2015年サラリーマンのお小遣い調査…1ヵ月の飲み代は?

448.jpg

 新生銀行は、20代~50代の有職者の男女約2,300名を対象にした「2015年サラリーマンのお小遣い調査」を実施。結果、男性会社員のお小遣い額は37,642円と前年比1,930円減少し、これは1979年の調査開始以来過去2番目に低い金額となった。

 ●お小遣い額は昨年に比べ2,000近く減少

 今年の男性会社員のお小遣い額37,642円と1979年の調査開始以来、1982年の34,100円に次ぐ2番目に低い額を出した。特に40代、50代は4,000円以上の減額となり、これが全体の平均値を下げる要因となっている。

 ●昼食代は物価の影響で3年連続アップ
 お小遣い額は減ったものの、昼食代は昨年の541円から上昇し601円、3年連続アップ。だが、これは消費税や物価の上昇によって、外食などの値上げの影響と考えられる。同調査では昨年4月に8%へ引き上げられた消費税率に対し、「負担に感じている」が男性会社員は78.2%と出た。これは消費税3%導入時の1989年や、8%への増税直後である昨年よりも高く、「負担感」は過去最大に。また、女性会社員では84.9%が負担を感じており、男性よりもより高い結果に。物価の上昇による家計、ひいてはお小遣いへの負担が、消費税に対する負担感とは切り離せない関係だ。

 ●外での飲み代は4,954円

 男性会社員の1回の飲み代は外食では4,954円、自宅飲みは2,861円という結果に。1ヵ月の平均飲み回数は、昨年と同じく2.4回。30代・40代が昨年より減っていたものの、20代が以外にも回数を増やしている。

 なお、調査の詳細は新生銀行公式サイトにて。

画像一覧

  • サラリーマン平均お小遣い額推移
  • 昼食代平均額
  • 飲み平均額(男性)
  • 飲み平均額(女性)

提供元

特集

ランキング