プチプラDIYで部屋をおしゃれにするための3つの工夫

このレシピを実行して

1,600貯まる!
<材料>

・材料

・借り換え手数料 数十万円

<How to>

1インテリア雑誌などで「理想の部屋」のイメージを固めておく

2プチプラ雑貨を利用して節約

3DIYに使える意外な素材を探してみる

※棚を購入した場合とDIYで作った場合
購入2,000円 – 材料費400円 = 1,600円

74.jpg

「おしゃれな部屋に住んでみたい」。そうお思いの方は多いのではないでしょうか。しかし、おしゃれな家具は高くて中々買えない。そんな時はプチプラ雑貨を利用して簡単なDIYをしてみましょう。節約と美観を兼ね備えた方法です。

・インテリア雑誌などで「理想の部屋」のイメージを固めておく

基本的なことですが、スタート地点は「理想の部屋」のイメージをしっかりと固めておくことです。

少なくとも、「テイスト」「カラー」「予算」の3つはしっかりと決めておきましょう。

何も考えずに「これは素敵だな、使ってみよう」と購入していくと、途中で自分の好みが違うテイストだったことに気づいたり、思っていたものと違うものが出来上がったりして、また買い直すことになってしまいます。

そうなってしまうと、節約のためのDIYが意味をなさなくなってしまいます。

・プチプラ雑貨を利用して節約

DIY初心者であれば、古材や道具をしっかり揃えてから取りかかるというのはおすすめできません。

使いこなせるかどうか定かではないものを購入するよりも、「DAISO」「natural Kitchen」「3COINS」などプチプライスで雑貨を購入できるショップを利用した方が結果的には節約に繋がります。

すでに出来上がったものを、色々な使い道で取り入れていくことで、少ない出費で済むのです。

・DIYに使える意外な素材を探してみる

では、DIYに使えるものにはどのようなものがあるのでしょうか? ここでは3つの素材をご紹介します。

1つ目は「すのこ」です。「DAISO」などで購入できます。このすのこを組み合わせるだけでも簡単な棚を作ることが可能です。

2つ目は「マスキングテープ」です。貼り付けるという用途にも使えますし、カッティングシートの代わりに利用したり、複数を組み合わせて塗らずに色を変えることもできます。

3つ目は「お菓子の型」です。「Kitchen Kitchen」などで購入できるケーキ型やマドレーヌ型など、お菓子の型を使うと、工夫次第でアンティーク風雑貨や収納が完成します。

2015.6.15更新

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

プチプラコスメやサンプルを活用すると化粧品代がお得に

女性にとって日々のメイク代は意外とかさばるもの。ここでは、コスメ代を節約するための3つの方法をご紹介します。

・優秀なプチプラコスメを活用する

「価格が高い=良い化粧品」とは限りません。プチプラコスメでも優秀な商品はたくさんあります。

コツは「@コスメ」などの化粧品口コミサイトを参考にすること。コストパフォーマンスがよく、かつ実用性の高いコスメを見つけることができます。

また、プチプラコスメはドラッグストアなどで気軽に手に入れられるのも魅力です。さまざまなものがありますが、「CANMAKE」「ちふれ」などが有名。意外なところでは「DAISO」などの100円ショップのコスメの中にも定評のある
商品が。

まずは口コミサイトやブログなどで情報収集をしてみましょう。自分の肌質やパーソナルカラーなどを知っていると、自分と似たタイプの方の情報を参考にすれば良いので失敗が減ります。

・サンプルを活用する

化粧品のサンプルは、1~2回で使いきれるものも多いですが、意外とあなどれません。

入手方法はさまざまです。百貨店のコスメカウンターでもらう、通信販売の無料トライアルセットに応募する、通信販売・通信教育などの広告としてついてくるものを使うなど。

メリットは、無料であるだけでなく、個包装になっているため普段だけではなく旅行時等にも使いやすいこと。

ただし、自分の肌質に合わないものに当たる可能性もあるので、リスクはあります。また、大抵の方法が1回限りの入手方法になってしまうので、長期的な利用は難しいかもしれません。

・懸賞でサンプルをもらう

こちらもサンプルを使った方法ですが、懸賞に応募して入手する方法です。抽選にはなってしまいますが、1度きりで入手できなくなってしまう可能性の高い上記の方法と比べると、長い期間での入手方法だと言えるでしょう。

「アットコスメ」や「キレイナビ」といったコスメ系のサイトでは、サンプルのプレゼントやモニター利用の募集なども行なわれています。複数のサイトに登録してチャンスを広げるとより入手確率がアップするでしょう。

キレイナビ
http://www.kirei-navi.jp/

アットコスメ
http://www.cosme.net/

2015.6.15更新

もう「安全と水はタダ」じゃない?!ちょっとの工夫で水道代を節約!

