誰でもうまくできる!欲しい情報だけ無料で受け取る方法

289.jpg

このレシピを実行して

円貯まる!
<材料>

・なし

<Point>

1無料で欲しい情報だけ届けてもらうことができる

2自分の好みにカスタマイズできる

皆さんは欲しい情報を調べる時、どのように探していますか?

「気になる補助金を調べたら、締切りが過ぎてしまっていた」
「起業に興味があるけど、定期的に調べる時間がない」
「どこで見つけた情報か思い出せない」
「自分に関係する補助金はどれだろう?」

情報量が多い現代では、欲しい情報が見つからなかったり、重要な情報が埋もれてしまうことも多いのではないでしょうか。今回は、そんな時でもスグに使える方法を紹介します!

それは、Googleが無料で提供している「Googleアラート」という機能です。これを使えば、ウェブ上の欲しい情報だけ自動で届けてもらうことができます。登録もすごく簡単!キーワードを入力するだけです。ニュース・ブログ・ウェブ・ビデオ・書籍・ディスカッション・・・好みに合わせて、種類も選択できます。

たとえば、独立・起業に役立つ補助金・助成金の情報を調べるとしましょう。この場合、「補助金 起業」、「補助金 独立」…と入力すると、関連する情報が手元に届きます。キーワードを更に絞って、「創業補助金」、「東京 助成金 販路開拓」…と入力すれば、より関連度が高い情報を入手することもできます。

私の場合、海外の販路開拓を行っているので、「海外 販路開拓 助成金」「越境 マーケティング」「アセアン セミナー」「越境 通販」…と気になるキーワードを多く設定し、その中で関連度の高いものだけ残しています。Googleアラートは、自分の好みに合わせて最適な形にできるのです。これがあれば、調べる時間がなくても、自分に関連する最新のニュースだけチェックできるので、情報の見落としをなくしたり、ネタ集めにも使うことができます。

補助金・助成金に限らず、自分が興味・関心のあるテーマに関しても活用できますね。最近気になるキーワードがある人は、ぜひ試してみて下さい。

2015.6.15更新

<関連記事>

画像一覧

  • 誰でもうまくできる!欲しい情報だけ無料で受け取る方法

執筆者

氏家道宏 マーケティングコンサルタント

宮城工業高等専門学校卒業後、米国留学・商社勤務を経てマーケティングコンサルタントに転身。 現在は助成金なども活用し、主にアジアへの販路開拓のサポートを行っている。 グロービス経営大学院MBA

関連記事

特集

関連記事

意外と身近な補助金・助成金を有効活用!

補助金・助成金と聞くと、どんなイメージがありますか?

「聞いたことはあるけど、よくわからない」
「自分には関係なさそう」
「手続きが難しそう」

私もそうでしたが、同じように感じる人は多いのではないでしょうか。
でも、今日からは全くイメージを変えてください!

補助金・助成金とは、会社の労働環境を良くしたり、事業を伸ばす取り組みなどの実施サポートのため、国や自治体から支給される『返済不要のお金』のこと。この厳しい時代、皆さんが生きていくために、おおいなる力になるものです。

たとえば、皆さんが独立・起業を考えているとしましょう。
その際、最初に必要になるのは「自分(会社)のことを知ってもらうこと」です。

Facebook・ブログで情報発信したり、チラシ・パンフレットを作ったり、名刺を作ったり、ホームページを作ったり・・・、知ってもらうには様々な方法があります。しかし、そのことにかける潤沢な資金があるわけじゃない。ではどうしたら?そんなとき、活用できる補助金はないか、探してみましょう。

たとえば、「小規模事業者持続化補助金」は、自分のことを知ってもらったり、新しい販売先を見つける『販路開拓』の取組みに対して、お金の支援を受けることができます。

具体的には、チラシを作ったり、商品のデザインを変更したり、集客するための店舗改装を行ったり、展示会に出展するときなどに使用できます。

実際に使ったお金の3分の2(原則上限50万円)が補助されるので、仮に展示会の出展に75万円の経費がかかった場合、50万円の補助金がもらえるというわけです。
ただし、補助されるお金は、前払いではなく後払いとなりますので、いったん建て替えをする必要があるので、注意が必要です。
残念ながら、「小規模事業者持続化補助金」は5月下旬に受付が終了する予定ですが、同様の補助金が繰り返し設定されることも多いので、あきらめずに探してみましょう。

