映画、美術館・・・レジャーのチケットは窓口で買わない!

47.jpg

このレシピを実行して

1,000貯まる!
<材料>

・インターネット、スマートフォンなど

<How to>

1映画や、展示など、行きたいものは事前にチケットを購入

2会場の券売所では絶対に入場券を買わないようにする

※1か月に2回遊びに行った際に節約できるお金

オフの日に、映画や美術館、遊園地などの施設で楽しい休みを過ごすという人は少なくないと思います。

ですが日本では、通常の映画の鑑賞料は1,800円。美術館や博物館の入場料、企画展示などであれば、1,000はまず下らない入場料がかかります。けっこう高いですよね。昨年度の東京国立博物館の企画展示入場料の平均は、一般料金で1,110円となっています。日本は物価が高いと言われる国ですが、イギリスのように国立の博物館の入場料を無料に設定している国や、アメリカ合衆国のように気軽に映画が見ることができる国と比べると、レジャー費が高くついてしまいます。ですが、少しの計画性とコツで、その支出を抑えることができます。

・行きたいものは事前に決めておき、チケットも事前購入しておく。

 絶対に行く、というものに関しては、必ず前売り券を購入するようにしましょう。前売り券は、おおむね通常で買うよりも、500円前後安く販売されることが多く、通常の窓口で買うよりもかなりお得になります。ただし、会期が始まってしまうと、前売り券の販売も終了することが多いので、その点は注意が必要になります。

 また、チケットの事前購入は、お金の面だけでなく、時間の節約にもなります。特に休日などの当日券の販売窓口は混雑することも多く、人気のある展示ですと、買うのに一苦労、ということもあります。事前購入は通常の2、 3割引きの値段でチケットが買えるだけでなく、時間のロスもなくしてくれる一挙両得の方法なのです。

・事前購入を忘れても、窓口は買わない

 とはいえ、必ずしも、前もって事前にチケットが買えるわけではありません。突然、行きたくなる、知らなかった、ということもあるでしょう。そんな時はまず、ちかくの金券ショップなどでチケットが販売されていないか確認しましょう。また、インターネットや知人友人のネットワークなどを駆使して関連する情報を集める努力をして、節約をしていきましょう。

2015.5.27更新

<関連記事>

画像一覧

執筆者

マネーゴーランド 編集部

「お金」にこれまであまり興味のなかったメンバーが自分たちが興味の持つようなネタを日頃から探し、自らが愛せるような記事作りを目指し、試行錯誤の日々。

マネーゴーランド 編集部

関連記事

特集

関連記事

格安チケットサービスを利用して舞台公演のチケット代を削る

舞台が趣味で毎週末に必ず観劇している、好きな俳優が舞台に出るので観に行く予定という方、チケットを購入するときに「ちょっと予算オーバーだな」と思ったことはありませんか。

日本の舞台のチケットは、本場・ブロードウェイなどに比べて料金が高めだと言われています。2,000〜3,000円で気軽に観られる劇団公演などもありますが、有名タレントが出演する大規模な舞台や人気ミュージカルなどは、1万円を超えることも珍しくありません。

しかし、どうしようかと迷っているうちにチケットが売り切れてしまっては、後悔先に立たず。そんな時は、舞台公演の格安チケットサービスを利用してみてはいかがでしょうか。ここでは、これらのサービスを利用して8,500円の舞台公演を3回観劇したときに、どの程度節約できるのかを考えてみました。

■ パルコ・プロデュース公演の「U25チケット」を利用する

もし、あなたが25歳以下であれば、パルコ・プロデュース公演の「U25チケット」の利用がおすすめです。「U25チケット」は、観劇時に25歳以下の方が購入できる割引チケット。8,500円のチケットなら、約3割引きの6,000円になっていることが多いようです。
手順は、「U-25チケット※前売のみ」を購入し、観劇当日に劇場受付で身分証明書とともに提示するだけ。とても割引率が高いので、ぜひ注目したいサービスです。

■「カンフェティ」会員になって“ワケありチケット”を格安で購入する

会員になると、興行主の都合による“ワケありチケット”を格安で購入できるという「カンフェティ」は、会員数30万人を超える人気のサービス。常時200〜250公演、100円〜数千円までの割引チケット情報をサイトで閲覧できます。公演日時限定、座席選択不可などの条件はありますが、お目当てのプレミア公演を見つけた!思わぬ良席をゲットできた!という例もあるので、こまめにチェックするのがポイント。さらにお得なチケット市「154 イコーヨ=154円で指定の舞台を観劇」、「815 ハヨイコ=815円で指定の舞台を観劇」も毎週開催しています。

■ 「おけぴチケット救済サービス」で格安チケットを手に入れる

演劇やミュージカル、コンサートに行けなくなった人のチケットを、行きたい人に譲渡するための場所を提供しているのが「おけぴチケット救済サービス」。対象となるチケットは「定価以下限定」なので、個人譲渡とはいえ、チケット料金が跳ね上がるようなことはありません。特に上演日時が迫っている公演はより安く譲り受けられるケースが多いので、「明日行ける舞台はないかな」と気軽にチェックしてみるのもいいですね。今回は、上演が翌日に迫ったために8,500円から5,500円に値下げされたチケットを見つけました。他にも、掘り出し物が見つかる可能性大。「利用無料」なのも嬉しいところです。

2015.5.13更新

旅行でストレス発散。旅行代金節約はネットを使いこなそう!

