フィットネスは地域の体育館利用で節約!

このレシピを実行して

8,000貯まる!
<材料>

・地域の体育館

・市町村自治体の広報紙

<How to>

1高額な月額料金のかかるスポーツクラブを見直す

2無駄があれば安いプランに変更

3スポーツクラブと地域の体育館の併用もあり!

4地域の体育館で行われる教室はマメにチェック

※ 1ヶ月:10,000円の会費が2,000円に =8,000の節約に

16.jpg

 日ごろ仕事ばかりで運動不足になりがちな社会人にとって、スポーツクラブは仕事帰りなどでも気軽にスポーツを行える場所です。

ところが、高い会費を払っている割に、あまり通うことができなかったり、契約しているプランによっては利用回数に制限があるなど、満足に使いこなすのもまた一苦労ということがあります。

 ネットリサーチ会社DIMSDRIVEの、「スポーツクラブ」についてのアンケート結果を見ると、スポーツクラブを週に1~2回利用する人は全体の45%を占めています。またそれ以下の頻度の人は約20%に上ります。このくらいの運動
の頻度であれば、定額制のスポーツクラブより、利用ごとに支払いを行う地域自治体が管理する地域体育館を利用するほうが月々の費用を節約できます。

・利用ごとに支払うシステムなので忙しいビジネスマンにも◎

 スポーツクラブと違い、地域の体育館は、利用ごとに数百円の利用料を払います。これが民間の施設ですと1,000円は下りません。仮に月に4 5回、体育館に行ったとしても2千円程度の利用料で済みます。スポーツクラブの会費と比べても破格なのが分かると思います。
 もちろん、施設の内容が見劣りすることはありますが、自分の都合に合わせ、利用した分だけを支払う地域体育館のシステムは経済的といえます。

・初心者向けの教室・講座も開催

 運動にあまりなじみのない方や、専門性を持った講座なども、こうした地域体育館で開催されています。施設利用料と同じく、これらの講座の参加料金も1回あたり数百円と低めに設定されているところがほとんどですので、気軽に参加することができます。

・教室の情報はどこで仕入れる?

 こうした講座の情報は、体育館を管理する自治体の発行する広報紙などで募集や案内がされています。特に初心者の方などは、運動の足がかりとして、こうした情報をチェックして、自分にあった教室に参加するのもひとつの手です

・スポーツクラブと地域体育館の併用も考えましょう

 人によっては、2つの施設を併用したほうが、立地などの面から効率的な場合があります。その場合、スポーツクラブの契約プランを見直し、足りない部分を地域体育館で補う、という形にすると効率的な節約ができます。

2015.5.13更新

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

関連記事

文房具代を節約するための3つのテクニック

なにげなく購入している文房具。実は、文房具もちょっとしたコツで節約ができるようになります。この記事では、文房具にかかるお金を節約するための3つのコツをご紹介します。

1.文房具は100円ショップで買わない

やみくもに100円ショップを利用するのはリスクがあります。文房具のように安価なものは、100円ショップで購入する方が結果的に高くなってしまうケースも中にはあるのです。

たとえば、書類整理に使う「個別フォルダー」。DAISOでは3セットで100円前後ですが、ホームセンターで購入すると10セットで100円前後です。

同じようにクリアファイルの購入もあまりおすすめできません。インターネットの通販等でまとめ買いする方が割安です。

100円ショップで買うもの・買わないものを見極めるためには、「1枚(1つ)」当たりの単価を計算してみること。また、壊れやすければ結果的に損をするので品質のチェックも大切です。

2.アスクルの個人向け通販「LOHACO」を利用する

法人向けに文房具等を販売している「アスクル」。個人でも利用することが可能です。その場合は「LOHACO」というサイトから注文を行ないましょう。

1,900円以上で送料無料となるためまとめ買いがおすすめです。「LOHACO」では、文房具だけでなく食品から日用品、ペット用品まで、幅広い商品が揃っています。日々の買い物のついでとして文房具を購入するのも良いかもしれません。

欲しいものを選ぶことはできませんがセールで掘り出し物を探すこともできます。また、ASKULオリジナル文房具は3点以上の購入で5%OFFとなります。

3.amazonで購入する

Amazonで購入するのも1つの方法です。販売元がAmazonのものを選べば送料は無料ですし、割引されているケースもあります。

「本日のタイムセール」という欄を見てみると、高い割引率でのセールで掘り出し物が見つかるかもしれません。

ただし、支払い方法を代引きにすると300円の手数料が発生してしまうので注意が必要です。

このように、インターネットで文房具を買う場合は、商品そのものの値段だけではなく、送料や手数料もしっかりとチェックしないとかえって損をしてしまうことがあるので注意しましょう。