昔から日本では「水道と安全はタダ」なんて言われてきましたが、都市部に住んでいれば水道代もばかになりません。水道の節約法も見直してみましょう。

1.「タンクにペットボトル」は意味がない
家の中で、最も水を使うと言われているのがトイレです。
一時期、トイレの便器のタンク内に水を入れたペットボトルを入れて節水するのが流行りましたね。しかし、あの方法ではタンクの水圧が下がってしまうので、一度では流しきれなくなり、結局何度も流して水を使うはめになってしまいます。
トイレの節水をしたければ、ペットボトルではなく専用の節水グッズを取り付けましょう。
また、「大」「小」のレバーは使い分けていますか?「大」は約8L、「小」は約6Lなので、これも使い分けを習慣づければ節水につながります。

2.シャワーは水の使いすぎにつながる?
節水のために、お風呂はシャワーで済ませているという人もいるかもしれません。
浴槽1杯分の水の量は、シャワーを15分間使用した量に相当するといわれています。家族が多くなるほど、シャワーのみで済ませると水の消費が多くなります。シャワーの出る穴の数を少なくして水の量を少なくする節水型のシャワーヘッドを取り付けるか、「シャワーは1回●分まで」のような規定を決めるといいでしょう。
また、浴槽にお湯を貯めたら、残り湯を洗濯などに使うのは、いまやよく知られた節約テクニックの一つです。

3.食器洗いで節水する
キッチンで食器を洗う時は、水を流しっぱなしにせずに、洗い桶を使って「貯め洗い」を基本にしましょう。日本は水資源が豊富なのであまりやりませんが、世界でも水が貴重な地域ではよく見られる洗い方です。
また、食器洗浄機を使うのも、実は節水につながります。たくさん水を使うように見えますが、食器洗浄機は、庫内に貯めたお湯を循環させて「ため洗い」「ためすすぎ」をするので、水の量が手洗いの10分の1で済む上に時間も節約できます。初期導入費用はかかりますが、長い目で見れば節約につながります。

2015.6.15更新

文房具代を節約するための3つのテクニック

なにげなく購入している文房具。実は、文房具もちょっとしたコツで節約ができるようになります。この記事では、文房具にかかるお金を節約するための3つのコツをご紹介します。

1.文房具は100円ショップで買わない

やみくもに100円ショップを利用するのはリスクがあります。文房具のように安価なものは、100円ショップで購入する方が結果的に高くなってしまうケースも中にはあるのです。

たとえば、書類整理に使う「個別フォルダー」。DAISOでは3セットで100円前後ですが、ホームセンターで購入すると10セットで100円前後です。

同じようにクリアファイルの購入もあまりおすすめできません。インターネットの通販等でまとめ買いする方が割安です。

100円ショップで買うもの・買わないものを見極めるためには、「1枚(1つ)」当たりの単価を計算してみること。また、壊れやすければ結果的に損をするので品質のチェックも大切です。

2.アスクルの個人向け通販「LOHACO」を利用する

法人向けに文房具等を販売している「アスクル」。個人でも利用することが可能です。その場合は「LOHACO」というサイトから注文を行ないましょう。

1,900円以上で送料無料となるためまとめ買いがおすすめです。「LOHACO」では、文房具だけでなく食品から日用品、ペット用品まで、幅広い商品が揃っています。日々の買い物のついでとして文房具を購入するのも良いかもしれません。

欲しいものを選ぶことはできませんがセールで掘り出し物を探すこともできます。また、ASKULオリジナル文房具は3点以上の購入で5%OFFとなります。

3.amazonで購入する

Amazonで購入するのも1つの方法です。販売元がAmazonのものを選べば送料は無料ですし、割引されているケースもあります。

「本日のタイムセール」という欄を見てみると、高い割引率でのセールで掘り出し物が見つかるかもしれません。

ただし、支払い方法を代引きにすると300円の手数料が発生してしまうので注意が必要です。

このように、インターネットで文房具を買う場合は、商品そのものの値段だけではなく、送料や手数料もしっかりとチェックしないとかえって損をしてしまうことがあるので注意しましょう。

2015.6.15更新

ランキング