食料品・日用品をスマホ注文、約1時間で届ける時代が到来、都内武蔵野市での取り組み

98.jpg

 買い物代行ファーストデリバリー事業を展開するタマハイは15日、食料品・日用品の購入注文をスマホで受け付け、注文から約1時間後に商品を自宅へデリバリーするサービスを開始。iPhone版とAndroid版のスマホアプリをリリースした。

 同サービスの利用方法として、ユーザーは手持ちのスマホにアプリをインストールし、氏名・住所・電話番号などを登録。あとは水を1本、レタスを4個、りんごを1個というように、選択肢から希望の商品とその個数を選んで「買い物カゴ」へ入れて注文。すると、1時間後に商品が手元へ届く仕組みだ。

 ユーザーにとって便利なサービスであることはもちろん、タマハイにとっては、対象エリアを東京都武蔵野市に限定することで注文後約1時間での配送を可能にしたほか、買い物代行の形をとることで商品在庫を抱えることなく事業を運営できるメリットがある。買い物代行であるだけに、地域の小売店や量販店などの売り上げにも貢献できる。Win-Win-Winの地域密着型サービスだと言える。

画像一覧

  • アプリの画面イメージ(トップ)
  • アプリの画面イメージ(商品ジャンル選択)
  • アプリの画面イメージ(野菜選択)
  • アプリの画面イメージ(買い物カゴ)

提供元

特集

ランキング