2015.6.15更新

日用品費用を節約するための3つの考え方

日用品は、他の費用と比べても特に削りにくいお金なのではないでしょうか。必ず使うものですから「ムダ買い」を防ぐことくらいしかできないのでは、とお思いの方も多いかもしれません。ここではそんな日用品の節約方法をご紹介します。

1.1個当たりの値段を計算してみる

まずは、基本的な方法ですが、トイレットペーパー、ティッシュなど複数入っているような消耗品の場合は「1個当たりの値段」を計算して購入する癖をつけましょう。

合計金額で「こっちの方がなんとなくお得」と感じるから買うのではなく、1個当たりの金額で調べると、実際の感覚をつかみやすいです。

また、量にも注意が必要。たとえば、8ロール入りのトイレットペーパーと12ロール入りのトイレットペーパーが同じだった場合。当然12ロールを購入すると思いますが、実は8ロールで12ロールのトイレットペーパーと同じ量がある…というケースも。

量と値段を分解して計算するのがポイントです。

2.消耗品は詰め替えを利用する

こちらも基本的な方法ですが、シャンプー、リンス、ボディソープなどの消耗品は基本的に詰め替えを利用しましょう。

たとえば、イトーヨーカドーネットスーパーで「花王セグレタシャンプー」を本体と詰め替え用で比較してみます。

本体が10mlあたり22.5円であるのに対して、詰替え用は20.8円と1.7円の節約になります。

仮に1,000ml(本体約3回分)使った場合で比較してみるとその差額は170円。小さい金額に思えるかもしれませんが、この小さな節約をシャンプー、リンス、ボディソープ、ハンドソープ…とさまざまな日用品で試すと、結構な金額になるはずです。

3.ベースのポイントカードを決める

日用品は毎月必ず購入することが多いですよね。ですから、「買う場所」を選ぶのも一つの方法です。

使う現金を抑えるのであれば、とにかく安い店を探すのが良いでしょう。しかし、買った金額は通常通りであっても、ポイントがつく買い方をすれば付加価値がつきます。

よく行く商業施設やスーパーなどを「ベースの買い物場所」とします。たとえばイトーヨーカドーやセブン-イレブンをよく利用する場合、nanacoカードのポイントを溜めることが出来ます。

普段の買い物に加えて、日用品もそちらで買ってみます。1ヵ月に1万円分の日用品を購入すればポイントは100円分。1年で見ると1,200円となり、トイレットペーパー4パック程度の節約になるのです。

2015.6.15更新

事前に調べる事で駐車場代を大幅節約!

自動車に比べてバイクの駐車代は割安なため、節約しづらいと考えられがちですが、そんなことはありません。とくに都心での施設やデパートなどにおける長期滞在においては、駐車場代を節約するテクニックがありますので、今回はそれをご紹介します。

■商品券購入➡チケットショップ転売で、駐車場代大幅節約

百貨店やデパートの駐車場の料金は悩ましいものです。都心のデパートなどは周辺の多くの駐車場と提携しており、基本的に買い物をすれば無料駐車券をもらえたりしますよね。でも、駐車券をもらうために購入しなければと考えながらお買い物をするのもストレスが溜まってしまいますし、それでは買い物の判断に支障をきたします。

こういった場合は、図書券や商品券をデパートで買ってしまいましょう。大抵2,000円前後の券を買ってしまえば無料駐車券はもらえます。各種の券であれば、使いたいときにいつでも使えますし、現金に戻したいと考えれば、チケットショップに売り払うのも手です。また、大抵のチケットショップで、例えば2,000円の図書券は、92%程度(1,840円)で買い取ってもらえます。

ちなみに、換金率の高いチケットというものもあります。例えば、「全国百貨店共通券」であれば額面の97%の換金率で買い取ってくれる事もあります。この場合、図書券の1,840円にくらべて、100円高い1,940円での買い取り金額となります。

こういったことをすることで、もしかしたら数千円かかってしまう駐車券を180円程度で済ませられる計算になるのです。

■駐車場を前もって調べておく

また、目的地に応じて、その近くの駐車場を前もってリサーチしておくことで、節約することが出来ることがあります。行きたい施設の提携駐車場がある場合は、お買い物やお食事で駐車場の割引があることもありますし、逆に、その施設の駐車場よりも、最寄りのコインパーキングの方が安いということもあります。特に、長い時間そこにいる場合は、この差が大きくなっていくので、節約できる駐車場を賢く調べましょう。

車に比べてバイクの駐車代は安いとはいえ、こういったことを知っているだけで節約になるので、ぜひ行動に移してみましょう。

ランキング