あるテレビ局の経済番組を毎朝見ていますし、好みのマネー雑誌を購読しています。「継続」することで、経済や投資の仕組みなども理解できるようになります。必要な知識も貯まっていくことが期待されます。

ただ、忙しい中でテレビを見ることは大変。録画やWebでの再放送など、フル活用します。「継続は力なり」と言いますが、続けていけば投資の判断にも自信が持てるようになります。

さらにその先、もっと知りたいといった欲求も高まることでしょう。ネットが便利に使える時代なので、自分の手で調べて解決することは難しいことではありません。経済や投資に関するブログやサイトもたくさんありますので、それらを読んで聞けば、関心分野をどんどん「深掘り」することもできます。

投資は情報が命。その情報に馴れること、継続すること、そして深掘りすること。自分のペースで構わないのでじっくりと取り組んでいきましょう。

夏期講習って絶対必要?! 無理せず夏休みの学習を進めるには

夏休みになると気になるのが子どもの夏期講習。必ず通わせなくてはいけないものではありませんが、「●●ちゃんも行きはじめたよ!」なんて、周りの家庭の話を聞くと気が気でないのではないでしょうか。

また、いくら節約中とはいえ、子どもの教育費はできるだけ出してあげたいもの。しかし、ない袖はふれません。今回は、無理せずお得に子どもを夏期講習に通わせる節約ワザをお伝えします。

1.無料特典を見比べよう!
夏休み前の時期になると、新聞に学習塾のチラシがたくさん挟まれるようになります。それらのチラシを見て、特典を見比べましょう。
入会金無料、最初の一カ月無料……などいろいろな特典がある中で、なんと夏期講習が無料になる塾もあったりします。最近は塾の獲得競争が激化しているので、特典も年々豪華になっていく傾向にあるようです。入会は、夏休み前に済ませた方がお得です。

2.体験学習を利用する
塾の中には、数日~1週間の短期間で体験学習ができるところがあります。
こうした体験学習を利用するのも一つの方法です。あくまでも短期間のみですから、教えてほしいところが全て教われるわけではありません。ただ、体験学習の前には、入塾テストと、保護者の面談などもありますから、こうした機会を利用して、我が子は「どこが苦手なのか」「どういうふうに勉強を進めればいいのか」などの把握に利用しましょう。

3.思い切ってやめてしまう
普段から塾通いをしていて、きちんと勉強の習慣がついているお子さんなら、子どもの成績や進路と相談の上、思い切って費用のかかる夏期講習はやめてしまいましょう。
「夏期講習は受験の天王山」などといううたい文句や、他の家庭が夏期講習に通わせているなんて話を聞くと焦ってしまいますが、夏休みは子どもを休ませ、2学期に向けた英気を養わせるのも一つの手です。
ただし、塾にいかない場合は、せっかく身についている勉強の習慣をおろそかにしないためにも、親の監督のもと、自宅学習は行っておくほうがいいでしょう。

ランキング