 日常のストレス発散に効果的なのは旅行です。日々の仕事の激務から離れられ、のんびりとリラックスできるのが旅行の醍醐味。

 ストレス発散をするにこれほどよい方法はありません。またそうしている人も多いことでしょう。

 ところが、旅行にはある程度まとまったコストとスケジュールが必要になってしまうのが悩みのタネです。ちょっとした細かいポイントを見直すことで、楽しい旅行費用を上手に節約することが可能です。

・カレンダーを見渡し、可能な限り繁忙期を避けましょう

 夏休み、ゴールデンウィークなど、休日 祝日が集中している繁忙期は旅行代金も跳ね上がります。特に7 8月は最も高い時期になりますので、旅行の期間としてはなるべく避けたほうが良いでしょう。

・狙い目は10月〜11月

 9月は、まだ夏休みの学生などで混み合います。理想は10月 11月。みんなが休みづらいところを狙って予定を立てれば、繁忙期の2〜3割は代金を節約できます。

・土日の宿泊を避けるだけで代金はお得に

 日程の目星をつけたら具体的なスケジューリングに入ります。土 日曜日の宿泊は割増料金が発生しますので避けたいところです。仮に4泊5日の旅行であれば、月曜日から金曜日までの間を狙うなどすると、宿泊料金の節約につながります。

・直前の予約で更にお得に

 ホテルは極力空き部屋を減らそうと努力しますので、空き部屋が埋まらないと、「直前割引」などと銘打って、安く部屋を提供します。こまめにチェックをしてみてください。

・ホテルのホームページもチェック!

 旅行サイトを利用する場合よりも、ホテルのホームページから直接予約をするほうが宿泊代金が節約できるケースがあります。目当てのホテルがある場合、よく見比べるようにしましょう。また、ホテルによっては「ベストレート(最低価格保証)」を謳っているところがあります。その場合は、直接予約が一番安い道になりますので、併せてチェックをするようにしましょう。

・交通手段も工夫しよう!早めの予約が節約に。

 新幹線や、飛行機は早めの予約がお得です。例えば、JRで、予定日の21日前から購入できる「東京往復スーパー早得きっぷ」では、新幹線の東京広島間の往復料金が7320円安くなります。旅行代金の節約はこまめなチェックと計画立てがコツです。

2015.5.13更新

旅行でストレス発散。旅行代金節約はネットを使いこなそう!

 日常のストレス発散に効果的なのは旅行です。日々の仕事の激務から離れられ、のんびりとリラックスできるのが旅行の醍醐味。

 ストレス発散をするにこれほどよい方法はありません。またそうしている人も多いことでしょう。

 ところが、旅行にはある程度まとまったコストとスケジュールが必要になってしまうのが悩みのタネです。ちょっとした細かいポイントを見直すことで、楽しい旅行費用を上手に節約することが可能です。

・カレンダーを見渡し、可能な限り繁忙期を避けましょう

 夏休み、ゴールデンウィークなど、休日 祝日が集中している繁忙期は旅行代金も跳ね上がります。特に7 8月は最も高い時期になりますので、旅行の期間としてはなるべく避けたほうが良いでしょう。

・狙い目は10月〜11月

 9月は、まだ夏休みの学生などで混み合います。理想は10月 11月。みんなが休みづらいところを狙って予定を立てれば、繁忙期の2〜3割は代金を節約できます。

・土日の宿泊を避けるだけで代金はお得に

 日程の目星をつけたら具体的なスケジューリングに入ります。土 日曜日の宿泊は割増料金が発生しますので避けたいところです。仮に4泊5日の旅行であれば、月曜日から金曜日までの間を狙うなどすると、宿泊料金の節約につながります。

・直前の予約で更にお得に

 ホテルは極力空き部屋を減らそうと努力しますので、空き部屋が埋まらないと、「直前割引」などと銘打って、安く部屋を提供します。こまめにチェックをしてみてください。

・ホテルのホームページもチェック!

 旅行サイトを利用する場合よりも、ホテルのホームページから直接予約をするほうが宿泊代金が節約できるケースがあります。目当てのホテルがある場合、よく見比べるようにしましょう。また、ホテルによっては「ベストレート(最低価格保証)」を謳っているところがあります。その場合は、直接予約が一番安い道になりますので、併せてチェックをするようにしましょう。

・交通手段も工夫しよう!早めの予約が節約に。

 新幹線や、飛行機は早めの予約がお得です。例えば、JRで、予定日の21日前から購入できる「東京往復スーパー早得きっぷ」では、新幹線の東京広島間の往復料金が7320円安くなります。旅行代金の節約はこまめなチェックと計画立てがコツです。

2015.5.13更新

ランキング