補助金・助成金は制度ごとに要件は異なりますが、1名~数名の小さな会社でも有効活用できるので、これから折々に紹介していきますね。

2015.5.13更新

書籍や雑誌を無料・割安で楽しむ5つの方法

 読書は人生を豊かにしてくれます。お金が無くても、たくさんの書籍を読む方法をご紹介しましょう。

・定番の図書館利用で書籍代が無料に

 図書館で本を借りると、当然ながら書籍代が無料になります。ですが、返却期限があること、他人と本を共有すること、新作は順番待ちになってしまうことなどのデメリットもあるので注意が必要です。

 図書館を上手に利用するコツは、インターネットを使って予約すること。最寄りの図書館になくても取り寄せてもらうことができますし、自宅にいながら新書の予約も可能です。

・国内ほぼ全ての書籍が揃う国会図書館

 関東近郊の方、かつ大人の方だけになってしまいますが、「国立国会図書館」を利用すると、一般的な本や雑誌だけではなく、漫画、ゲームの攻略本、論文なども無料で読むことが可能です。

 セキュリティが厳しく、バッグを持ち込むことができません。頻繁に行く場合は透明なビニールバッグを用意しておくと良いでしょう。館内には食堂もいくつかあり、いずれも手頃な価格でランチを食べられます。カフェ内にお弁当を持ち込むことも可能なので、休日の節約お出かけスポットにも良いかもしれません。

・名作を読むなら青空文庫で

 著作権の消滅した作品や、自由に読んでかまわないとされている作品をまとめたものです。夏目漱石や太宰治など、古典名作をたくさん読むことが可能です。インターネット環境があれば手軽に読むことができます。電車移動のお供にもいいですね。

・電子書籍は紙の書籍よりも安い

 電子書籍は紙の書籍よりも安い価格で入手することができます。その他にも「時間を気にせず購入できる」「スペースを取らない」「持ち運べる」などのメリットもあります。
 電子書籍の価格比較は「価格ドットコム」から行なうこともできます。
http://kakaku.com/book/ebook/

・「闇雲に買う」をやめる

 書籍費を節約するには「闇雲に買う」ことをやめるのも一つの方法です。「読書メーター」や「ブクログ」などのサービスを利用すると、さまざまなレビューを読むこともできますし、自分の本の好みが分かり、「本を買う失敗」も減るでしょう。

2015.6.15更新

働かなくても毎年、無料で豪華な商品が手に入ります

もし働くことなく、きめ細やかなステーキ肉や全国の百貨店で使えるような商品券が届くようなそんなおいしい話があるとすると、どう思いますか?

今回あなたにお話することは違法なことでもなんでもありません。むしろ上手に活用することができれば毎月のようにあなたの元にはお金に相当するものが届くようになります。

家族の誕生日や何かお祝いのときにもこうした普段とはちょっと違うものを用意したいと思ったときにも便利です。そのような方法があるとすると知りたいと思いませんか?それは

「株主優待を受ける」

という方法です。株主優待というと聞いたことはあるけれど実際どのようなものか、わからない方が多いと思います。株主優待とは簡単に言うと株を発行している企業が株を持っている人に感謝の気持ちをこめて企業が送るものです。

例をあげると、食事優待券や商品券、その会社の商品であったり、サービスの無料券を配布している企業もあります。このようにその会社の株を持っているだけで金品相当のものが手に入るなんて魅力的だとは思いませんか?

これを上手く使うことができれば、毎月のように一般に売られている商品がただであなたの元に届いたり、普段何気なく使っているサービスを無料で利用することができるのです。

「株なんて怖い!」

どうしても株などの投資の話になると危ないというイメージが一人歩きしがちですが実際のところ、きちんと勉強して株を買えばそれほど大きなリスクはありません。

むしろ長期的に株を保有していることにより、株がなくならない限りこのような株主優待を受け取ることができるのです。つまり、ある程度の株を一度買ってしまえば半永久的に企業からの商品をもらうことが可能なのです。まだ怪しいと思っている人も次の記事で株主優待とはどういうものなのかもう少し詳しくお話していきます。

「魅力的だけど、どんなメリットとデメリットがあるの」

そのような疑問に答えて行くので次の記事もぜひ見逃さないようにしてください!

ランキング